1クリックお願い!人気blogランキングへ

さて 毎日の地味な練習の積み重ね っちゅーことで レギュラーメニューの3番目 オーバーロード(過負荷重力)トレーニングです。

W-up 800m

Main

 200Fre 50H-100Ev-50H 200 ×2

 100S1 H 100Fre 100Fre 200 ×2

 IMorder Dash 25×4×2

C-down 300m

てなかんじ。

オーバーロードは、とにかく気合が入っていないとただののんびり持久系トレーニングになっちゃいます。

またプールコンディションも混み混みだとだめです。

今日はプールが混んでいる上、ちょっと喉がゴホゴホ・・・(なら休めよ!?)

でも泳速でせっかくクロールの左腕の矯正イメージを掴んだばかりなので、コンジョーという名のサプリメントを注入していざプールへ!

本日はひさかたぶりに代官山スポーツプラザ。

今後は映画「ラフ」効果で、私のような「速水いまいち」くんが増えるんでしょうかね。

最初の200mFreはHardが45Evenが50くらいのペースで回します。Hardのペースがイマイチっすね。

んでも、泳法見直し中で肩甲骨まわりにすごーく負荷を感じる泳ぎになっているというのにEvenがこのペースなのはまあ褒めたる。

次のS1 100mはクロールをスイッチ。足がしなびているようでイマイチスピードが乗らず。これまた45秒/50mペース。追い込んでないねえ・・・

その後の100Evenは2本目55 3本目52 を ネガティブペース。いいぢゃん。気合それなりにキープ。

2本目のS1はBreをやろうかと思ったのですが・・・コンジョーが切れてきたので100IMでトライ 145 まあまあです。

最後はC-down 4泳法×50+100IM

で・・・メモφ(..)

クロールの現在の留意点 

→ 左腕のフィニッシュ

左肩のホールド力が弱いので、意識しないとローリングによる角度変化から置いて行かれる。

そのため左手が太ももを舐めるようなラインを通ってしまう。(水が充分に押せない)

対策

・プッシュ以降、外へ押し開くようなフィニッシュラインを意識

・水の上を掻くくらいのイメージをもったフィニッシュ

→呼吸時の各種動作破綻

 呼吸で後ろを見るモーションが入ることにより、頭が捩れる

 左腕の軌跡が元にもどってしまう

対策

・半分だけ顔を水上に上げたブレスモーションの励行

・頭頂部とローリング軸のシンクロを意識

ブレの留意点

→ リカバリーからストレッチングに至る過程で、掌の向きをきちんと外側に向ける

  インスイープからリカバリー終了まで、手が止まる(or減速する)区間を作らない

対策

・アーノルドプレスのモーションをイメージした腕の回外(外旋!?)

・インスイープからリカバリー終了までを一連の動作として強くイメージ

など

帰ってから、行方不明になっていたスイムの草野コーチのブレ講座を読みました。

おお!泳速で言われたことが文字で残っている。(あたりまえなんですが)

聞いて泳いで読んでみるとより分かりやすいですねえ。

とくに・・・頭の位置と掻きのモーションのタイミングとかね 言われてなるほどと思うこと多々ありです。

草野メソッドもテキスト化がもっと進めばなあなどと思うのですが忙しいもんな。

せめてだれスキに参加したときは議事録のように話を覚えて帰ってきて文字化しよう。

おおっと忘れるとこだった。

先の飛び込みに関する質問


凸「飛び込みについて質問があるのですが、インドア50みたいに水面とほぼ同じ高さから飛び込むのと、レース用の台から飛び込むのとでは意識を変えるべきポイントとかあるんでしょうか?飛び出し角度とか入水角度とか。」
草「飛び出し角度についてはレース用の高い台の方が、より前に低く飛び出すような傾向になっていきます。高さがあるので突入角度は自然と深くなるので。」
とのことでした。



余談  今朝、3kmほど走ってみました。習慣化するといいんだけどなあ。私もお山に連れてけようおう(;A;)プロジェクト開始でやす。



1クリックお願い!人気blogランキングへ

AD

1クリックお願い!人気blogランキングへ

昨日は今夏最後となる泳速フォームチェック。

毎回、手を変え品を変えして私らをドキドキさせてくれる草野コーチの今回の撮影方法は・・・


 遠近W追っかけ再生 (正式名称 不詳)


15mあたり(有効撮影距離15~25m)と5mあたり( 〃 0~15m)の2地点を撮影するというもの。

50mの距離を通しで泳いで撮影することになるので、後半疲労による泳ぎの崩れが出やすくなるというより実戦に近い状況での撮影になります。

 余談ですが、はじめの頃にくらべると草野コーチのリュックがだいぶ小さくなったような気がする。以前は袋がパンパンになるくらいに荷物を詰め込んでいたのに、今では大分余裕があります。

 機材設置の間、200mくらいW-upします。いつもは別のはなぢ組の若い衆と一緒なので、ぴよ組なパンピー社会人スイマーの私は必死です。

 一通りの説明の後、25m感覚でスイムスタート。私は今日はブレをやるつもりだったので一番最後に入ります。(いや・・・だって遅いしさ・・・)

 最初の4本はクロールで。

 1本目 あちゃあ~ 左腕がすっかり元に戻ってるよ(××)

 太ももに触りそうなほど接近している

 2本目 意外に治せず・・・焦り

 3本目 肩の開き角 腕の回内(?)などに注意して及第点

 4本目 ロング用クロールで泳ぐ 呼吸の時に左腕が乱れて減点1

 5本目 ブレストに切り替え 腕も止まっておらず、リカバリーの位置も高い

      一方、ストレッチング時に掌が外側を向いていない点に注意

 6本目 掌に注意して改善 及第点

 7本目 指摘事項なし

その後、カメラのセットを変更して横から撮影 ターンを撮ります。

 1本目 クロールクイックターン

      ターンの入り、回転、蹴り出しまでは及第点 

      蹴り後のローリング(上向きから下向きになる)で急浮上しており、推進力が殺されている。 

 2本目 伝説ターン(謎)
 (x_x;)

 3本目 びびりの入ったサマーソルト スピード感なし 身体も沈降

っと・・・今月は一通り異次元体験をさせて頂きました。

最大の収穫・・・になるかはまだわかりませんが、おおよそ自分のスタイルワンが何なのかわかって来た気がします。

4泳法全部楽しいのであんまり特化し過ぎるのはいやなのですが、レースを楽しむということで言うと、ブレストで挑戦するのが一番の近道になるようです。でも海ではさすがに頭打ちなので、クロールの練習量が一番多くなることにかわりはないでしょう。

逆にバックは完全にIMのツナギ&気持ちのよいクールダウン用。バッタはお遊び用長距離(100m以上)ってな位置づけを考えてます。

そいやスタワン男子でブレをメインにしている人ってどれくらいいるんだろ。今回、ブレで泳いで見た時、草野コーチの機嫌が良かった気がする・・・

さて。とーめんはブレ50mで40秒を切ることが目標になるのかなあっと。


今回は「あの方」がいなかった。アーノルドのことを聞こうと思ったのだが、残念。


1クリックお願い!人気blogランキングへ

AD

分断国道をたどる旅

テーマ:

分断国道って知ってますか?

都市と都市をつなぐはずの国道が、途中の急峻な地形に阻まれて接続されないままになっている国道。

山梨県と埼玉県をつなぐ国道140号線も長らく分断国道でありましたが、数年前に雁坂トンネルが開通して見事完成しました。

そういった幸運な例もありますが、自然保護と公共工事縮小の折、今後接続されないであろう国道が、新潟県-群馬県の県境には何本か存在します。

今回はそんな分断国道を、上・越の両国の分断ポイントから回って見てやろうと言う企画でツーリングに行って来ました。


例によってカシミールによる経路


chizu


総距離655km 前橋あたりまで往路復路で高速を使いましたので、下道は450kmくらい。まあまあなロングラン。

榛名山を経由して四万温泉、野反湖、草津、志賀、切明、湯沢、苗場と来て月夜野へ抜けます。

追跡する国道は353号と405号。


朝5時前に出発 関越を経由して高崎方面へ


第1レグはこんな感じ

reg1


榛名湖に入る前に、上野の国を代表する堅城 箕輪城に立ち寄ります。

minowajyo1  本丸あたり

minowajyo2 巨大な空掘り

武田信玄の攻撃を幾度となく跳ね返した、孤高の豪族 長野氏の根城でした。


つづきまして早くも第2レグ

reg2


ここで一挙に2箇所の行止りを押さえて行きます。


shimaikidomari


国道353号 四万温泉側の行止り 反対側は三国スキー場にあります。


kuresakatoge  途中経路 日本ロマンチック街道の暮坂峠 さみしくも趣きあり


nozorikoikidomari  こちらは国道405 野反湖の行止り 反対側は切明温泉になります。


nozoriko  

山深い急峻なワインディングロードを一気に1200m上昇していくと、幻といわれる天空の湖 野反湖です。

太陽に近い山上の湖は、真夏の海よりもきらきらと輝いて見えます。


niigatahoumenn  湖の北川を望む この先は新潟県 ここから流れる魚野川は信濃川へと流れていきます。ここがまさに中央分水嶺。


つづいて第3レグ 草津-志賀のスカイラインロードを駆け回ります

reg3


草津の殺生河原は濃密な霧で何も見えず・・・


yugama  

草津白根山エリアは奇跡的に晴れ ここは瑠璃色に輝く湯釜 泳ぐと溶けます


yumigaike  湯釜の反対側の弓池 透明な美しい池ですが酸性につき水藻以外は生き物なし


shibutoge  国道最高標高地点(2180m)の渋峠 わかりやすい県境です。(渋峠ヒュッテ)


yakebitaiyama  真夏の志賀高原 ここは奥志賀プリンスのある焼額山


もの寂しいかと思いましたが、某箱根駅伝強豪校である紫大学がロードトレーニングの真っ最中でした。TVクルーまでいたよ。


第4レグ いよいよマニアックロードへ  奥志賀スーパー林道 雑魚川林道を経由して、隠れ里秋山郷の切明温泉を目指します。

reg4


okushigarindo  志賀と野沢温泉をつなぐ舗装林道 10年前に来たときはダート道だったのです。(寂)

途中、土砂崩れで通行止めだったので行き違う車はなし・・・ 事故ったら確実に行方不明。


sekkei  雑魚川林道内 雪渓が残ってる!標高はたかがだ1200mなのに・・・


sakogawa  雑魚川林道の風景 正面は志賀の方向 なんとこんな山奥にロードバイク(自転車)のツーリング集団と遭遇 野沢温泉かわ大きく回ってここまでいらしたそうな・・・ タフすぎ・・・ でもちっとうらやましい。


kiriakeonsen1  切明温泉 河原に湯音50度の温泉が自噴するため、河原の石をほって湯船を作り、川の水と混ぜてつかります。

kiriakeonsen  凸撃のせくしーさーびすしょっと


yuusenkaku  こちらは河原の上の日帰り入浴施設 雄川閣300円です。激安。

混浴露天風呂もあります・・・ 男しかいないけどね


kiriakeikidomari  国道405の切明側行止り この先にあの野反湖が・・・


kami  秋山郷の山腹道路から取った写真 雲の切れ間から山頂に指す光が、あたかも神降臨って感じ。写真が下手なので感じでずですが。こういう眺めがあまた見られるのがエンジンつきバイクの良いところ。


最終第5レグ スキー場銀座の三国街道です。

reg5


naeba  夏の苗場・・・ 人気激なし・・・ この山で私の左肩は粉砕されました。


mikuniikidomari  国道353の三国側行止り そこは三国スキー場の駐車場でした。


neru  シーズンオフのスキー場 どん詰まりの道ということで、だれも来ないと高をくくって、国道の真ん中で大の字になる凸撃・・・


nagurumi  最後が真田太平記に出てくる名胡桃城(月夜野)で休憩 遠くに霞むは武尊山か・・・

この日、この山のさらに向こうで、山岳版トライアスロン エクステラが開かれていたのでした。


てなわけで・・・ふつー2日かけても長えーぞーっというツーリングを1日でやってみました。

行程的にたるめかなあっと思いましたが、温泉でぽやぽやーんっとしてたので日のある時間は最大限使い切ってしまいました。

さて、次はどんなテーマでツーリングやろうかなあっと。

AD

1クリックお願い!人気blogランキングへ

本日のめぬうはラクテートトーラレンス(耐乳酸)トレーニング。

スプリント練習がやりやすいひがし健康プラザで練習です。

湘南OWSに集中してた1ヶ月間、スプリント系の練習がおざなりになってたのでガクガクブルブル状態。

さてどうなるでしょう。

W-upは草野スペシャルなはた目変態系ドリル。これを公営プールでやる奴って私くらいなんでしょうねえ。

インターバルをかっちり守って(いつもは早く回してしまう)、ゆったりと心拍数を上げて行きます。

今日は1アームフロントサイドキックがいい感じでした。キックのタイミングとスカーリングのタイミングをがっちり合わせることでいつも以上に水が掴める感じ。やっぱりキックって重要ですなあ。

1アームリアでは、草野コーチに指摘されている左腕の掻き切りに重点を置いて、水を押しつつ先手に乗って行くイメージをしつこいくらいやります・・・ って、やりすぎて2倍の距離を泳いでいた・・・

Mainに移行してからは

 ・ビルドアップ25m→イージー25m

 ・2ファースト2イージー50m

で軽く乳酸を溜め込みます。

 その後、200mのクーリングなのですが、ここでズ楽に泳いではいけないようなので、かっちりイーブン+のペースで回してみる。肩周りがびりびり来ているのに50秒/50mをキープできたのは私にしては上々。

 その後は100mを25m区切りでブロークン。25mはフルダッシュ!!!!今日はクリアラップが取れたのでフットタッチ(ターンして足で壁をタッチ)までかっちり出来ました。おかげでこの時点で乳酸のバケモノに身体がなる・・・ たかが25m×4なのにエゲツナイ疲れ方だ。サークルは多分25秒。(指定は30秒)

 次はまたクーリング200mですが、乳酸を散らしつつペースをキープしようと頑張ります。苦しい時にはzouさんみたいに私より苦しい練習をしている人のことを考えて「なにくそ」スイッチを入れます。最近は来るべき横浜決戦に向けて、しろえさんにも負けるものかと考えております。ふっふっふ。

 さすがにペースが落ちて55秒/50m。まあ泳ぎを変えている最中でもあるので、少し大目に見てください。

 最後は、50mMax×3 3分サークル。 3850 3950 4050 4150 と一秒ずつ遅れて行く感じ・・・

 いつぞやは同じメニューで4本とも40秒が切れない!という事態に陥ったこともありますので、休み明けから間がないことを思えばまあいいのかなっと。

C-downは4泳法を50mずつ泳いで、ゆっくり心拍数を下げます。時間がまだまだ余ってたので100IMをおまけにつけてみる。

 さて・・・ 8月の泳速委員会で、コーチからクロールについてさまざまなご指摘を頂いておりました。プラス、自分で考えた改善点(左右のストロークのタイミングをよりずらして、ストライド走法的な泳ぎに近づける)などを試している最中です。

ちょっと変わったかなあっと思うのは、今までよりも水が重くなったってことです。とくにストローク前半。これはいいことなのではないかと思っております。泳法を変えた割りに、いままでと遜色ないタイムで泳げており、スプリントでは逆にストローク数が減少してきているので、何本も泳いでも、最後の方の回のタイムの落ち込みが今までより少なくなっているようです。

 一方で、呼吸の際の軸の捩れに欠点を抱えたままになってます。呼吸する時に頭を持ち上げてしまうようでして、完全に軸がブレてしまいます。左呼吸のほうがまだスプリントには適しているような気もします。まだテスト段階だけど。

 

 とまあいろいろ考えながらですが、泳ぎこみモードに移行し始めました。右足首にまだ張りがあるので、陸トレとかができないのがちと辛いなあ。


1クリックお願い!人気blogランキングへ

8/22 通常練習再開


1クリックお願い!人気blogランキングへ

久しぶりに記事を飛ばしてしまいましたが、一昨日の夜はレギュラーメニューの復活で、スレッシュホールド(閾値持久力)トレーニング。

湘南OWSの前は連続泳系の練習、その後は完全休憩状態だったので2週間強の間、泳ぎこみ系メニューはこなさないままでした。さすがに復活直後は厳しかったです。

今、クロールのフォームをいろいろいじっているもので、いじった泳ぎだと今まで使ってなかったところが異様に疲れるので更にキツイ。

まあ、楽な泳ぎ方が良いというのが定説なのですが、私の場合は楽な泳ぎなのではなく慣れた悪い泳ぎだから疲れないだけで、良い泳ぎは最初はめちゃキツイものだと考えてやってます。

こまかなメニューの内容は今回はすっとばし。

とりあえずサークルアウトだけはしなかった。

今回顕著な変化が現れたのがブレスト。まさか湘南10kmのほとんどをブレで泳いだせいで限界の限界を超えたおかげでスーパーサイヤ人(世代的にはちっと違うので違和感のある例だが)化したわけでもないでしょうが、

25m壁キックのベスト

21秒台→20秒台 になってました ペースクロックの誤差でもなさそう。

前日の泳速にて、ブレストを横から撮影した画像について草野コーチから

「まだ手が止まってる!」との指摘を頂いたのでちょっと考えて見たんですね。

今までのプルのイメージ

アウトスイープ→インスイープ→フィニッシュ→リカバリー

今回から改善したイメージ

インスイープ→フィニッシュ→リカバリー→アウトスイープ

というプルの組立てにしてみたんですなあ。何のこっちゃい・・・

これはですね、一連の動作の起点と終点をどこに置くかで、意識の集中するポイントをコントロールしようという試みです。

今までのイメージだと、動作の終点とフィニッシュ(ここで手が止まる)が近いために、無意識のうちに「プルはもう直ぐ終了~」というシグナルが発せられるのですね。

一番ストロークスピードが出ていなければならない箇所でブレーキをしているようなものなので、いくら「手を止めない・・・手を止めない・・・」と表層意識で指令を出していても上手く身体がついていかないわけです。

すったら~ 終点をフィニッシュから一番通りところにすればいいこってぇ~ (なぜか宮古弁)

てことで改善イメージのようにアウトスイープで一連の動作が終了するようにココロのプログラムを書き換えて見ます。

すると

 ・今までフィニッシュで減速気味だったストロークスピードがリカバリーまで滑らかにつながるようになる。

 ・上半身のうねりも止まるポイントがなくなったため、より積極的に使えるようになってきた。

ようです。

まさに自分で自分を騙す水泳テク。これを、凸撃 朝三暮四フェノメノンというううううう!!!!

(ひさしぶりにバオー来訪者系のネタ)

「朝三暮四」 故事成語

目先の違いに気をとられて、実際は同じであるのに気がつかないこと。また、うまい言葉や方法で人をだますこと。

朝令暮改とは違いますよ。

それでもまだプルで肩甲骨を有効に使えてないとか、もっとキックで水を捉えられる余地がいっぱいあるとか、改善点はいぱーいあるのですが、秘密作戦「こそこそ隠れてブレストをスタイル1レベルに引き上げて、どっかの大会で鮮烈披露する」に向けて幸先のよいスタートであります。めざせ!25mで20秒切り~

最近思うのでありますが、せっかくカエルの国の王子に泳ぎをならっているのだから、ブレストをやらなきゃ損であります。

ブレストでクロールスイマーを食いまくって、ペコポン侵略作戦を成功に導くであります。ゲロゲ~ロ


1クリックお願い!人気blogランキングへ