横須賀の結果速報

テーマ:
目標タイム38分以内のことろを33分台でクリアしました。
すごい!えらい!よく頑張った!
いやー ボクってやれば出来る子なんぢゃないですかあ~

え?なに?ブイが動いてた?距離が短くなってた?
言い訳するんぢゃな~い!
熱海だって、3kmの部が短縮になってそもそも挑戦できなかったこと自体を「惨
敗だ!」と言い訳せずに受け入れたんだから、勝った時だって言い訳せずにえばら
せてもらうわい。

え?でも4分スタートが後の納さんと陸に上がった時間がそう違わなかったって?
勝負は自分との戦いでもあるんです。結果を残せれば皆、
うぃー・あー・ざ・ちゃんぴおん!友達よ~♪千~秋楽~で戦おう~ 我等横綱~ 
我等横綱~ 負け犬やろうにゃ用はない~ 我等横綱~♪(女王様より)なのです。

え?フェル子さんに負けたって?
何度言えばわかるとね!チミは!!
OWSは海を楽しむことも重要なことなのです。せからしい世俗の競争原理など忘
れて、完泳した人もそうでない人も海を楽しめればいいのでっしゅ。

え?バビンさんのデビュータイムと私のデビュータイムとぢゃ月とスッポンだっ
て?
なぜそう言うひねくれた物言いをすっとね!チミは!!
素直にバビンさん、おめでとうございます。また海で泳ぎましょうと言えないのか
ね。

っと言う訳で、今回は落ち込みもせずに胸張って自虐ログを書けます。えっへん。
さー来週の鎌倉は楽しんで泳ご~

追伸 参加された皆様、好結果おめでとうございました~(かな?) また海でお
会いしましょ~
来年はリレーとか出てみたい気がする・・・っと言ってみるテスト・・・
AD

最終調整

仕事が忙しかったので、45分だけ泳いできました。
短い分、密度の高い練習を目指す!
今日の目的は前回のトタイでのひどいペースの現状分析と必要な修正確認。
あんまりレース前に小手先なことをやるのは宜しくないのですが、まあそのあたり
は過度にならない程度に収めます。

泳ぎのペース自体は特段悪いわけでもない。ただ、自分がイーブンだと思っている
ペースがとてつもなく50m1分に近い。
遅すぎ。
どうもLSDな練習に浸りすぎて、体内時計が狂ってしまったよう。
んでもって久しぶりに時計を片目で見ながら、コンペティティブペースでスイム。
自分が疲れないと思っているペースと実際にそんなに影響のないペースとの誤差修
正をします。
400mで試した感じでは、序盤52秒、クルージングで58秒、ペースアップ時
に50秒台というところか・・・
クルージングペースで余力残しすぎ。56秒前後に上げるイメージを持つ必要があ
る。

もっと自分は速いんだ!っという自己暗示が本番では必要。
そう。練習は裏切らないんだ。あきらめずに力いっぱい泳ぎきろう。

スイムの方は、左肩に問題発見。
入水後のストレッチングを取ろうとするあまり、肩位置が落っこちてます。
そのせいで、肘が落ちる姿勢に最初からなっていて、左腕の水の捉えが弱い。
ここは変にローリングさせ過ぎずに、二軸っぽくフラット目なストレッチングにす
ることでたぶん解消。

キックの仕方も再確認。
4ビートで疲れずに、前へ前へと押し出してくれるようなキックの感覚を身体に記
憶させる。
2ビートでもきちんと重心が前に乗るような必要十分な推力のイメージを記憶。
キックが生きると格段にペースが上がることも確認。せっかくKコーチのドリルの
おかげで、キックスキルがアップしているのに使わないのはもったいない!

あとは本番を待つのみ。今日は夜から「納豆」を喰って気合を入れる。(^^;
AD

世界水泳 -感想1-

遅ればせながら、400m自由形男女などを見ております。あんど、G・ハケット選手の800m自由形ワールドレコードも見ました。その上で、一考。


素人観察なので、間違いかもしれません。っと予防線を張りながら気付いたところを書きますと。


400m&800m自由形 ハケット選手の泳ぎ

・400mのレース中盤までのキックは4ビートだったようだ。

・400mのレース後半からは6ビートに切り替わっていた。

・800mの中盤までの驚異的な泳ぎでは終始6ビートだったようだ。


4ビートだと思った理由として、数回のフラッターキックの合間に、1拍間がある。

ドンドドドー・ドンドドドー・ドンドドドー てな感じ。

一方、途中までI・ソープ選手のWRを3秒以上更新しかねない勢いだった800mでは、400mで見られたような間がなく、間断なくフラッターキックを打っていたようだ。すなわち6ビート。


ハケット選手と柴田亜衣選手の400m

・女子は男子より全般的にハイピッチだった。

・柴田選手とあと1人くらい2ビートだったようだが、わりとバラバラ。6ビートもいた。

・柴田選手はスパートでもキックのビートをシフトチェンジしていないようだ。

・柴田選手は入水後のストレッチングを早めに終えて、浅い位置で素早くキャッチに行っている。

・ハケット選手はストレッチングをきっちりとって、大量の水をグワシっと捉える感じ。

・男子はリカバリーもハイエルボーで最短距離で持ってくる。

・柴田選手はストレート&ローなリカバリー。ちょっと片手バタフライみたい。


この中で得られるものがあるのかどうか、皆目見当がつかないです。イメージ程度ならそりゃ充分役に立つのですが。

彼らが何を考え、何にトライしているのかはもう少し後になって、専門家の考察を待たざるを得ないのでしょう。

AD

ここんと更新をサボった訳

テーマ:

えーっと何て言うか、ここんとこずーっと思い煩っていた重~いストレスがほとんど解消されて来て、ストレスがないのがストレスみたいな状態に陥って、久しぶりに2日間どんより鬱に浸ってました。
つくづく環境適応能力なし…
水泳にも勉強にもバイクにも意欲がわかないほど落ち込むってのは、ここんとこお久しぶりなくらいの落ち込みです。(でも昨日泳いだけど)
何に悩んでいたかと言うと

 ・ずーっとバイクが壊れたままだった(解決)
 ・肩の調子が思わしくなかった(解決)
 ・仕事(これは未解決)
 ・簿記一級(これは自業自得)

なんか、ストレスがあるのが常態化してくると、おかしなことにどんどんストレスの存在を追い求めるようになって来て、つまらんことや大したことないようなことをほじくり返してでも、ストレスを認識しないと気がすまないと言う困った強迫観念に捕らわれるようです。
一つ一つ問題を解決して行くにつれて、最後に残った仕事や自分の役割に対する不安というのが、空いた隙間をどんどん埋めていって、そこで培養されて行く感じです。
そのせいか、ここ二ヶ月くらいはんなに身体が疲れていても寝付くのに2時間はかかり、更に起きるのは4時半(だいたい3時間くらいしか寝てない)なんて言う睡眠障害を患ってます。
30代ってのは男で言うとだいたい自分の実力とか自分の行く末が見えてくる人生の「曲がり角」とか「折り返し点」みたいなもんらしいです。
カウンセラーさんに言わせると私は「現実の自分を受け入れようとせず、遠いところにある理想の自分を追い求める少年期の精神」なんだそうな。
そりゃそうだ。だって俺、バイク乗りだも~ん。「地平線の先の見えない世界を追い求めて走り続ける飢餓感」を常に抱えて生きている種族なんでしょうな。多分この飢餓感がない人間は、四輪の免許を取ると「あっち側」へ渡って行ってしまうのさ~

っとまあそんな状態なもので時々ブログやコメントレスサボりますが、ごめんなさい。

「とたい」に行ってみる

昨日は、「とたい」こと東京体育館プールに行って来ました。

totai

都内でも貴重な50mプールのある公営プールです。

しかもここは「高速」「中速」「低速」とレーンが分かれているので、比較的泳ぎやすい環境なのがいいです。

目的は、今週末の横須賀のためのシュミレーション。

ある程度がんばって泳いでどれだけのタイムが出るか確認することで、自分の力量を見定めるのが目的。

軽~くW-upを済ませてから、2000mの旅路にゴー!

今回はスタートからややハードくらいで泳ぎます。そのペースを100m続けてからクルージングペースへ。

ラップカウントは、ばびんさんのところで習った「1、1、1・・・」と唱えるやり方。うむ。これなら数が飛びません。

結構序盤から頑張り目に泳いだので、350mでデッドポイント来ます。ぐえ~きつ~い~ でもここを乗り切ればスイマーズハイ突入ジャーいと気合を入れてピッチをなるべく落とさずに泳ぎ続けます。

その後はひたすら「飽きる」との戦い。プールで長距離はつまらんとでっしゅ。

でも東体はまだいいですね~ プール推進が2mあるので浮遊感あります。気持ちいいです。波も穏やかで泳ぎやすいし。

最近、呼吸制限耐性が弱いのか、ほっぽっとくとすぐ毎回呼吸になってしまいます。それ自体は悪くないのですが、私程度のスキルだと呼吸が増える事により下半身の落ちが発生する危険ありです。なんとかせねば。

そこで今回編み出したのは、4ストローク3ブレス泳法~ いやなんてことないんですが、2回続けて毎回呼吸やったあとは、1回ノーブレにして次は左呼吸するって言う変則技です。毎回右呼吸するよかいいかな~って思いまして。

残り100mからペースアップ~ 最後50mは6ビートとピッチアップで頑張る~ さ~てタイムの方は~ 「43分26秒・・・」 Orz もうだめだ~ 大会前になんてタイムだ~ 来た、これが逆境だあ~!


ってまあ、悪い占いと悪い結果は即忘れることにして、折角なので200個メにちゃれーんじ。

ペースはイーブンプラスという感じでしたが、3本ほど楽勝で完泳できました。

新型バタフライにしてからは、とにかく肩のスタミナ切れがないこと。今までなら最初のバタフライで気息奄奄という状態だったのですが、それが全然ありませんでした~

でもタイム取り損ねた・・・