「ipadで充電ができなくなった!」

というと焦ると思われるが、その原因はどういうものがあるか説明したい。

①ケーブルの問題

100円ショップなどで販売されている、appleの認証を受けていないコートやコネクターを使用した場合は充電できないことがある。きちんと、「made for iphone」



のマークのついている商品を使わないといけない。ちまたではこのコードと本体の間にも相性があるとは言われているが、充電速度の違いはあれ、充電そのものができないレベルの場合は相性ではなく他の原因が潜んでいることの方が多い。

②ACアダプターの問題



この充電器がきちんと規格があったものを使っていないと容量不足で充電できないことがある。よくあるのは完全放電しているケースでPCにつないで充電しようとした場合、電圧不足で充電できない、というもの。アダプター自体まともなものを使っていれば、スピードが遅いということはあれ、まったく充電できないということはないため、まったく充電できない場合はやはり他の原因を考えるべき。

③バッテリーの寿命




充電中の稲妻マークが出るのに充電が遅い場合は、バッテリーが寿命なのでは?と考える場合もあるだろうが、意外とバッテリーの劣化は充電不良の原因ではないものなのである。

素人が考えるほど、ipadのバッテリーはそうすぐにはやられない。これは修理業者なら実はよく知っていることなのである。

もちろん、apple storeで保証期間内にバッテリー交換してもらうのはよいことだと思うが、まったく充電できない場合にバッテリーを交換するのは診断および治療法のミスで、交換しても症状が改善しない可能性もあるのだ。これはこの先を読んでもらえばわかると思う。

④ICチップの異常

これは、本体のドックからつながるU2 ICチップというところがやられるものだが、ほぼ修理は絶望的と考えるべき。この場合はapple storeで新品と交換してもらうか、保証期間外や保証対象外の場合はデータを早期にバックアップして新しく買い替えるべきだろう。ただし、ここがやられるのは非常に珍しい。よって可能性は低い。

⑤ドックの破損



驚くことなかれ、ipadの充電不良の原因で一番多いのはこれ。ケーブルの種類で充電できたりできなかったりはこれが原因のことが多い(ケーブルの異常ではなくて)。

あとはケーブルの差し込み部位を少し曲げると充電できる場合もこれ。ドックがやられて接触不良になっているのである。

ちなみに接触不良だと、いくら稲妻マークがついても充電が異常に遅くなる。要は電流がうまく流れなくなっているのである。




ケーブルを差し込んでこのマークになれば接触不良はないか、あっても完全接触不良ではないが



ケーブルを刺してもこのマークが出たら、これは完全接触不良による充電不能状態を意味する。

これ、スマホ修理業者でも知らない人がいるから注意して。

私は実際、ある修理業者に騙されて意味のないバッテリー交換をしそうになったことがあります。

交換しても治りません。なぜならドックの接触不良が原因だから。

私の場合は、他の修理業者が正しい診断をしてくれて、ドック交換したら完全に直りました(笑)。バッテリーはやられてはなかったのですね。

修理業者はどこもプロだと思っていたら大間違いでしたね。

信頼できる業者に修理は依頼しましょう(もちろんapple正規代理店がベストですよ!)
AD
レクサスの中古車で、非CPOで購入した車両に対してのG-linkサービスは平成25年9月よりGリンクliteにサービスが格下げされている。正規のサービスに対するLiteの主なマイナス点は

・オーナーズデスクにつながらず、専用のコールセンターにつながり、メッセージの質が下がる

「レクサスオーナーズデスク●●です。GSFにお乗りの●●さんですね。いつもご利用ありがとうございます。本日はいかがいたしましょうか?」

「レクサスコールセンター?の●●です。本日はいかがいたしましょうか?」

・オーナーズデスクが使えないことで、ホテルの予約代行や航空券の手配などが不可能に

・販売店からのメンテナンスなどのナビへの連絡がなくなる

・緊急時のリモートサービス機能がなくなる

などである。まぁ、ぶっちゃけ大したものではないともいえるが、非CPOでありながら、H25年8月以前購入車は正規と同様のサービスが受けられるため、ちょっとお得であったのも事実。

このG-linkであるが、自動継続ではない。自分で継続手続きをしないと、期間が過ぎれば自動解約される。解約されて再契約する場合は、非CPOは自動的にLiteに格下げされ、かつ事務手数料が8000円も取られる。自分で継続すれば、手数料なしで格下げもない。

もし、まだ非CPOでオーナーズデスクサービスを使っている人がいて、継続を希望している場合は十分に注意されたい。

ちなみに何らかの継続手続きの連絡書面やナビ上での連絡が来るようであるから、それを見逃さないように注意したい。
5/29のニュースで函館で山間部に子供のしつけ目的で7歳児を置き去りにし、その後置き去り場所に戻って子供を探したが見つからず、警察に相談し大掛かりな捜索が現在行われている、というものがあった。

男児の捜索続く いまだ見つからず

・おそらく、この子の親は一瞬放置するだけならいなくなることなんてないだろうと推測したのであろう。しかしながら、7歳ともなるとある程度の運動能力はあるわけで、今回は5分程度放置したということであるが、5分もあればそれなりの距離が移動できてしまうだろうし、実際は5分ではなく、10分や15分も放置していて過少申告していたとなればもっと広い範囲で移動できてしまうことになる。

常識的には親が車で立ち去った方向に移動することとなるだろうが、北海道の山間部となると熊に襲われて食べられてしまった可能性もゼロではないだろうし、後続車がたまたま犯罪予備軍のような人であった場合は車に乗せられ誘拐されている可能性もあり得るだろう。



普通に考えれば、このような林道があるなら、それに沿って移動するはずで、わざわざ林道から離れて草が生い茂る山間部に分け入っていくことは考えにくい。もちろん何らかの理由で林道から外れ、急な斜面などで転落した可能性もあるかもしれないが、7歳といえばそれなりに分別はつくはずなので、そういう行動をとる可能性は林道を歩いていく可能性よりは低いとしか思えない。

では、なぜ行方不明になったのだろうか。どうしてもやはりクマに襲われた状態や第三者に誘拐された可能性を考えてしまうが、他の可能性としては親が何らかの理由で子供を亡きものにしてしまい、どこか別の場所に遺棄したが、殺人罪や死体遺棄の罪に問われることを回避するために虚言を言っている可能性すらある。実際、これだけの人員を配備してまったく手掛かりすらつかめないというのはおかしいだろう。ヤフーニュースのコメント欄も山菜狩りにきて行方不明になったとか、当初嘘の発言を親がしていたことから、いろいろ真偽が怪しい、何か背景に別の事件が隠されているのではないか、と邪推する意見が結構認められている。

熊に襲われたとなれば丸飲みされていれば遺体は見つからないだろうし、誘拐されていても連絡先が分からなければ身代金も要求すらできない。身代金目的ではなく、人身売買目的だったりすれば、もうどうしようもないかもしれない。

思うに、最悪の場合を想定してGPS機能の付いた子供携帯を持たせるくらいの配慮はあってもよかったのではないか。もう時すでに遅しであるが、後悔先に立たず。もう時は戻せない。
ゴールデンタイムである72時間に達するのはもう時間の問題だ。無事であることを祈るばかりである…。