liverpoolfc.comより。

 

ユルゲン・クロップは、3-3の引き分けに終わったワトフォード戦の後、リヴァプールのパフォーマンスや、モハメド・サラーの公式戦デビュー、レッズのセットプレイの守備について語りました。

 

Q.試合後の気持ちは?

 

「フットボール人生では、しっかり自己批判するというのは本当に意味のあることだし、我々にとってもそれは当然のことだが、シーズン最初の試合ですべてのことをやるにしても、完璧なものは期待できる訳じゃない。結果の為に戦わなければならないし、築いてきたものを活かさなければならない。今日に関してはいくつかのことを受け入れなければならない。だが、次の試合の為にそれを活かすし、そのことに取り組んでいくつもりだ。リーグ戦ってのはプレシーズンの試合とはすべてが違う。前半の状況には満足してはいなかった。とてもフィジカルがものをいう状況だったし、ワトフォードはそんな状況でしばしばボールをモノにできていた。」

 

「彼らはあまり沢山のチャンスは作っていなかったが、それでも2ゴールを決めた。最初の1点は、我々の特定の状況で誰もがハッキリしていたと言うだろう。何しろセットプレイだったからね。だが、良いクロスだったし、良い走り込みをしていた。我々の選手の1人はギャップを埋めることができず、走り込むことができなかった。そのことに我々は取り組まなければならない。それは疑いない。2失点目はアンラッキーだったし、フォーメーションの問題だった。アルベルトはチャレンジに行って失敗したが、まぁそれは起こりえることだ-ファウルになろうがそうでなかろうがね。確かなところは分からないが-ギャップがあって空いたスペースがあったし、彼らはパスを通してきた。私はオフサイドだと思ったんだが、実際のところは分からない。彼らのパスはボックス内を通ってきて、最初は守備できたんだが、我々は自分たちの足にボールをぶつけてしまった訳だ。まぁ少々アンラッキーだったということだ。」

 

「我々にはもっとチャンスがあった。特にセットプレイの後にはね。とても良いクロスもあったし、良いヘディングもあった。相手はそういった状況でラッキーだったし、逆に我々はとてもアンラッキーだった。それから、後半には我々は素晴らしいゴールを2つ決めた。あれは本当に良かったし、その後も決定機はあったんだが、我々はオフサイドのゴールを許してしまった訳だ。まったくもって面白いものじゃないし、受け入れがたいよ。あまり良い気分じゃないが、我々はもっと上手くやることができたはずだし、もっと上手くやらなければならなかった-これは選手たちにも言ったことさ。」

 

Q.サラーについて

 

「彼はペナルティにも関与して、ゴールも決めたが、彼の人生で一番難しいゴールって程じゃないだろう。デヤンからの完璧なボールが出て、ロベルトのファンタスティックなコントロール、センセーショナルなチップキックがあったからね。そして彼はそういう状況でフィニッシュする為にそこにいる訳だ。ナイスだね。序盤はホレバスを相手にして少し苦しんでいたのは誰の目にも明らかだったと思う。相手は屈強な男だからね。彼はちょっとばかりウィングのポジションとか何かに留まりすぎていた。ハーフタイムにそのことを話したんだが、後半はずっと良くなったね。スピードに乗って相手の背後を突くような攻撃が必要だが、いつもそういう訳ではない。他のスペースでそれができるのであれば、そこでフットボールをした方が簡単さ。まぁそうだね。彼の貢献には満足しているよ。」

 

Q.セットプレイの守備について

 

「そのことを話すのにウンザリしてはいないよ。話さなければならないことさ。その件について要約したいのであれば、今日見た1つだけで十分だ。間違いなくそれでOKだよ。我々は相手の攻撃のほとんどを本当にうまく守って、最後は1ゴール許してしまったが十分かって?もちろん、そんなことはない。我々にも同じくセットプレイでビッグチャンスが最低でも2度はあったと思うが、相手は運良く守ることができた。相手のセットプレイには問題がなく、我々には大きな問題が残っているのか?よく分からないね。我々はそのことに取り組んでいかなければならないが、それがフットボールにおける私の人生であり我々の人生だ。我々にとっては、様々なことが重要だ。まずはフィジカルに関することだが、これらの為の準備ができていない。」

 

「こういうことは最初の試合で起こりえるものだし、我々はそういうことに適応しなければならない。試合の前半は方向性といったものがなかったが、後半はずっと良くなった。そうだ、フットボールをプレイする。グッドだ。だが、それは何ももたらさなかった訳だ。我々は前半に3つか4つの良いチャンスがあった。それはアウェイゲームとしては十分だろうか?私はイエスと言うだろうし、我々はそのことには満足する必要がある。時にはもっと少なくても、満足する必要だってある。我々には勝ち点1があるが、もっと気分が良くなるような瞬間を私は待っているよ。良いこともたくさん見ることができたし、今は次の試合に備えなければならないね。」

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

Twitterしてます→こちら

AD