no movie no life

・・・映画を見て思ったことをツラツラと。ネタバレです。

かなり昔に書いたのも。


テーマ:

働くということが炭鉱労働者になることしかなかった時代は、誰も迷いはなかった。
しかし、そうではなくなったとき。


昭和40年、福島県いわき市。
石炭から石油へと時代が変化する中、炭鉱の町の情勢は厳しく、多くの失業者が予想された。新たな雇用を創出するため、そして街の活性化を狙うために持ち上がった企画が「常磐ハワイアンセンター」。東京からフラの指導者を呼び、フラダンサーを募集するも、集まったメンバーはたったの4人。しかも炭鉱労働者の目は厳しく・・・実話に基づく。


「東北にハワイなんてできるわけがない。」
ほとんどの人間がそう思う中、それに賭けた人間たちがいた。


映画では責任者として岸部一徳が登場するが、毎回ジャンバーの下にアロハシャツを着ているのが楽しい。そして、何とか娘たちを一人前にするために奔走する。


そして、東京からやってきたフラの指導者平山まどかに松雪泰子。お金のためにいやいやながらやってきたまどかは、あまりの田舎ぶりに愕然、そして炭鉱労働者たちの厳しい目を一身に背負う。


そしてフラガールたち。あくまでも炭鉱労働者の娘や妻だった、素人の彼女たちが、生活を支えるため、そして純粋な夢のためにプロのダンサーとして厳しいレッスンに励み、目覚めてゆく。彼女たちとて、厳しい目にさらされる。リーダーの紀美子(蒼井優)も母に猛反対され、「自分の人生は自分のものだ」と言って家を飛び出す。小百合(山崎静代)は父親の死に目にも合えない。


しかし、働くものの「誇り」、「プライド」は炭鉱労働者もフラガールたちも変わらない。
石炭が黒いダイヤモンドならば、フラガールたちもダイヤモンドの原石。
それに気付いたとき、人々の堅い思いは氷解していく・・・


私も、フラの手の動きにはひとつひとつ意味がある、とフラをやっている同僚から聞いたことがあった。
ただ踊るのではなく、「思い」を伝える。
東京に帰ろうとするまどかを引き止めたのは、紛れもなく、自分が教えたフラだった。
平山まどかは、今もいわき市で指導者として活躍していると言う。
まさに、プロである。

AD
いいね!(0)  |  コメント(29)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。