no movie no life

・・・映画を見て思ったことをツラツラと。ネタバレです。

かなり昔に書いたのも。


テーマ:

スパルタ・レオニダス王の吐く「This is Sparta!」を聞いたとき、映画「ブラッド・ダイヤモンド」の「T.I.A」・・・「This is Africa」を思い出した。全く逆の意味で。


「スパルタ」と言えばスパルタ教育と言う言葉があるほど厳しい軍事教育で有名な古代ギリシア都市。アテネと並ぶ古代ギリシアポリスの代表的存在だが、訓練で鍛え上げられた「スパルタ戦士」300人が、レオニダス王(ジェラルド・バトラー)の下にペルシア軍100万人と戦う紀元前480年の「テルモピレーの戦い」と言う史実をもとに映画化。何故スパルタ戦士は300人しかいないのか?どのように鍛え上げられるのか?そしてたった300人が100万人に仕掛ける戦略とは?


率直な感想・・・といえば、面白かった!
殺戮シーンが多い中で、「面白い」と言うと誤解を受けそうだが、人命を軽視してると言う意味ではない。
生まれた時点で選別され、7歳で家庭から切り離され、成人の儀式では山に放り出され、生き残ったものだけが一人前の戦士となる。そして彼らが妻を娶り、子どもが生まれる。それは徹底した優性遺伝だ。そしてたたき上げられた精神、プライド。王とはその塊であるのだ。レオニダス王の吐く「This is Sparta!」がその表れ。


ペルシア帝国が領土拡張のためにギリシアを度々襲うのはその以前からある。アテネ軍が勝利した有名な「マラトンの戦い」もそうである。そしてスパルタにやってきたペルシア帝国の使者・・・「隷属か、死か。」その選択にスパルタ王自身の迷いはない。


屈強な身体、身にまとう武器、徹底した統制、信頼関係。無駄なものはない。そこになんだか「美しさ」を感じてしまった。特に「盾」の使い方。


そしてそういったものを「マトリックスに匹敵する映像革命」と言うコピーの語るとおり、よく描かれていると思う。人間の身体がどうやって槍や刀だけで戦っているのか。それがこの映画の最大の見せ場なのだ。飛んでくる矢や、次々と繰り出されるペルシアの奇襲。映像的には迫力満点、エンターテイメントだったと思う。


ただ、ペルシア帝国を圧倒的に不気味に、グロテスクに描いているんだよね。そこまでする必要があったのかな。現代のペルシアの流れを汲む某国はどう思うだろ?奇想天外な「武器」もねえ。なんだか風の谷のナウシカの巨神兵を思い出しちゃった。それと、スパルタ戦士の身体がみんな同じで・・・TVゲームを見てる感覚に近いかも。


それから、ペルシアの使者がスパルタ王妃に言った「女がなぜ口を出す」と言う言葉を、王は「侮辱」と捉えていたけど、そういう考え方は、本当にあったのだろうか。王妃すら議会での発言権すらないのに、ここでの女性の地位はどうだったんだろう、とちょっと疑問に思った。


しかし・・・人間と言うのは太古の昔から、殺しあって生き残ってきたのだとつくづく思う。
それは、人間の本能なのかもしれない。
「人を殺してみたかった」最近よく聴く哀しいこの言葉も、もしかしたらそれなのだろうか。
チャップリンの殺人狂時代「1人殺せば犯罪だが、100万人を殺せば英雄だ」と言う言葉を思い出した。


人命よりも重い大義名分があれば、そしてそういう教育・洗脳がなされれば、人は・・・

そういう意味でも、考えさせられる映画。


ブログランキング に参加しています 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

カオリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。