2008-08-17 03:19:09

ユダヤ陰謀論は歴史の真実!

テーマ:歴史を斬る!

知っている人にとってはどうということはありませんが、
まだまだ一般には広く知れ渡ってはいないようなので、
改めてここで確認しておきましょう。


ナチスによるユダヤ人大量虐殺、
つまり、
「ホロコースト」の主導者とされているユダヤの仇敵、
アドルフ・ヒトラーは実はユダヤ人でした。


誰がどう否定しようとも、
その事実を抹消することはできません。


ヒトラーの父親、
アロイス・ヒトラーは1837年6月7日に、
アドルフ・ヒトラーの父方の祖母にあたる
マリア・アンナ・シックルグルーバーの私生児として、
奉公先のフランケンベルガー、
または、
フランケンライターという裕福なユダヤ人の家庭で
彼女が召使をしていた時に生まれたとされていました。


しかし、
住民台帳に記載されているフランケンベルガー家は
地元バイエルン系のカトリック教徒であり、
しかも当時は経済的に窮乏していて、

事実上没落してしまっていたのです。


一説にはロスチャイルドの隠し子だったとも囁かれていますが、
正史を信奉する歴史家たちの間でも、

彼の父親が誰なのかは正確に把握されていません。


ただ、
ナチスを牛耳るようになってからのヒトラーは、
自らの出自を隠蔽するために、
生まれ故郷だったユダヤ人の村を
跡形もなく焼き払ったこともありました。


そしてさらに、
歴史的な事実として脳裏に留めておかなくてはならないのは、
現合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュの祖父、
プレスコット・ブッシュはヒトラーのスポンサーであっただけでなく、
ウォーバーグやGE、フォード、ロックフェラー、ハリマンなどの
欧米系の有力な大資本家たちの多くがナチスを支援していたことです。


しかも、
アウシュヴイッツ強制収容所に関与したとされる
ナチス統制下の巨大化学産業「I・G・ファルベン」は、
実はロックフェラーが支配するスタンダード・オイルと一体の組織でした。


特に、
ナチスに資金を供与した者のなかでも飛び抜けて傑出していたのが、
ロスチャイルドにコントロールされる

イングランド銀行総裁のモンタギュー・ノーマン

(300人委員会のメンバーでもある)で、
言うまでもなく彼もまたユダヤ人です。


ついでに言っておきましょう。


ナチスに巣食っていたユダヤ人はヒトラー一人だけではありません。


名誉アーリア人としてドイツ空軍元帥になったエアハルト・ミルヒをはじめ、
多くのナチス幹部が実はユダヤ人でした。


そして驚くなかれ、
約2000万人ものロシア人を粛清したと言われている
ソビエト連邦の政治家ヨシフ・スターリンもユダヤ人なら、
第二次世界大戦を引き起こした張本人たち、
つまり、
英国のチャーチルも米国のルーズベルトも皆ユダヤ人だったのです。


これは宮崎哲弥などが

自らのパネリスト生命を賭けて必死に揉み消そうとしている
「ユダヤ陰謀論」などではありません。


彼らのような「陰謀論完全否定論者」たちがいくら泣き叫ぼうとも、
決してかき消すことのできない「歴史の真実」なのです。


もう一つ、
とても重要な「歴史の真実」を披瀝しておきましょう。


世界史の教科書などで公然の事実として記録されている
「ナチスによるユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)」ですが、
そんなものは戦争の勝者による‘嘘っぱち’、
つまり捏造なのであって、
アウシュビッツなどで青酸ガスによって殺害されたユダヤ人は、
実はただの一人も確認(検死)されてはいないのです。


というより、
アウシュビッツ強制収容所にはガス室そのものが存在しなかったし、
そもそも、
戦後ガス室で中毒死させられたユダヤ人の死体は、
ただの一体も発見されてはいません。


毒ガスによる殺害を指令したナチスの命令書は一枚たりとも存在しないし、
600万人もの人間を殺害するのに必要な毒ガスを購入するための予算も、
ナチスの財務資料には一切計上されてはいませんでした。


よくテレビなどで使用されている死体処理の映像は、
アウシュビッツではない別の収容所で
チフスなどによって病死した遺体を処理しているシーンであって、
ガス室で殺された犠牲者を映し出したものではありません。


我々はすでにユダヤ系報道機関による多くのプロパガンダによって
骨の髄まで洗脳されてしまっていますが、
大体、
青酸ガスによって大量の人間を安全且つ確実に殺害するという手段には
とんでもなく膨大な手間と危険が伴うもので、
とてもじゃありませんが、
600万人もの人間を収容所でまとめて

パルプ片に青酸ガスを付着させたチクロンBによって

そのすべての人間を殺害することなど
(ガス室の施設管理や使用後のガス換気、

更には青酸ガスが染み込んだ死体の処理・運搬

などの手間を考慮すれば明らかなように)
化学・物理的に言って不合理且つ不可能な話なのです。


事実を言っておきましょう。


確かにナチスによる

ユダヤ人等の一部の民族に対する迫害政策は存在していました。


そのこと自体に何の異論もありません。


さらに、

ナチスの愚挙によって大勢の人間が強制収容所に押し込められ、
チフスなどの伝染病が発生しそれが蔓延してしまい、

結果的に不幸にも約6万人程が犠牲になったという事実は

確かに存在します。


しかし(これは強く断言しますが)、

強制収容所の毒ガスによって殺害されたユダヤ人は、
ただの一人も存在しません。


それに正史では、
大量虐殺のためのガス室が敷設されたいた強制収容所は、
ドイツ国内ではなく、
すべてポーランドにあったと公言されています。


ただ、
そのポーランドを戦後に統治したのは、
他でもないスターリン下のソ連でした。


もうお分かりでしょう。


「ホロコースト」は、
ユダヤ人によるパレスチナ占領を正当化するために仕組まれた
巧妙な政治的プロパガンダ、
つまり‘嘘っぱち’だったのです。


そしてさらに許しがたいのは、
戦後連合国によって占領統治されたドイツ国内で、
連合国側の軍人たちによって
どれだけ多くの民間人が非人間的な手段で虐殺されたかについて、
欧米系の歴史家たちは何故か黙して一切を語ろうともしません。


これは、

戦後何万人という日本人がソ連によってシベリアに抑留されてしまったことや、
7万人を超える一般人女性が

進駐してきたアメリカ軍人によってレイプされたという事実が
封じ込められているのと同系の隠蔽構造です。


 我々一般市民は、
 本当に知らされなければならない事実を知らされていない…。


そのことをよく肝に銘じておきましょう。


繰り返し確認しておきますが、
これらの事実は「ユダヤ陰謀論」などではありません。


当時の資料を正しく解読すれば当然のように導き出される
「歴史の真実」なのです。


イングランド銀行を支配しているロスチャイルドが
イスラエル建国に資金提供したユダヤ人であるのは公然の事実ですが、
一説にはWASPとされている世界皇帝のデヴィッド・ロックフェラーも、
ネオコンのウォルフォウィッツも、
FRBのバーナンキも、
そしてかのブッシュ大統領一族も、
皆ユダヤの血が流れています。


どうしても信じられない方は、
下記の著作に当たってみて下さい。


きっと考えが変わるはずです。


 そういえば、
 オバマ候補が民主党の指名を獲得してすぐに、
 自らが打ち負かしたヒラリー・クリントンを伴って
 ユダヤロビーの最大組織であるAIPACで公演を行い、
 「自分が大統領に就任してもイスラエルの利益を最優先に考える」
 と…、

 かつて見たこともないような強い口調でアピールしていたなぁ…。


 結局は、
 み~んな一つ穴のムジナってわけか…。


メラメラ私は人間が内包している攻撃性にビビリまくっています。
  そんな恐怖に慄きながら、日々真実を求めているのです。
  こんな軟弱な私ですが、是非みなさんの勇気をお分け下さい!


    ↓

人気blogランキングへ


にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ


爆弾参考図書一覧

アウシュウィッツ「ガス室」の真実―本当の悲劇は何だったのか?/西岡 昌紀
¥2,100
Amazon.co.jp

ホロコースト―ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌 (中公新書 (1943))/芝 健介

¥903
Amazon.co.jp
ユダヤ人の歴史 現代篇―ホロコーストとイスラエルの再興 交錯する恐怖と希望 (徳間文庫)/ポール ジョンソン
¥880
Amazon.co.jp
真珠湾 日本を騙した悪魔/ジョン コールマン
¥1,995
Amazon.co.jp
新版 300人委員会[上]支配される世界/ジョン・コールマン
¥1,890
Amazon.co.jp
新版 300人委員会[下]陰謀中枢の正体/ジョン・コールマン
¥1,890
Amazon.co.jp
アメリカ経済のユダヤ・パワー―なぜ彼らは強いのか/佐藤 唯行
¥1,785
Amazon.co.jp
カナンの呪い―寄生虫ユダヤ3000年の悪魔学/ユースタス マリンズ
¥2,310
Amazon.co.jp
闇の世界金融の超不都合な真実 ロックフェラー・ロスチャイルド一味の超サギの手口 (5次元文庫 き 1-1)/菊川 征司
¥620
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

アナベル・我党さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■無題

はじめまして、よろしければ相互リンクをして頂けませんか。こちらから先にリンクを張らせて頂いています。よろしくお願いしますhttp://kasiharanews.seesaa.net/

7 ■ なるほど。 

ひとつ利口になった…気がする。
 
情報ありがとう! 
 
また更新してね。

6 ■無題

はじめまして、私もニュース系サイトを運営しています、よろしければ相互リンクをして頂けませんか。こちらから先にリンクを張らせて頂いています。よろしくお願いしますhttp://kasiharanews.seesaa.net/

5 ■勉強になります。

今、世の中は変わろうとしていますね。
2012年のアセンションへ向け、今まで隠されていた事実が
浮き彫りになって来て、真実だけが残るので、真実を見れる
勘や目を持っていたいと思いますね。

911の真実や、アセンションまでに起こること
魂の真実等・・・
http://moritagen.blogspot.com/
にはだいぶ詳しく載っています。

その他、地球のことなどは
http://homepage3.nifty.com/gaia-as/
第一部・第二部・第三部のところを
読んで見てください。

コメント欄なのにすみません。
真実を求めている方には良いかなと思い、
投稿してみました。

4 ■こんにちは

知らなかったデス
以前乗ったタクシーのおじさんが日本のお札に描かれた目をユダヤの印だと熱心に語っていたのを聞いたくらいで・・・

博識ですね。
読んでて楽しい。

3 ■聖戦?

世界はアラブとユダヤの対決に入りましたね。

2 ■ごぶさたでした

ひさしぶりに拝読です。
自分はまったくの勉強不足です。
ただ、貴兄のブログにおいての真実追求姿勢に
一点の曇りなきことを感じていますので、
びっくりして、
勉強になりました。

1 ■(^_^;)

私も昔に良くロックフェラーやロスチャイルドの事やユダヤの事を調べました(^_^)v

正直にこの世界は、ユダヤに牛耳られ様としてます(^_^;)

ビックリしましたのがヒトラーがユダヤ人だった事です、知らなかったです(-o-;)

イラク戦争も罠でだと最初から気付いてました(>_<)

奴らにこの世を任してはいけない。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。