8/31 ダッシュトレーニング

4つあるメニューのうちの唯一のスプリント系「ダッシュ」トレーニングです。

W-up 600m(ドリルいろいろ)

Main

Fly25×4 ダッシュ

Fre200   イージー

Bac25×4 ダッシュ

IM100×3 イーブン

Fre25×4 ダッシュ

Bre50×6 イーブン

C-down 200


久しぶりのスプリント練習です。最近スプリントもタイムが伸び悩んでいたので、けっこうしんどく感じます。

でも、最近Flyの調子がよく、最初のダッシュからかなり回転を上げられるようになって来ました。

Kコーチから習った新型ストロークがだいたい安定してきて、そのおかげで重心位置が後ろに残りにくくなり、前に突っ込める感じが出てきてます。

また、下半身が沈みこまないので後半も失速せずに行けます。

最近気をつけていることは、第2キックを強く使うこと。

初心者バッタではどちらかと言うと第1キック重視でしたが、競泳モードになるにつれ第2キックの重要性がましてくるようです。1キックで泳ぐ競泳選手もいますけど。

バックも大腿回りの筋肉が復活して来てます。キックのパワーでハイポジションに押しえげらる効果が出てきて、スピードの乗りが一段上がってきました。

一通りダッシュ&ロングをやったヘロヘロ状態での問題のクロール!

これも悪くないです。

完全とは言いませんが、コース中央あたりからキックの回転が上がってきて、そこからは水中翼船的効果でポジションがあがりスピードが上がりました。

また、今回は意図的にピッチよりも確実なストロークを意識しましたが、タイムが落ちるどころかほぼ好調時タイムが一発で出ました。

クロールの話はまた「補完計画」にて詳しく。


8月も末日ということで、今まで混んでいた公営プールも快適なレベルになってきました。

練習環境も良くなる分、どんどんいけるぞー


写真は練習場もより駅

daikanyama


本日のベスト

Fly 18秒台(およ!?ベスト更新!!)

Bac 23秒台

Fre 17秒台

おまけ

Bre 22秒台(ただし、新ルール適用)


1クリックお願い!人気blogランキングへ

AD

この人に注目

テーマ:

日頃から参考にさせて頂いている櫻井よしこさんのブログ がトラックバック解禁になりました。

この方の現実を見据えた国益に関する考え方、感情論に流されず確固たる事実を示しながら対談者の意見のファジーな部分を詰めていく姿勢・・・真に美しいジャーナリストとはこの人のことだなあっと思います。


安全保障や国益・・・はては歴史問題になると、とかく男の論者が感情的になって激昂したり、論理の飛躍やすり替えをどんどんしてしまうのに、櫻井さんは私の知る限りそういうところを見たことがありません。

表面には決してでない膨大な勉強量、多角的な事実検証、その中でブレない自分を維持する・・・そんなことをやられているんだろうなっと思います。


今回の衆院選は、どちらかというとどの党がどれだけダメかで選ぶきらいがありますが、民主党岡田代表との対談も、なかなか(;´д` ) トホホ な感じです。

やっぱ今の民主党では政権任す気にはとてもなれないよ・・・造反勢力追い出した(ことになるか!?)自民党の方が比較論としてはベターだよなあ。

しかしまーなんで野党系な皆さんは、お隣の国々が我々と同じ価値観、同じものを尊ぶという感覚でものを語れるのか不思議でなんないです。

韓国は、昨日の親日派リスト公開(親日=売国奴という意味です)などファシズムの傾向に陥り始めてますし、中国はアジアでの覇権奪取を隠す事すらしてないのに・・・日本もチベットのような悲劇にあわないとなぜ思えるの?

民主党は他にも、沖縄について「一国二制度論 」をぶちまけるなどかなり電波系な政策を打ち出してくれてます。

言葉は美しいですし、中国や韓国が、我々自由主義資本主義体制の一員と同じ価値観を持ち、部分最適ではなくアジア全体の最適化を協調してやっていこう!っと信ずるに足る相手ならいいんですが、それはどうやら幻想だったことを私自身最近つよく感じています。

それに沖縄の皆さんは日本から離脱したいって思っているんですか?そりゃ戦後のつけのかなりの部分を沖縄に押し付けてますので怒られても返す言葉がないですが。

また、日本が独自の防衛力を実戦的に配備しないままアメリカ軍に沖縄から徹底して頂いたら、沖縄が第2のチベットにならないという保証はないんですよ。

一度占領された地域を話し合いで返還させることの困難さを日本人は北方領土で学んでいるはずです。


これがキョーサントーの政策なら余興で笑ってすませられるのですが、自称2大政党のはしくれがこんな現実感覚のないこと言ってていいのかな-


わたし、自分ではリベラルな考えを尊重している方だと思うのですが、どうもこの国にいると右傾向に見られるきらいがあります。(苦悩)

別に軍国主義に戻したいなんてまったく思ってません。できればよその国とも仲良くしたいです。

でも価値観があまりに違う国家とは下手に迎合できないですよ。


ありゃ、またなんか余談ばかり長くなった。最近、福沢諭吉先生の脱亜論がみにしみます。


1クリックお願い!人気blogランキングへ

AD

誤飲事故

テーマ:

我が家のおバカ息子(4)がおととい誤飲事故をやらかしました。
飲み込んだのは、小さめのスーパーボール。
あのゴムで出来たよく跳ねる球です。
お友達の家でプール遊びをやっていた時に、お友達のお母さんが持ってきてくれたスーパーボールすくいの球を口に入れていて、そのまま飲み込んだらしい・・・
「おえおえ」やっているのを嫁が見かけた時には既に「ごっくん・・・」


嫁「あんた今何飲んだの!?」
息「スーパーボール飲んじゃったのよ。」
嫁「どのくらいの大きさの!?」
息「こんなの!(っと手のひらで野球ボール大の大きさを示す)」
嫁「・・・ そんな大きいわけないでしょ!ほんとはどのくらい?」
息「固かったのよ。おえおえしちゃったのよ。」
嫁「・・・」


っという会話が繰り広げられたらしい。


普通、誤飲と言うやつは90%以上が3歳以下で起こるそうでして、4歳にもなってやる奴は少ないらしい・・・

嫁は一応、母親教室で乳幼児の救急救命講座を受けていたので、
 ・呼吸が確保されていること
 ・吐き気を催していないこと
 ・飲み込んだものが中毒性を有するものでないこと
などを確認したので、ひとまずそのまま家に帰って様子を見ることにしたそうです。


仕事が終わって帰宅した私は「え゛え゛~」っと大騒ぎ。
ボールが消化器官に詰まってそこで食物が滞留し、滞留した食物が腐敗して腸のなかで膨れ上がり、腸を突き破って腹膜炎で死んでしまうかもしれない!
などと被害妄想に捕らわれて、あわててインターネットで誤飲事例を検索・・・

「誤飲 スーパーボール」で検索すると・・・おおーあるある。結構ある。何!開腹手術(゜ロ゜) !そ、そんな殺生な・・・まだ4歳で割腹跡付きなんて・・・


どんな事例だろう・・・え、ジョン?チビ?チョビ??・・・犬やん・・・/_-)ウウッ

ええーい 犬などどうでもいい!人を映さんかー(※アムロの父さん状態)
.-、  _
  ヽ、メ、〉      r~~ー-、__    
  ∠イ\)      ムヘ._     ノ     
   ⊥_      ┣=レヘ、_ 了    
-‐''「 _  ̄`' ┐  ム  _..-┴へ   
  | |r、  ̄ ̄`l Uヽ レ⌒',    ヽ.   
  (三  |`iー、  | ト、_ソ   }     ヽ  
  | |`'ー、_ `'ー-‐'    .イ      `、 
  | |   `ー、    ∠.-ヽ      ',
__l___l____ l`lー‐'´____l.       |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  .|      |
               ||  |__.. -‐イ
               ||   |    ノ/

でも一通り見てみたところ、シリアスな事例はないみたい・・・

犬並みか・・・ウチの息子様は・・・


でも真面目な話、調べてみてわかったところ以下の感じでした。


・薬品や水銀電池など、体内で中毒を起すものは相談ホットラインがある。
 つくば中毒110番(365日 9時~21時対応)
・硬貨など消化されないものは、気道に入っていなければ排泄されるかどうか様子を見る。
・新生児などの誤飲で10円玉が排泄された事例もある。

・飲み込んだものを下手に吐かせると、かえって気道につまるリスクもある。


ううーむ どうやら慌てる必要はなさそう。
とりあえず元気にもりもり食べて、様子も変らず、お通じも正常にあるようです。
排泄されたかどうかは・・・よーわからん。


誤飲は親の責任・・・取り返しのつかないことにならないように日頃から子供の様子に目を光らせて、事故対応を予習しておきましょう。


AD

ストロークの問題点

「ラクに泳ぐ」という意識が先行しすぎて、いつの間にやら手抜きなストロークになっています。


具体的には、
・プルまでの行程でせっかく集めてきた水を押し切っていない
・肩、肘、手首が同じ位置になってから直ぐに腕を抜きに行く
・ストロークの後半で肘が先行して、水を撫で上げるような動きをしている


自分でもわかっていたつもりなのですが、「ラクに泳ぐ」ということと「ラクだけど前に進まない泳ぎ」は全く違うという事を充分認識しないといけません。
長い距離を効率よく速く泳ぐには、それなりに苦労しなければいけないポイントがあるということです。
特にストロークの後半は、視界に入らない動きである不安感や引っ張る動きが圧す動きに変わることへのストレス感など、人を怠けさせる要素がいっぱいあります。


先週の練習会でKコーチに見てもらったところ、

・プル以降の肩の動きが止まってしまい、直ぐに回転運動になっている。
・ハイエルボーで得た上腕のポジションをそのまま平行移動させるような、肩甲骨が上から下に大きく移動する動きを取り入れる方がよい。
・ロングやスプリントで、ストロークの軌道を大きく変えるような意識は持たない方がよい。


自分の泳ぎのスキルに対するアドバイスなので、一般論とはズレている箇所があるかと思いますのでご容赦ください。


また、余談ですが、肘や肩の開き角についても質問してみました。


凸「腕全体で下方向にモノを押さえつけるような動きをする場合、肘関節90度、肩45度(頭の方向から見て胸に対して)のポジションが一番力が入ると思うのですが、どうでしょうか?
そうすると、2軸ストロークで言われるような体側を真っ直ぐ掻くのではなく、一度掌が胸のまん前を通る軌道になると思うのですが。」


コ「肘はともかく、下に押さえつけるような動きをする時に肩まわりの力が一番入るのは、0度(真横に腕を広げた状態)です。
45度にしてしまうと、大胸筋など胸の前の筋肉は充分に使えるんですが、広背筋など後ろ側の筋肉がバランスよく使えません。
体の前後の筋肉をバランスよく使って腕を上から下に押さえつけるような動きをイメージしてください。」


とのことでした。

今までの自分の視点がピンぼけだったことを痛感しました。
早くプールで試してみたい。


1クリックお願い!人気blogランキングへ

現在の状況を把握する

大会明けの練習等で把握している現状を分析すると、以下のような問題が現れている。


技術的な面では
・全体的なボディポジションの沈み込み
・スカーリングプル~フィニッシュの行程がなおざり
・キックが未熟


体力的な面では
・持久力が弱くなっている
・呼吸制限への耐性が弱い
・足の持久力が弱い


自分の好調時の目安として、体感しているボディポジションが高いか低いかというのが大きな目安になっています。
ここんとこ大会向けに、低強度長時間泳での練習に集中していた感があり、ある程度のスピードとパワーで身体全体を浮かせるスキルが劣化してしまっているようです。


また、最近話題の2軸クロールの思想に無意識かつ中途半端に感化され、ストロークの山場である中盤以降で手を抜く悪い癖がついてしまってます。
この部分は、Kコーチに質問&ワンポイントを頂いており、次回の練習でチェック&トレーニングと行きたいです。


1クリックお願い!人気blogランキングへ