フェチ?

テーマ:

今までの人生でザク吉が接してきた女の子達が特殊ではないという前提の元でお話します。


この傾向は25歳以上の細身のキレイな子で、なぜか貧乳、いや、失礼、(;´▽`A`` バストの大きくない女の子に多いのですが。



かわった男の趣味と体の部分フェチが多い



です。


デブが好き(たるんだ腹とか)


胸毛もじゃもじゃが好き


すね毛もじゃもじゃが好き(胸毛はいや)


二の腕の筋肉たくましいのが好き(二の腕限定)


広がってうえを向いた鼻の穴が好き


ドラえもんみたいで好き


歩き方がクマのぷーさんみたいで好き


獣っぽいところが好き


字が書けないほど馬鹿なところが好き



・・・・・・・・


とか、まぁ、イロイロです。


念のため言っておきますが、上の例はザク吉が言われた言葉ではないですよ?一番上のは実際言われましたが、あとは女の子から聞いた話です。


何年か前に付き合っていた彼女の友達で、細身で29歳で貧乳、

いや、失礼。

可愛らしい乳房をもった、とびっきりの美人がいたのですが、これが胸毛フェチで、どう見てもあまり冴えない男と付き合っていたので、「なぜ?」と聞いたところ


「あのもじゃもじゃの胸毛に顔をうずめてると、もう、それだけで濡れてくるのー( ´艸`)」


んゴーーーーΣ(゚д゚;)


ってな具合です。


さて、この話。なにが言いたいかというと



見た目変な男は25歳以上の細身で貧乳、


失礼。


あー、ささやかな胸の美人を狙え!


って事です。


ザク吉はこれを常に心がけています。現状は例外ですが・・・・



この手の女の子たちは、カッコいい男と過去何度か付き合っていて、もう飽きてるみたいですよ?

でもって美人だから選択の範囲は広く持てるので、自分の極端に偏った趣味で男を選ぶようになってるんじゃないかと思います。


まぁ、極端な話なので、笑い話程度にしておいてください。








AD

セックスレス

テーマ:

最近どーもチャリとセックスする気になれません。


もちろんチャリの事はカワイイと思うし、好きです。


ヤッといてから言うのもなんですが、やっぱり歳が離れすぎてるのかなーと、最近思います。



女の人として、セックスの対象として見られなくなっている。かも。



娘のような感じに可愛く思うようになってきたのかな・・・・そんな感じです。



でもチャリは若さ爆発セックスやりたいお年頃のようで、しないとすこぶる機嫌が悪くなるので、タイヘンです。


まだこれがはっきりした気持ちになっているわけではないので、もうちょっと様子を見ようと思いますが、いずれこの気持ちをチャリにきちんと説明して、別れなければならない日が来る予感はします。



結構辛いですよ。キライなわけではないですしね。


先日は横浜で誕生日のお祝いをしてくれて、そして誕生日当日の夜は、仕事から帰ると手作りのケーキを用意してくれていました。


チャリが好きです。


なんだか泣けてきます。


AD

ダビンチコード

テーマ:

チャリがお誕生日のお祝いをしてくれると言うので、泊まりで横浜に行ってきました。


また歳をとってしまいました。体力も落ちてきてあんまり嬉しくないですが、祝ってくれる人がいるのは幸いです。


中華街で食事して、ランドマークの70階のバーに行ってまったり飲んで、ホテルで一泊しました。


で、朝、映画観ようかって事になって、観て来ました。話題の ダビンチコード


つまんなかったですよ?なんだか。


先に見たテレビの特集番組(米倉涼子とか出てたやつ)でほとんどネタばれしていて、それ以上のものがなかったので、えー?これだけ?ってな感じです。


モナリザほとんど関係ないし。


あれはなんですかね。最後の晩餐はダビンチでなくても描いてる人いるし、モナリザの方がみんな知ってるから、広告としてはモナリザ使った方が効果的とか、そんな類の話ですかね。


地元に戻って午後からいつもの美容室に行って髪を切りました。


美容師の女の子にこの話をしたら、やっぱりこの映画は評判よくないみたいです。お客さんとかから面白くなかったという話をよく聞くそうです。


海猿の方が評判はいいそうです。


映画の評判は美容師に聞け!


なんちて (°∀°)b

AD

キャバクラへ

テーマ:

久々にキャバクラ行ってきました。



以前お師匠のキャバ輔 さんから何店かお勧めいただいた内の、一番エコノミーなお店に行ってきました。

はじめ高級店の方に行こうかと思ったのですが、初めから一番イイ所に行ってしまうと、後々楽しみが減るかと思いまして、エコノミークラスを選んでみました。

最初お店に入った時、先客は一人だけでした。


ちょっとイヤな予感がしたんですが、5分程たつ頃になぜか満席状態。しかも団体でなく個人の集団です。


「お客さん招きネコだね」

と、女の子に言われてしまいました。



おぢさんはザク吉一人。

(°Д°;≡°Д°;) イターい

ところで、むこうの席で嬢を膝にのっけてチュウしてるお客さんがいたけど、アリなんですかねアレ。
まぁ、それはおいといて。

お師匠風に

一人目。うっ、かなり好みからかけ離れてる。待機席と思しき所にはキレイそうな(暗くてよく見えない+ジロジロみるのは恥ずかしい)嬢がたくさんいるのに、いきなりこの子?
でも話してみるとすごく話しやすくて、気がつくと話弾んでるんですよ。
ちょいポチャですがオパーイも結構あるし華もある。顔もザク吉の好みでないだけで可愛くなくはないので、これだけお話ができる子なら、きっと人気のある嬢なのかな?と思いました。
ドリンクは嬢とボーイの両方に同時要求されました。(もちろん丁寧に)「ドリンクは気に入った嬢にのみ出す」というお師匠の考えに従って出さないつもりでいましたが、この店の基本料金からして、ドリンクとらなきゃ話にならないだろうと思い、一杯注文しました。
名刺をもらって20分ほどでチェンジです。名刺の裏にはメルアドがありました。


二人目。細身ですが、全体に地味で華のない嬢です。話もあまり弾まず、かなりキビシイ感じでした。ドリンク要求、名刺、と同じような流れでやはり20分程でチェンジでした。


三人目。∑(゚Д゚) ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
お師匠。この店を勧めてくれてありがとう!神様。今日のこの日を迎えられたことを感謝します。アーメン。

カワイイっす。細身で顔も好み。ちょっと若すぎるようだけどチャリと変わんないし。イイ!( ´艸`)ぷぷっ

話は・・・・・・・・・・ダメ、かなー。
でも一生懸命さが伝わってきます。まだキャバ嬢始めて日が浅いようでぎこちない感じですが、それもまたカワイイと感じました。

しかし、タイムリミットです。これ以上遅くなるとチャリの疑惑を呼びそうな時間になってしまいました。
泣く泣くワンタイムでお会計。6600円でした。安いなー
次回は指名する事を約束してお店を出ました。

帰りの電車の中で、三人目の子にだけ名刺の裏にあったアドレスにメールを入れました。
ただ家に帰ってから返信が来るといけないので、返信不要としました。


次の日の昼休みに恐縮したようなメール返信がありました。
イマドキの子らしい読みにくいメールでしたが、来店に関する感謝の意と、メールを返信した事への謝意はよく伝わってきて、カワイイ内容でした。


近い内またいきますねー

浮気

テーマ:

「浮気は文化」


とか言ってる靴下を履かないおぢさんの事は、とりあえず置いといて


「浮気は宿命」


と、ザク吉は言いたい。



女性の方、物を投げないでクダサイ!できれば現金にしてクダサイ!使用済みの下着とかでも結構です!



だって男の体と脳みそってそういう風にできてるんだもの!



種の保存の本能から浮気は男として自然で、あるべき行為でしょ?ねぇ、そうでしょ?


男の浮気は種として正しい行為です。



一夫一婦制なんて当たり前になったのは最近の事で、歴史的に長い目で見れば、むしろ一夫多妻制のほうが当たり前なくらいですよ?

だってそれが人間の自然な姿なんだもの。



あまり確かな記憶ではないので、間違いかもしれませんが、もともと一夫一婦制というのは、昔キリスト教が民衆の生活や精神の安定、性病の蔓延等を防ぐために作った戒律だというはなしです。



だから浮気を認めろとはいいません。


だって日本は一夫一婦制で、重婚は犯罪です。一人としか結婚できないのだから、浮気をすると必ずトラブルがおきます。



でも結婚前のちょとした浮気とか

ちょっと他の子と飲みにいくとか

キャバクラとか

メイドカフェとか

道行くキレイなおねーさんに視線がいってるとか

アイドルみてカワイーって思うとか



そんな事まで、あからさまに嫌悪しないでくれよぉ!



浮気は男の宿命なんだ!たまにはみのがしてくれー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



理想的な政治体制

テーマ:

すごいタイトルですね。


大したことは書いてないので、色々深い考えをお持ちの方も気軽に聞き流せるかと思います。ので、安心して読み進むことができます。


要はあくまで理想なので「ありえない」とかは、なしで。


結論から言うと、


「立憲だろうが、専制だろうが、絶対だろうが、君主制が良い」

です。


簡単にいうと


「ものすごーく能力の高い一人の君主が、その英知と裁量をもって、国や国民の繁栄のために、一点集中した強大な権力を行使して、国を統治する体制」


かな。(かな?)


これは君主になる人の能力と人格に大きく左右されます。

そして万が一、善政をする能力の高い君主があらわれても、その人が死んでしまえば終わりです。


「ありえない」はなしで。理想なので、あくまで。


自分がこの考えに至った元ネタはアニメです。


銀河英雄伝説


ビデオ屋でレンタル出てると思いますので、機会があったら見てください。

面白いです。


そして気が遠くなるほど長いです。

ウソつきな男

テーマ:

「うそつきな男はキライ」

女の子がよくこんな台詞を言います。


この台詞自体がすっごいウソだなーって思うんですよ。


だって女の子って基本的にうそつきな男好きですよ。いや、ほんと。


女っ気のない男の大半がこの事実に気づいてないです。


彼女イナイ暦24年なんて男が部下にいますが、こいつはとっても正直者で、女の子にはウソをついてはいけないと思っているようです。彼もこの心無いウソの被害者だと思います。


実は若い頃のザク吉もそんな男の一人でした。


女の子達がキライなのは「うそつきな男」でなく、「下手なウソをつく男」です。

そして「上手にウソをつく男」は大好きなんですよ。


そりゃもちろん例外はあります。例外は文字通り例の外なので、ここでは問題にしません。


「彼女ができない」とお悩みの方。少し考え方を変えて、ウソつきになる訓練をしてみましょう よ!上手なうそつきは一日にして成らず。ですよ?


ただ、女の子に好まれる種類のウソと嫌われる種類のウソがありますので、気をつけて。

好まれるのは


・「キミ一人だけ」(他にも気になる子が普通いますよね)
・「会えない間も、ずっと君の事を考えてた」(仕事中とか普通に忘れます)
・「あいしてる」(そう簡単に芽生える感情ではないです)


とまぁ、こんな具合の傾向のウソです。あくまで傾向なので、このマンマという訳ではないので 、会話の流れや二人の関係のレベルによって、細かいところは違ってきます。


とくにザク吉がよくやるのは上記のウソを超ー笑顔で、できる限りウソっぽく言う事です。

こんなのいかがでしょ?


ザク吉「あいしてる」(超ー笑顔)


美女「ヤダ、いきなり。うそっぽい」


ザク吉「うそです。」(超ー笑顔)


美女「なんだ、ウソなんだ」


ザク吉「いや、実はホント」(超ー笑顔)


美女「えー、ほんと?」


ザク吉「なんて、ウソ」(超ー笑顔)


美女「どっちなのよ!?」


ザク吉「ナイショです」(超ー笑顔)


美女「さいてー」


「さいてー」とか言いながら、結構喜びます。


あと、浮気はバレない完璧なウソで固めてあげましょう。(これ、かなり上級)ザク吉にはこれ がまだまだできないので、浮気はしないようにしています。


嫌われるのは


・ありえないほど自分を誇大するウソ
・お金を騙し取る目的のウソ(あたりまえ。詐欺です)


とまぁこんな傾向のウソですかね。


「嘘つきは泥棒の始まり」といいますが

「ウソつきは恋泥棒の始まり」ということで(懐かしい言い回しだこと)


おあとがよろしいようで。



Vフォー・ヴェンデッタ

テーマ:

今日はチャリと南町田にいきました。

タコスみたいなファーストフードみたいなの(美味しかった)を食べてから109シネマへ。


期待してたVフォー・ヴェンデッタをみました。


結果から言うとイマイチでしたね。


期待が大きすぎたせいもあるかと思いますが。


テレビのCMで「末期的な民主主義に対するアンチテーゼ」みたいな事を言っていたので、難解でも新しい思想を提示してくれるのかもしれないと。


でもこの映画、独裁体制に後退した英国を再び自由主義に戻そうとするといった内容でして、新しい思想みたいなものは全然ないんですよ。


ヴァンデッタ1     ヴァンデッタ2


まぁ、でもそれなりに面白くはありました。解りやすいし、ナタリー・ポートマンは相変わらずカワイイし、でも坊主頭はかわいそうでした。


帰りにアイスクリームを食べました。

冷たい石のプレートの上でアイスクリームと色々な材料を混ぜてくれて、焼きたてのワッフルコーンに乗っけてくれるという、ちょっと変わってて買うのも楽しいアイスクリーム屋さんでした。

時報のかわりに店員の女の子達が「ハイホー」を歌うのも楽しげです。


アイスを食べながらザク吉は、民主主義の欠点と理想の政治体制に関してのザク吉なりの意見をぶちあげておりました。チャリは甘いものを与えられてご機嫌だったようで、意外とちゃんと聞いてくれました。


G.W.が終わってやっと一息。一日だけの久々のゆっくりできたお休みでした。


ふぅ ( ̄▽ ̄)=3




一晩別居

テーマ:

毎日更新とか言ってましたがやっぱり無理でしたね( ´艸`)プッ


言い訳なんぞは別に他人様にはどうでもイイかとも思いますが、簡潔に書きますのでまぁ、きいてやって下さい。


仕事忙しい(G.W.は特に休みなし)

仕事以外はチャリがべったり。(ブログ内緒なので)


ちょっと簡潔すぎましたが、まぁ、ありがちな言い訳でした。


で、今日はどうして記事書いてるかというと、ですね。


タイトルの「一晩別居」なわけです。



今日は仕事が早く終わったので、まだ明るい内でしたがチャリつれて居酒屋の「わん」に飲みに行きました。

 始めの内は気分良く飲んでたのですが、終わりの方でチャリがザク吉の仕事を完全否定するような発言をしたため、ザク吉ブチ切れ。  です。


「てめー!家帰って一晩良く考えてひとりで反省して来い!!」



いやー、久々の一人を満喫


と言うほどドライにもなれず。いささかブリューな気分のザク吉です。


今日はブログ記事を書く気力などないと思っていたのですが、久々(5日ぶり?)にアクセスしてみたら、お師匠や兄貴のコメントなどが入っていて、だいぶ立ち直れました。


感謝です。


明日はちゃんとやさしくします。


ごめんなさい。






キャデラック

テーマ:

先日仕事先の元アルバイトの男の子と町田に飲みいったんですが(チャリ付)109と東急の間の通りで古そうなキャデラックに轢かれそうになりました。


ドライバーはかなり若いようでした。


「危ないなー」と思ったけど、ここでは以前セルシオにのった小僧に絡まれた事があったので、チラ見程度にして急いで立ち去りましたが。


以前のセルシオ小僧はザク吉が(チャリ付)横断歩道を横断中に後ろからクラクション鳴らしてきたので、「この非常識な馬鹿はどんな顔してるんだろう」と思って運転席をガン見してしまったので、ものすごい勢いでインネンつけてきました。


車ほったらかしで訳の判らない事をわめきながら、ついにはキャッツアイ(ゲーセン)や、ジェムの入っているビルの所までついてきました。


「相手にしない」というザク吉の態度が怒りに拍車をかけていたようです。


最終的にはザク吉が平にあやまって開放していただきました。


で、話は戻りますが、キャディに轢かれそうになった後3人で汁べぇに行きました。

炙りしめ鯖とおたふくオムレツを食べました。美味しかったですよ?

otahuku

謎のコップ酒ってメニューがあって、これを注文すると

「ナゾ一丁はいりましたー」と店員

「ナゾありがとうございまーす」とホール内店員のハモリ


になるので笑えます。