no movie no life

・・・映画を見て思ったことをツラツラと。ネタバレです。

かなり昔に書いたのも。


テーマ:


death


これだから映画は止められない。


このたび、タランティーノとロドリゲスがタッグを組んだ「グラインドハウス」の2作品。話題になっているので、遅ればせながら「デス・プルーフ」を10月1日の映画の日に観てきました。ポスターのお土産つき。(上)


タランティーノ監督いわく、「グラインドハウス・ムービー」とは観客が何を目にするか分からない映画のこと。ポップでキッチュ、それでいて生々しくて、最高にものすごくてセクシャルでワイルド。」
ロドリゲス監督いわく「予算がないからスターは出ない。だから観客を刺激するような内容で利益を上げる。B級だけどセンセーショナルじゃなきゃいけない。」


いやーーー、最高です、これ。徹底してB級に作ってるんだけど、そこがミリョクなんです。デス・プルーフはタランティーノ監督作品ですが、魅せてくれますね。「デス・プルーフ」=「耐死仕様」でスタント用の「死なないクルマ」が巻き起こすカー・アクション。それは残虐とか言う言葉を越えた生々しさで、見るものに訴えてくる。そして意外と効いてるのがガールズ・トーク。ここに出てくる女の子たちはそのへんの男よりもカッコイイ。ワイルドでセクシャルで血なまぐさくて。そういう「刺激的なもの」をたくさんぶち込んで、うまーく作られてる。


確かに、最近はこういう映画ってなかったよね。今の作品って、上品だし、考えさせながら観せる内容が多いし。アクションものでもCGが使われててきれいに仕上がってる。だからこそ、こういうのが新鮮なんだろうな。


「プラネット・テラー」はまだ観てませんが楽しみ。B級を求める面白さって、やっぱり人間のなかにはあるんだなあ。


ブログランキング に参加しています 

カオリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。