2007-05-21 19:13:02

宮崎哲弥のコメントは何故面白くないのか?

テーマ:宮崎哲弥を斬る!

日本人は刑事ドラマが大好きです。


刑事ドラマは、
わかり易い勧善懲悪のプロットで描かれているうえに、
毎回の結末には「犯人逮捕」という
センセーショナルなエンディングが仕込まれているために、
多くの一般視聴者の情動を揺さぶるのです。


そういう背景もあってか、
日本人の多くは、
犯人さえ捕まれば事件は解決
と勘違いしがちです。


ご存知の通り、
一つの刑事事件は、
犯人の刑が確定するまで、
いや、
実際に刑が執行されるまで
解決したことにはなりません。


なのに、
ほとんどの日本人、
特に、
商店街で買い物をしているおばちゃん連中は、
犯人が捕まってよかったねぇ
といって、
犯人逮捕の瞬間を以って事件解決と即断し、
それまで寄せていた関心を打ち切ります。


しかし、
大事なのは、
犯人が捕まること」ではありません。


その犯人が、
どう裁かれるのか」の方が遥かに重要なことなのです。


法治国家を自称する我が日本国では、
犯罪を犯した者の刑罰は、
刑事裁判にて確定します。


我々国民はそういった司法制度が、
きちんと作動していることを信じて
日々税金を納めるわけですね。


我々の生命と財産が守られるはずだと
かたくなに信じて…。


しかし私はここで断言します。


日本は完全な法治国家ではありません。


そして、
国民の生命と財産を保護するシステムなど、
ずっと不完全な状態のままで放置されているのです。


そうです。


日本は法治国家なのではなく、
放置国’なのです。


そのような由々しき事態を示す
好例をご紹介しましょう。


先日、
大阪市中央区の繁華街にあるステーキ店
ペッパーランチ大阪心斎橋店」で
店長と店員が共謀して、
客として訪れていた20代の女性をスタンガンで脅迫し
無理やり睡眠薬の錠剤を飲ませて拉致し、レイプする
という痛ましい事件が起こりました。


これは間違いないなく
脅迫・暴行といった方法により、
 被害者の意思に反して性的行為を強いる、
 強姦や強制わいせつ等の性犯罪

に当たります。


性犯罪は、
被害者の尊厳を踏みにじり、
身体的にも精神的にも
極めて重く、つらい被害を与える
卑劣極まる悪行です。


今回被害女性も、
さぞ酷い目に遭われたことでしょう。


嘆かわしい、実に残酷な現実です。


被害者に与えた苦痛を鑑みても、
性犯罪が絶対に許せない行為であるのは言うまでもありません。


今どき物騒で、
深夜に女性が一人で
おちおち食事もしていられません。


困ったものですね…。


かの宮崎哲弥は、
このペッパーランチ強姦事件について、
とある情報番組でこう発言されました。


店のスタッフが女性客を襲う
 という事件が起こるような社会はまともではありません。
 
 それに、
 そんな犯罪を犯すような人間を店長に据えていた
 ペッパーランチの社長の責任感もどうかと思いますね
…」


…ごもっともです。


今回の事件では、
店のスタッフが総がかりで客を襲ったわけですから
被害者女性としては、
防ぐことも逃げることもできませんでした。


確かに、
こんな卑劣な事件が頻発するような社会は
まともではありません。


それに、
ペッパーランチの社長が発したコメントも、
一般視聴者の理解を得るものではなかったのも事実です。


でもね宮崎さん。


あなたが
その辺でガナっているだけの

野次馬に過ぎないのなら致し方ありませんが、
まがりなりにも
局からギャラをもらってコメントしている評論家なんでしょ?


社会がどうの、
社としての対応がどうのと批判する前に、
もっと広く社会に対して訴えておかねばならない
ダイナミックな問題点
があるのではないのですか?


今回の事件でいえば、
女性が一人で食事ができないくらいに荒んでしまった社会
が問題なのではなくて、
このような性犯罪が起こったときに、
日本の司法制度はどう対処することになっているのか
の方が遥かに大きな問題なのです。


日本という放置国家は、
性犯罪者をきちんと裁くことはできません。


それ以上に、
性犯罪を受けた女性は、
裁判においてもまた
レイプされたときと同水準の
苦痛を味合わされることになります。


例えば、
今回の性犯罪は、
店のスタッフが客を強姦したわけですから、
被害者が被害届を出せば、
すぐに犯人を捕まえることはできます。


しかしその後、
警察による取り調べでは、
根掘り葉掘り「犯される過程」が探られるうえに、
実際の裁判では、
加害者側の弁護人が、
被害者である女性に強姦されるスキがあったのではないのか
とか、
最初は嫌がっていたかもしれないが、
 途中から喜んで受け入れるようになったのではないか

とか、
被害女性は日頃から奔放な異性交遊を行っていたので、
 今回の事件もそういう文脈の中で
 行われたものに過ぎないのではないか

と言った口調で被害女性に詰め寄ることになります。


こういう被害者の精神的苦痛のことを、
第二の性的被害(セカンドレイプ、セカンドハラスメント)」
といいます。


強姦致傷罪の法定刑は、
以下のようになっています。


『刑法第181条(強制わいせつ等致死傷)
 2、…よって女子を死傷させた者は、
  無期又は五年以上の懲役に処する』


これが重いか軽いか、
或いは、
性犯罪者にはどのような科刑が妥当であるかの議論は
ここでは置くとして、
テレビに出て一般視聴者の問題意識を喚起するために
ギャラを貰ってコメントしている人間として、
日本の法制度がちゃんと性犯罪者を裁けるのか」、
そして、
被害に遭った女性は
 ちゃんとケアしてもらえる仕組みが用意されているのか

を説明することは大事なことではないでしょうか。


加害者はちゃんと裁かれない、
被害者になっても
さらなる辛酸を舐めさせられるという現実が待っている
となると、
我々納税者は何故高い税金を払って
現行の司法制度を維持しているのかが分からなくなります



結論を言います。


この国で強姦されたらおしまいです。


その日から、
一生地獄の苦しみを味合わされることになります。


その一方で、
社会の下層で喘ぐ連中のモラルはますます低下し、
これから目を覆わんばかりの残虐な犯罪が
多発することでしょう。


宮崎さんが言ってくれないので、
ここで私が言語化しておきます。


若い女性の皆さん…、
 あなたが強姦されても、
 国はあなたを救ってはくれませんよ。
   
 おまけに、
 あなたを犯した犯人をちゃんと裁いてもくれません。
  
 そのくせ、
 性犯罪は増加の一途を辿る一方です。



 対策としては、
 強姦されないように
 自己のレベルで備えることしかできません。



 加害者は充分に裁かれない、
 被害者はさらに苦しむ、
 それが司法の現実です。



 ‘犯されたら終わり’と肝に銘じて、
 くれぐれも
 危うきものに近づかないように注意しましょう



爆弾恐怖に慄きながら、日々真実を求めて闘っています。
こんな軟弱な私ですが、是非みなさんの勇気をお分け下さい!
      ↓

 人気blogランキングへ  



メラメラ司法制度の影に潜む悲劇から目を背けてはなりません。

殺された側の論理 -犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」/藤井 誠二
 
¥1,680
Amazon.co.jp

犯罪不安社会 誰もが「不審者」?/浜井 浩一
 
¥777
Amazon.co.jp

殺戮者は二度わらう―放たれし業、跳梁跋扈の9事件
 
¥500
Amazon.co.jp

裁判官の爆笑お言葉集/長嶺 超輝
 
¥756
Amazon.co.jp

狂った裁判官/井上 薫
 
¥756
Amazon.co.jp

裁判官が日本を滅ぼす/門田 隆将
 
¥620
Amazon.co.jp

特捜検察の闇/魚住 昭
 
¥550
Amazon.co.jp

裁判官はなぜ誤るのか/秋山 賢三
 
¥735
Amazon.co.jp

裁判員制度/丸田 隆
 
¥756
Amazon.co.jp

痴漢「冤罪裁判」―男にバンザイ通勤させる気か!/池上 正樹
 
¥500
Amazon.co.jp

ぼくは痴漢じゃない!―冤罪事件643日の記録/鈴木 健夫
 
¥540
Amazon.co.jp

性善説は死を招く―信用するな、任せるな/加治 将一
 
¥1,365
Amazon.co.jp

すべて忘れてしまえるように―少女監禁レイプ殺人犯と暮らした80日間/サビーヌ ダルデンヌ
 
¥1,680
Amazon.co.jp

封印された叫び―心的外傷と記憶/斎藤 学
 
¥1,890
Amazon.co.jp

性犯罪・性感染症
 
¥2,940
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

9 ■無題

まあ 批判するのは分からんでもないが実際テレビに出てあれだけ発言しまくるのは結構大変だよ
言うはやすし行うは難し
宮崎はがんばってるほうだと思うけどね
こないだ落選した有田よしふよりはずいぶんまし

アナベル・加藤さんもこれだけのブログを書ける方なのだからテレビやラジオでのコメントにも期待したいと思います

8 ■宮崎さまが面白くない理由

 経験に基づかないコメント。
    ↓↓↓
   説得力なし。白々しい。

 本やインターネットでみたことを、如何にも自分の意見のように言うこと。

7 ■まったくやられ損です。

残念ですが、安全なトコロなんてないんです。だって、家に上がり込んで強姦して殺しちゃう人だっているんだから。抑止力となる何かを、もっと真剣に考えて欲しいです。。。最近のお巡りさんは、ぬるいです。

6 ■自分はブログでAV問題

書きますが、ここまでやったことありませんでした。というかAVでこういうの沢山ありますよね。いつかこういうことを調べて著書で出そうかと思います。1,2年は先になりそうですが。すみません。

5 ■あだ討ち法


子供の頃

いじめた相手のスキを狙って

階段の途中で

後ろからどつき落としたことがあります


相手の家に菓子折持って謝りにいった帰り

父が言いました

「アホだな、お前、どついた後にでかい声で

足が滑った~とかわめけばよかったのに、

いじめた相手にスキを見せる奴がアホなんじゃ」

こんどやるときは、きちんと事故にみえるようにやろうとココロに決めたのでした

4 ■エンターテインメントだからこそ、

こちらのブログ作者の方がおっしゃるような点を指摘した上で、
「被害者は加害者を殺しても罰せられない」という法律を作ろうと提言して欲しいかも。

3 ■さすが「受け売り男」

こういう受け売り男の発言で簡単に済ますのも大問題です。
加害者に十分な刑罰が与えられない、被害者も二次被害を受ける。被害者になったらおしまい、加害者になってもおしまいなのがこの国の社会です。中国・北朝鮮のことは嗤えますか。
痴漢冤罪、強姦で誤認逮捕・起訴で実刑確定して服役済みの男性の件も忘れてはなりません。
被害者をきちんとケアし、加害者が冤罪ではないことを十分証明して適切な刑罰を与えてこそ刑事裁判です。

2 ■TBついたので参上しましたww

まあ、朝日でも文春でも受け入れられる「万能論客」だから面白くないのだとおもうよww

1 ■無題

ペッパーランチでテレクラ女とまちあわせした事あったな。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。