2017-05-18 17:23:48

札幌・探偵社の独り言 パパとママと一緒にいる券・・・

テーマ:札幌

(株)アイシン探偵社  代表の高橋です。

 

当社は札幌市を含め、北海道全域で様々な調査を承っております。

 

今回はご依頼人のご了解をいただいていますので、

 

少し具体的に書かせていただきます。

 

A子さん(30代)から夫 Bさん(30代)の浮気調査を依頼された。

 

ご夫婦の間には娘、 C子ちゃん(7歳)がおられる。

 

結婚して8年、Bさんの帰宅時間が遅くなり、休日も何かしらの理由をいって外出する。

 

A子さんに対してのBさんの態度もそっけなく、A子さんはBさんの浮気を疑った。

 

だが、Bさんが娘C子ちゃんへは愛情を注いでいたのはA子さんも感じていた。

 

探偵はBさんの調査を開始する。

 

だが、Bさんの行動から女性関係が出てこない。

 

Bさんは会社が終わると駅内のコーヒーショップで時間を潰す。

 

また、日曜日などはホームセンターをブラブラとして時間を費やしていた。

 

いずれにしても、Bさんは家に居たくない・・・・という行動を取っていた。

 

探偵の報告を受けたA子さんは離婚を決断した。

 

家庭に居たくない夫とこれからの長い結婚生活を続けることは無理だと判断したのだ。

 

A子さんはBさんに離婚についての話し合いをした。

 

Bさんも離婚には承諾した。

 

BさんもA子さんに対して離婚をしたいと考えていたようだ。

 

互いに気持ちがすれ違っていたのだ。

 

ある日、誕生日が近いC子ちゃんにA子さんが聞いた。

 

A子さん       「C子、お誕生日のプレゼントは何がほしいの?」

 

C-子ちゃん  「ウン、考えておくね」

 

夫婦の間がギクシャクしているため、C子ちゃんもそれを感じているようであった。

 

A子さんはせめてお誕生日のプレゼントをしてC子ちゃんを元気づけようとしていた。

 

同じくBさんも同じことをC子ちゃんに聞いていた。

 

Bさん     「C子、誕生日プレゼントは何がほしい?」と。

 

誕生日の一週間前の日曜日、夕食のときにC子ちゃんがA子さんとBさんに一枚の券を渡した。

 

C子ちゃんの手書きの券にはこう書かれていた。

 

パパとママと一緒にいる券・・・・

 

その券には、パパとママの名前が書く欄があった。

 

C子ちゃんはその券を来週の自分の誕生日にそれぞれの名前(パパとママ)を

 

書いてプレゼントしてほしいと言ってきたのだ。

 

それを聞いたA子さんとBさんは涙があふれてきた。

 

それを見ていたC子ちゃんは大声で泣き出したそうだ。

 

翌日、Bさんは会社を休み、C子さんが学校にいっている間にA子さんと話し合いを申し出た。

 

お互いに気持ちがすれ違い、相手を思いやる気持ちがなくなっていたと確認しあった。

 

二人は小さなC子さんにそんな辛い思いをさせていたことを反省し、

 

もう一度、夫婦としてやり直していくことを誓い合った。

 

C子にこれ以上、辛い思いをさせたくないと誕生日を繰り上げることにした。

 

すぐにA子さんとBさんはC子ちゃんの誕生日会の準備をする。

 

Bさんはケーキ屋さんに走って、お願いをしてバースデーケーキを作ってもらった。

 

A子さんは、C子さんの大好きなから揚げとハンバーグを作る。

 

学校から帰ってきたC子さんは大喜び。

 

楽しい夕食、そして「パパとママと一緒にいる券」をC子ちゃんに渡した。

 

C子ちゃんはまたまた大声で泣き出してしまったらしい。

 

「パパとママの3人で一緒にいられなくなると思ってずっと悲しかった」とC子ちゃんは何度も言っていたそうだ。

 

探偵はこの話を依頼人のA子さんから聞いて、涙が止まらなくなりました。

 

探偵はハッキリと言います。

 

今、離婚問題で揉めているご夫婦へ・・・・・。

 

アナタたちの小さな子供たちはその小さな心を痛めています。

 

 

 

(株)アイシン探偵社では札幌市を含め、北海道全域で

浮気調査・不倫調査・素行調査・身辺調査・結婚調査・盗聴器発見調査 他

様々な調査を承っております。

 

 

(株)アイシン探偵社 札幌市ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道探偵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

リブログ(2)

  • 心が温まるお話です

    こんにちは✨😃❗数多くある中からゆうたんのブログをご覧頂き、ありがとうございます日頃、皆さまのブログを訪問させて頂いておりますが、笑ったり、考えさせられたり、参考にさせてもらったりと、しておりますありがとうございますいつも訪問させて頂いているブロガーさんの一人であります札幌の探偵さんのブログのご紹…

    おたるのゆうたん

    2017-05-21 14:45:57

リブログ一覧を見る

コメント

[コメントをする]

7 ■素晴らしいお子さんです。

素晴らしいお子さんです。

……何というか、色々な褒め言葉を
ここに書き連ねても軽い気がします。

子供さんの涙を思えるのなら
浮気なんて出来ませんよね。

良い記事を ありがとうございました。

6 ■思わず…涙…(:_;)

北海道探偵さん
いつも、様々な男女の人間模様を
垣間見る思いで、拝読させて頂いております。

本日の記事、ご両親に送った
C子ちゃんのチケットには
泣かされました…(:_;)

夫婦にとって"子は鎹"を証明する
とても良い記事を読ませて頂き
有難うございました!

有紗

5 ■無題

親の離婚は、子供にとっては生死に関わる問題。幼いながら不安と戦い、よく両親をここまで導いたと思います。涙と拍手を。

4 ■無題

すごく素敵な話しです。
2度目の結婚とは言えホントに結婚生活って難しいなって思っちゃいます(๑˃̵ᴗ˂̵)

3 ■凄く良いお話でした。

拝読させて頂きながら私も涙が出そうになりました。私も夫と離婚寸前まで崩壊した時に、ペットのルミが寂しそうな悲しそうな様子になったんです。

言葉が分からないペットでさえ、こんなに空気を読んで情緒不安になるなら、子供達はどれだけ悲しい気持ちになっているだろう…。
そう思ってやり直す事にしました。

あの時のことを思い出しました。

いいね、を付けようとしたのですが、限界に達してしまい、コメントだけでも残させて頂きます。

2 ■涙が溢れますね

いつもブログを拝見させていただいています。
このブログを見て、夫婦間のトラブルの最大の被害者は子供であることを再認識しました。父親、母親二人共涙が溢れたのであれば、今後は幸せな家庭になるといいですね。
人間色々ですので、こういう子供に共感できない親もいるので、探偵さんの仕事は人間の汚い部分を調べる大変な仕事ですね。そのぶん、依頼者の人生を良く変えることができるやりがいのある仕事でもあるのでは?と自分は考えています。

休みも時間も不規則な大変な仕事ですが、お体を大切に頑張ってください。

自分のお世話になっている弁護士さんが、探偵さんのことをご存知で、探偵さんのことを非常に評価して褒めていました。
また良いお仕事をして下さいね。

突然のコメントで失礼いたしました。

1 ■有り難うございます(^^)

こんにちは,いつも大変なお仕事、本当にお疲れさまでございます。お忙しい中,日々のブログ更新もお疲れさまです。

読むにつれ涙が溢れ出てくるような実際のお話を有り難うございます。

夫婦は他人同士です,別れたらほかに代わりの方ははいるかもしれません。
しかし,親にとってはかけがえのない子供、子供にとっては血の繋がった両親はこの世で唯一無二の存在です。
若いご夫婦の皆さんに是非読んで頂きたい記事だと思いました。

今や三組に一組が離婚する世の中、子供がいてもいとも簡単に別れる方々が増えていますが、将来老後になり身体が弱ってから世話になるのは親でもなければ兄弟姉妹でもなく(親は既に他界,兄弟姉妹も高齢化),結局は「子供達」です。

今のご夫婦の皆さんには子供のことを第一に,今ではなく20年後30年後或いは40年,50年後の我が老後のことを考えてほしいと思います。

(失礼ながら,記事を拝見し思ったことをコメントさせて頂きました。もし,コメントをご覧になった方が気分を害されたら申し訳ありません。歳に免じて,お許しください。)

コメント投稿