熱海OWS 事前準備など

テーマ:

えーっと ついに 熱海オープンウォータースイムが目前に迫って参りました。
 
今回の海の「ちょちょんのぱ」チームは、全くの初心者!と言う訳ではないので、今更
「おやつは300円までよ」とか
「バナナもおやつに入ります」とか
「ただしお弁当の食材に使われる分は入りません」とか
「お菓子よりおもちゃの方が高いおやつは禁止」とか
「前日はドリフを見たらすぐに寝ましょう」とか
ってことをご支持申し上げるレベルではないと思いますが、シーズン初でもあるので復習という意味で必要なものを確認して、この週末か来週中までに足りないものは揃えておきませふ。
 
持ち物
私がこまかなことを言うよりは、こちらのサイトをご参照くだされ。
http://www.oyotabi.com/KeitaiList.html
 
あとは思いつくものをつらつら
 
・リレーのみの人は選手登録票(アンスコムのカード)いらないはずなのですが、念のためもってきて下さい。
 
・たぶんクラゲが出る季節ではないので、ノーマルな日焼け止めでOKだと思います。
 
・例年(てもこの2年)、7月初旬の熱海の海水温は23~24度前後になります。
ウェットがないと死ぬ~っと言うほどではないのですが(もってないし)、最初の入水時は多少「覚悟」が要ります。
気休めレベルですが、ワセリンを「首」がつく部位(手首・足首・首)や関節の折れる方側(肘・膝の裏)に塗ったくると多少は断熱材代わりになります。
500mならそう厳重にやらんでもええと思います。800m以上はしっかり!
実際には、レースで上昇する体温と程よくバランスするレベルですので、臆せずガッツりとピッチをキープすることが重要だと思われます。
22度以下とかになったら、低体温障害が人によってはでるかもしれません。(男の方が危険)
手足がどうしようもなく鈍くなってくるようなら、むりせずリタイアも考えましょう。リレーの500ならたぶんないです。あさっての方向に泳いでいかない限り。
 
・熱海のコンディションは多少不安定です。
一昨年は波も穏やかで防波堤の外まで出られましたが、昨年は風が強かったこともあり最初の400m(初心者多し)が地獄のレースになりました。(半分くらいがリタイア!?)
その場合は、距離短縮や防波堤内でのレースに切り替わります。たぶん。
仮に自分が泳いでいる時に、波風が強くどうしようもなく前に進まない時は、平泳ぎに切り換えてみるもの手です。
方向がつかみやすく、意外に1ストロークのパワーがあるので落ち着いて微速前進が可能です。
 
・熱海サンビーチには更衣室があります。8時開場だったと記憶しております。
貴重品があればコインロッカーもあり。
 
・ビーチには淡水シャワーが設置されています。冷水です。
 
・ウォームアップは、海水浴場エリアで可能です。
 フロートなどもあるので、飛び込み遊びもできます。海開きの日と同時開催なので、ガードの皆さんもビーチに詰めてくれています。
 ぺらこちゃん よろしかったらどうぞ。でももしものことがあると危ないから大人随伴にて。
 
・ウォームアップ心得
 遊泳エリアを仕切るブイなどを目標にして、真っ直ぐおよげているかどうか確認しましょう。
 右か左にずれるようなら、どちらにずれやすいのかちゃんと確認しておきましょう。
 レース中は、目標をずれる方向側に置くようにすれば多少補正されます。
 ヘッドアップで泳げるかどうか確認しましょう。波のピークを捉えられるようになると、目標確認が格段に楽になります。
 あまり極端に早いうちに泳がない方が良いようです。競技召集20~30分前からなので、その20分前程度に入水して、身体をあたためる程度にしましょう。体が冷えるので、水のふき取りや待ち時間のストレッチングなどで筋温をキープするよう心がけましょう。
 
・熱海駅からサンビーチまでは、山下り山登りだと思ってください。ヒール付きの靴でくる人はいないと思いますが、それなりな足ごしらえを。
尚、納さんはひまつぶしに駅と浜の上り下りを往復して遊んでいたそうです。
 
・防波堤の外では、魚が見られます。ゴーグルはしっかり曇り止めをして行きましょう。リレーの500mだとちょびっとしか外に出れないので、タイムよか水上散歩を楽しむよう心がけてください。
 今日までならレイトエントリーで800mとかも申し込めるぞ!
 
・浜近くのコンビニまではちょっと歩きます。食料などは途中の経路で調達しましょう。
 
 

その他、わからないことがあれば、上記サイト等ををご参考ください。
 
尚、私は朝一で現地入りしております。腕にナンバリングされるので、誰がだれやらはわかると思いますが、荷物置きようにテントなどを持参することも考えております。デカイの(6人用)にするか小さいの(1.5人用)にするか、ドカシーオンリーにするかレジャーシートのみにするか考え中です。
当日の連絡先案内などはまた確認の連絡をさせて頂きます。

また、「打ち上げどうすんのよお~ そういうのは男が決めとくものよ ぷんぷん」という声がするヨカ~んもあるので、公序良俗に反しないようなお店(未成年さんもいらっしゃるので)をリサーチしようかなあなどと思っております。なんかキボウとかありますかね。逆に「先に帰ります」というのも無理強いはしませんので、お気軽にどうぞです。
下田とか西伊豆とかならそこそこわかるのですが、ハイソ系な東伊豆はいまいち苦手だったりする・・・
各自日帰り温泉へ三々五々でもいいですが。オーシャンスパおおきじまなんていう水着で入れる(ふ、フルレッグで入るのは人の目が痛いぞ・・・)お風呂もありますが、これまた歩きます。それ以外はよーしらん。
帰りは新幹線・東海道線各駅(私)などさまざまかと思います。
・・・コズミックまで襲撃に行きますか!(あれ・・・代々木か?)
あ、それもありかも。
 
まあ、楽しく考えましょう。
 
余談  日頃 当ブログを読んで、どん引きされているお客様の中で「熱海でるよ~ん」という予定の方、もし我々(美女4名とお供1名)をみかけたらお気軽に声をおかけください。ちりがみと交換させて頂きます。(うそうそ)


1クリックお願い!人気blogランキングへ

AD

長距離スイマー オープン系

昨日より、通常のメニューから切り換えて、8/12・13の湘南OWSならびにそれと相前後するオープンウォターのレースに向けて、低強度・連続系のメニューを多用したOWS用メニューでの練習へシフトしました。
スプリント系の練習は、泳速委員会で補います。ちょっと遅くなるかも・・・
 
持久力自体はレギュラー練習で充分培えるのですが、やはり経験面・スキル面・精神的な自信の面での不安が払拭できないという点が大きなマイナスになっているように感じます。
先週日曜日の平塚でも、そのような要因で能力を抑え込んでしまった感が強かったので、ここらで修正していきたいと思います。
尚、マスターズを主眼とされているスイマーさんには多分まったく役に立たない内容ですので、参考にはしないほうがいいと思います。
作成者は私なので、悪用さえしてくださらなければよきようにお使い下さい。OWSデビューの方やファンスイマーくらいの方だったら丁度いいかもしれません。
 
今回のメニュー 「ロングディスタンス」(練習し始めのぴよぴよver)
W-up
1.板キック Easy 100m
2.スカーリング(MoveFR)25m→Wアーム25m ×2
3.ストレートアームFre25m→キャッチアップFre25m ×2
※心拍数の緩やかな上昇と水を効率的に捉えることをイメージしやすいドリル中心
 
Main
1.50m Fre Max 1  
※短距離・無酸素系のエネルギーを初期で燃焼・軽く枯渇させる。これにより次の持久系メニューの負荷を上げる。
2.ピラミッドインターバル(OWS用のメインメニュー)
50m
100m
200m
300m
200m
100m
100m
50m
小計 1,100m サークルは1’10/50m スイムアベレージは58秒/50m
久しぶりだったので「慣れる」ことが主目的 サークル、スイムアベレージ ともに「大甘」
最終的には 1’00/50m スイム55秒/50m 距離1600m くらいまでもって行きたい。
スイムペースも今回はフラットだったが、本当はネガティブスプリット(終盤に向けてペースを上げてゆく)で練習した方が実戦的なのですが、今後の課題です。
本日のところは、心拍数150~160/分
前半の200m泳ぎだし75m付近でデッドポイント発生 無事通過 その後のペースも落ちずにキープ 重畳重畳
 
2.100IM Easy 2’30
3.Bre 25m Dash 1’00 × 2
4.Fly 25m Dash 1’00 × 2
5.100IM Easy 2’30
 2~3は、長距離系だけだと単調になってしまうので、変化を加えることで筋肉・神経への刺激を加えるようにしています。
 IMのEasyはクールダウン的な意味と他の泳法をバラバラと入れることによる刺激、泳法チェンジによる環境変化に適応でる精神的なスタミナアップなどを狙ってます。まだまだ大甘なレベルですが。
 
C-down  いろいろ 200m
 最近は50mBacが好きです。公営プールでもロールターンができるくらいなレベルになってきました。呼吸できる素晴らしさを満喫。
それ以外はIMとかストレートアームFre(forストレッチ) スイムカウントFre(ストローク数を最少化) などをやってます。

今回は総距離1950mしか泳いでいません。
それでも久しぶりのピラミッドは辛く感じました。ピークを400mまでもって行きたいので、次回はできればペースは甘め、メニューはフルメニューで行きたいです。
ディスタンス系の泳ぎは途中でペース配分が調整しずらいので、同じレーンにのんびりした人が入るとちょっと辛いです。
しょうがないので足裏ツンツンとパス後のペースアップ(負荷すごく増える)で誤魔化さざるを得なくなってきます。途中で立っちゃうと練習負荷が全く違っちゃうんですなあ。(客観的物理的な負荷ではなく精神面での負荷)
 
さて、泳ごう会の初戦 熱海ラウンドはいよいよ再来週。3.2kmは防波堤の外に大きく出るコース設定になりますので、波に負けないような泳ぎが要求される割とタフなレースになるんではないかと思っております。あまりヒドければ海ブレ炸裂させるしかありません。1時間5分てのは目標としては困難だろうなあ。自然相手の競技なので細かなタイム目標は無意味ではあるし。まあ、満足いく挑戦をしてくるのが目標ということで。はい。
 
余談  月曜の練習で、面白がってフィンでのキックをやたらと頑張ってしまいました。
 そのせいだと思うのですが、足首が痛いっす。腱を痛めたかな。あまりシリアスな痛みではなく、ここちよい痛みってレベルなのですが、少し大人しくしてよ。


1クリックお願い!人気blogランキングへ

AD

6/26 アトランティスから来た男 泳ぎ

テーマ:

昨日は、泳速委員会でした。
トレーニングメニューは「スプリント」(瞬発力)。
・・・内容は・・・W-upの方がMainより長いぞお!!
総距離 2460m中1800mがW-up
今回はキックがまたハードですねえ。
25mダッシュ×4 + 150mビルドアップ ×3セット
=750m!!!!
こ、これ素足でやったら間違いなく死ぬ 絶対死ぬ 水泳が嫌いになる・・・
 
そんな時はあ~ てけれてってて~ん ドラえもん足ぃ~

ashi
 
ではなくて、フィンだ!遂にフィンの登場だあ~
ヤフオクで偶然にもサイズの合うトライタンフィンが出展!
定価の半値以下でゲットであります。
つけて泳いだ感想は、

うおおおおお すごい すごすぎるぞおお~
おお 素晴らしい 神よぉ てな感じで
これはまさしくあの「アトランティスから来た男 」泳ぎであります。
(別名「あの頃のケロロ泳ぎ」 50mを28秒未満で泳ぐ)
また超マニアックなネタ
 
ななんとなんと、25mキック(飛び込みスタート)を15秒台であります。
すごいのかすごくないのかはよくわからないですが、ともかく海底原人ラゴンになった私って感じです。
み、みんなこんな楽してキック練習してたのね・・・き~っ!
 
そりはともかく、フィンありキックの効能をよく考えながら練習。
・負荷をかけることによりキック力アップ
・通常以上のスピード域を体感することで、泳ぎのイメージを広げる
・水の流れが分かりやすくなるので、キックでの水の捉えの技術を磨く
 
フィンをとった後に普通のキックをすると、心もとないというよりは、今まで以上に大きな振幅でキックが打てそうな妄想に駆られて、更にキックを積極的に使えるようになりそうな予感があります。
いままでのキックは単なるスタビライザーでしかなくて、推力も浮力もまともに発生させていなかったって感じです。
 
っと一通りいい気分になったところでW-up終了。やたー 今回はちびっ子軍団とほぼ対等に泳げたぞ~
やんややんや(れ、レベルが大人気ない・・・)
 
その後は、浮き上がり最速王メニュー 7.5mの飛び込みダッシュを8本! タイム計測つきでやります。
私はといえば、3.5~7秒。ちなみにはなぢな人達は2.7秒とかってのもコールされてますが・・・(^^;
相変わらずグラブの方がクラウチングよりも速い変態系です。
クラウチングだと片足メインでの踏み切りになるので、イマイチ初速を得られないんです。私の場合。
最近は、倒れこみどっぼ~んな安全系グラブスタートではなく、合図とともに上半身をバネが弾けたジャックナイフのように振り出して前への推力を得た上で蹴りだしにしてます。
こっちの方が飛翔距離も長く、初速も速い。クラウチング比、0.1秒以上は毎回確実に速いようです。
 
そのあとは、レジスティッド・アシスティッド。ゴムバンドを身体に括りつけて、行きは抵抗、帰りは引っ張ってもらって通常以上のスピードで泳ぐ。
私は初体験です。
なんか、ゴムのテンションがきつめなんですがあ~
 1本目は22mあたりで撃沈 帰りは片手がゴムロープに干渉して片手クロールに・・・
 2本目は20mあたりで撃沈 帰りは出だしは上手く言ったものの、中盤から前面に壁のようにせせり立つ波で呼吸ができない!!
んががががあ~  波が 波が顔の全面に~ 息があ イキガデキナイヨオ~ たちけてえ~
ゴボゴボゴボゴボゴボ~   へ(××)ノ   ゲホゲホゲホお~
な、なんと溺れた・・・ Orz 


草野コーチには「最後なんか変な泳ぎでしたねえ あひゃひゃひゃひゃ~」(そんな悪人笑いはしていないが)っと楽しんでもらいましたです。


今日はコーチ一人体制だったので、生徒もひっぱり手伝い。

私はちびっこ軍団のお手伝い。こりゃおもしれえ~ です。
 
っと、不慣れなメニューのオンパレードで、果たしてきちんと消化吸収できたのか!?っと不安な気がしますが、ちゃんと気持ちを維持してがっつり泳げましたです。
ふわっはっはっはっは~(ぴよ組でえばるなよ)


っと調子にのっていたら、フィンで負荷をかけた右足首が心地よく痛いようおう。
 
で、来月からはレース直前調整(だったよな) もしかしたらですが、出稽古で欠席するかもしれません。(謎)


1クリックお願い!人気blogランキングへ
AD

さて 練習頑張ろう

テーマ:

 一夜明けると悔しさやら残念さやら無念さやらが募ってくるからあら不思議ってな気がします。
 今年度はぐだぐだと御託唱えるよりも、まあ先ずは泳げや!って感じでフィジカル面(とくにスプリント力)での底上げに注力して来た訳ですが、やっぱり世の中バランスですわなあ、今回の平塚ラウンドでは技術面、経験面、精神面などソフトウェアな部分での弱さが露呈した形となりました。(ダメになったというよりは、良くなった面を補うような進歩がなかったので、結果に結びつかなかった)
 ここんとこの練習メニューも、自分のスピード不足を補う目的で意図的にスプリントに偏った練習を多く取り入れて来た訳ですが、どんなスピードも真っ直ぐ泳げなければなんら意味はありません。ムダに疲れるだけ。今回のレース中、泳ぎの安定感が失われてからはブレに切り換えてからかえっていい感じで泳げていたのなんかは最たるもんです。結局のところフィジカル面だけ強いだけでは海には歯が立たない訳で(非常に大きい要素ですが)、それを有効に生かすには、他の要素をバランスよく強化していかないといかんのかなあっと思います。いっつもそんなことばっか言ってる気がするけどね~
 
で、今回の反省点
・そもそもOWSに対する意識付けが弱かった(やってやろうという気力のなさ ぼけ~っとスタート だら~っとレース)
・距離感がなかった(500m以上の距離を泳いでいないことによるレース全体の把握感のなさ)
・疲労時の泳ぎの崩れに耐える練習が足りなかった(元気な時の良い泳ぎだけで全体を組立て)
 
もちろんイイ点もありましたよ。総距離が500Mくらいだったら全然結果は違ってたかもしれないです。
要は距離の伸長に関連したあらゆる問題に関して、なんら効果的な対策を事前に採っていなかったということです。
 
で・・・
今まではスプリント能力の向上にひたすら注力したメニューでやって来た訳ですが、こっから先1ヶ月間強の間は、「海を主眼においた」エンデュランス系スペシャルメニューに切り換えて行こうかと思います。
夏の間はマスターズで主目標にしている大会もなく(じゃぱんは物見遊山レベルのモチベーション 私にとってはS4でチャレンジだし)、あくまでも大きな目標は湘南10㎞の完泳です。ここに意識を集中しないと、時間も才能もキャパシティー不足気味な私にはとうていかなわんです。
スプリント系練習は泳速委員会で補います。平日練習に以下のメニューを組み込んでオープンウォーターパワーをアップするぜ!
 
そんで、そのメニューの内容ですが・・・正直疲れるからイヤなんだよなあ これ・・・
W-UP 400m(Mainの序盤がW-upみたいなものなので)
Main  1500~1800m ピラミッドインターバル(--;) Even~Hard
     25mダッシュ 4本 (ピラミッドの前に持ってゆくこともあり)
     100IM 2本
C-down 200m
総距離は 2400~2700m
 
その他に、ヘッドアップクロールだとかもやるかも。まあ慣れてきたらね。
 
内容はシンプルに見えるんですけどね。ピラミッドって奴がまあ、それなりにキツイです。
(追い込み方次第ですが)
基本はネガティブスプリットで入って、後半に向けて強度を上げていきます。
実際のOWSに近いペース配分になるので、レース感やレース中の精神限界をコントロールするのに非常に役に立つと思います。
時間の関係もあるので総距離はこれくらいが限界です。
 
今年の湘南はスタイルワンの皆様が大挙参加される予定ですので、見っともないレースは絶対にしたくないです。
っと自分にプレッシャーをかけないとネジが巻かれない性格なので、焦れ~ 焦れ~


1クリックお願い!人気blogランキングへ

今シーズンの海初デビューとして、納豆爆弾さんに教えていただいた、湘南オーシャンスイム に参加してきました。

尚、納さんは全戦参戦予定、私は第4戦に参戦予定。


朝、予定通りに起きたもののグダグダしてたら予定の電車に間に合わなくなってしまった・・・ ので、急遽バイクで出動です。朝の6~9時はネズミ退治の時間なので、通常以上に大人しく運転。でも40分くらいで着いてしまった。


会場は、平塚ビーチパーク。ここにかかわる人々の愛を感じるような、健康的に整備された素晴らしいビーチです。

サッカーやバリボーもやってます。急にボールが来てもちゃんとゴールを狙ってます。


会場では、我ら納豆軍団の常夏の女王陛下、納豆爆弾さんと合流。相変わらず申し合わせもしてないのに、お互い直ぐ見つかりますねえ。


水温は24度ちょっと。ふつーのお客さんには「きゃあ~ 冷たい」な感じで、納さんや私には「ちょうどいいね~」な感じです。熱海もこんくらいだといいなあ。

私は今シーズン、海というものに触ってもいないので、ヘッドアップやら泳ぎのブレを確認。

去年よりはだいぶ上手くなっている気がするなあ。まあ距離泳いで泳ぎが破綻してこないと、問題は露呈しないもんです。

今回は具体的な目標は掲げず、体力の耐性や泳ぎの変化、レース中の調整などを見る。ほとんど「練習」目的のような参加です。っても・・・スキあらば納さんに勝つ!は健在。(最近は事前に公言しないのが卑怯ですなあ)


今回はベルマーレのオーシャンマン大会と併催です。我々が1500mを泳ぐ前に1500mが始まります。(わけわからん!?)

むむー 結構時間かかってるみたいだぞ。


で、我々のスタートになります。なんか、何もかも段取りが早い気がする。人数が少数だからかな。

500mと同時スタートなのですが、「泳ごう会」主催の場合だと初心者クラスなのですが、ここはトライアスリート中心なので、スプリント野郎がいっぱいとのことです。(納さん情報)

まあーどっちにせよ、少数&ウェットだらけというスタート召集の段階で「びりっけつはイヤだなあ」と覚悟を決めさせられるイキフン。


コースは三角レイアウト。

真っ直ぐ150mくらい沖に出て、直角に左に曲がって150m、岸辺のゲートブイまで200mという直角三角形のコースを3周します。

防波堤の外まできっちり出るので、それなりに波を横から受けることになりそうです。


で、水内際からスタート。スタートだけは元気な私は、前半の方で入水です。

最初から、イーブン+くらいのペースで入ってみます。そんでもバシバシ抜かれまくり。スタートで大人しく行ったほうが、心理的には盛り上がるのかなあ。

泳ぎの方は、今のところブレも少なくスピードもまあまあ。でもこれが続くほど甘くはないよなあ。

1ブイに至る前の段階で、やたらぺたぺた足を触られるような感覚が・・・  しかも多分同じ人にしつこく・・・

ええーい先に行け~ っと思って振り返ってみたら、納さんだった。(^^; よ、余裕なんですね。


1ブイをターンして2ブイを目指します。ここは横からの波をもろに受けるので、皆左に寄りがち。でも解っていてもみんな一緒に行く・・・ それがOWSの性。

2ブイをターンして3ブイまでは、淡々とペースを作り出して行きます。

3ブイ周辺は、腕が海底に振れるくらいのあたりから、ジャンピングFlyとランニングでクリア。

ここでこズルく、7人くらい抜いちゃいます。(その後どうせ抜き返される)

2周目に入ると、な、なんと未知の現象があああ・・・・


「あ、飽きた・・・」


おいおいおいおいおいおい・・・ まだ2周もするのかよ・・・とか、もう疲れたよ・・・とか、ネガティブな発想に捉われ始めます。納さんもいつのまにやら見えなくなってるし。


こうなるともうだめです。泳ぎがブレてきて真っ直ぐ泳げません。

原因はわかってるんですが、わかっていても修正できないもんですね。

500m以下では練習をたっぷりしているものの、これだけのロングディスタンスは数ヶ月ぶり。精神耐性がまるでなしって感じです。こりゃあ、やばいなあ。


まーそうなったらそうなったで、こっちには秘密兵器が残されてます。海ブレスト解禁。

(個人的な美学としては、クロールで泳ぎきりたい)

正確なコース取りで、私より泳速のあるクローラーに食いついていきます、さすがにパスさせてくれないのが「やらと」さん(ここだけ右からよむ)だらけの大会の真骨頂。

ブイが視認できるところからクロールに変えるなどして、スピードチェンジもトライ。でもあんまし効果なかったな。ブレでくたびれた足を休ませる程度の効果。


ブレで後ろから他の人の泳ぎを見ていると、面白いように迷走してます。

ほんとにクロールだけでの完泳というのか「タイム」という目的だけを考えたら正しい選択なのかなあ。

ブレだと眺めがいいから、レースとツーリングスイムの両方を楽しめますよ~ん。湘南ではなおさらいいかもです。

まあ、足に来るから合わない人も多いんだろうし、やらとさんには足を浪費するなんてご法度だろうしなあ。

でも、私はおいしいところを頂いて、徐々に順位を回復してゆきます。


そして、3周目のブイを回ったあたりで、見覚えのあるトラ焼け背中の女性スイマーが・・・「納さんだ・・・」( ̄ー ̄)ニヤリッ


ちょうど呼吸時の死角になってる。ふっふっふ。このまま気付かれずにゴール間際までコバンザメでついて行って、最後逆転できないタイミングでパスすれば・・・今日の記事のタイトルはあ~ 


「おほほほほ ワタクシ 納さんに勝ちましてよ!(お蝶夫人口調で)」


に決まりだぜえ!がっつり気合が入ります。


が・・・


天網恢恢疎にして漏らさず 悪銭身につかず 人間万事塞翁が馬  この世に悪の栄えた試しはない!


完璧に思えた位置取りでしたが、めずらしく納さんが右に一瞬迷走・・・


ちょっと追いついた + 納さん左呼吸 私、ブレで呼吸


納さん私を視認 ニコリ v(^o^ )


・・・・  作戦終了  こっからはガチンコ勝負だぜえ。


何をとち狂ったかクロールにシフト。大きく右(陸側)に蛇行してロス・・・ バカモノだ。


気を取り直して堅くブレで追随。置いては行かれないものの、距離を縮めるには至らないです。

時折クロールを数ストローク入れてちょっとずつ詰めるのがやっと。


そうこうしているうちに、ゲートブイに接近。むむむ~ 陸に上がったら、まず間違いなく勝てない。

でも、クロールでダッシュしたら方向を失うだろうし・・・(ってブレでダッシュしたらよかったんだったあああ~  競技中は3割脳の法則発動・・・)


なんとか、波打ち際でほとんど併走状態に持って行くも無常にも・・・ランニングに移行・・・でも最後まで諦めない。

納さんに勝~つ!だけの執念でフラフラの足で全力ダッシュ!っが!?


足が・・・足があああ・・・ 


ミ(ノ;_ _)ノ  すって~ん


顔面着地コロビ


着順 


納豆爆弾さん 39位


凸        40位


さて、それでは皆さん お約束のやつ行きますよ!


負けた・・・またしても納さんに負けた


OTZ