liverpoolfc.comより。

 

リヴァプールFCは、ファルケンタイヤをクラブのグローバルパートナーおよびクラブのオフィシャルタイヤパートナーとなったことを発表しました。

 

今回のパートナーシップに関する発表は、リヴァプールFCのファースト・チームのダニエル・スターリッジ、モハメド・サラー、ジョエル・マティプ、ナサニエル・クラインも出席したイベントで、レッズのプレシーズン・ツアーの一環として香港で行われました。

 

この複数年の契約によって、ファルケンの主要なグローバル市場における更なる成長の機会を提供しつつ、2つのブランドが協力してファンやドライバーの為にユニークな体験を作り出していきます。

 

ファルケンタイヤは、リヴァプールFCのワールドクラスの魅力を活かし、クラブのファンの情熱をスポンサーシップの中心に置くことによって、クラブのファンをそのアクションに近づける為の独占的なコンテンツを含む革新的なイニシアチブを作り出すでしょう。

 

ファルケンはまた、デジタルおよびソーシャルメディアのサポートやピッチサイドのLED、スタジアムブランド、リヴァプールFCの選手とレジェンドの起用といった、様々なマーケティングおよびプロモーションの権利を得ることができます。

 

リヴァプール・フットボールクラブのCCO兼マネージング・ダイレクターのビリー・ホーガンは、このパートナーシップについて次のように語りました。

 

「ファルケンにはクラブと素晴らしい相乗効果があり、その姿勢とパフォーマンスは、クラブの野心とコミットメントの価値とうまく一致している。」

 

「ファルケンをグローバルパートナーとしてLFCファミリーに迎えることができたことを我々は誇りに思うし、共に仕事をしていき、それらの価値を活かすことをとても楽しみにしている。」

 

住友ゴム工業(株)の取締役常務執行役員の山本悟氏は次のように語りました。

 

「リヴァプールFCという名声のあるフットボールクラブとパートナーシップを結べたことは大変喜ばしいことです。」

 

「私たち双方はエキサイティングな未来を信じており、私たちは世界中のより多くのファンと結びつくだけでなく、お客様に応え、認めていただく為に共に働くことを楽しみにしております。」

 

「私たちはグローバル戦略を構築しつつ、これまでのようにフットボールをサポートするという、私たちのコミットメントを再確認できたことも嬉しく思っております。」

 

リヴァプールFCが日本企業とパートナーシップを結びました。
当然ながら日本のサポーターとしては、この契約が日本という市場にどのような恩恵をもたらすのか、が気になるところですが、まぁそんなに大きな恩恵はないと思います。
将来的にはプレシーズン・ツアーで日本に来てもらえるような、そんな機運が高まればいいんですがねえ。

まぁとりあえずはアンフィールドのピッチ横に設置されているLEDボードに“FALKEN”の文字が度々見られることでしょう。

 

 

おひとつ応援のクリックお願いします。モチベーション上がります。
また、コメントやいいねも絶賛受付中です。モチベーションがググッと上がります。
    ↓↓↓
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村


Twitterしてます→こちら

AD