えん魔さん新作の舞台に 引き続き出演させて頂きます!

お時間 スケジュール合いましたら 是非ご来場下さい!


以下のアドレスから宮都謹次の扱いでご予約いただけます。
フォームに必要事項をご記入下さい。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=5b9cn6ddzhzc3vpw

伊藤えん魔プロデュース「ダーウィンの城」


それは進化なのか 破滅なのか
「俺達ハナゼウマレタ?」
愛と絶望、でっちあげ哲学とロックで奏でる生命賛歌

-----------------

■cast:

美津乃あわ
宮都謹次
鈴木洋平
田村K-1
伊藤えん魔
行澤孝(劇団赤鬼)
川添公二(テノヒラサイズ)
上原日呂(月曜劇団)
さかいしんご(ババロワーズ)
早川丈二(MousePiece-ree)

楠美さえこ
天野美帆
延命聡子(中野劇団)
西原希蓉美(満月動物園)
イトウエリ(空の驛舎)
南光愛美(劇団猫の森)

田守悠花(ジョーカーハウス)
小澤瑞季(ジョーカーハウス)
福井清香(ジョーカーハウス)
橋本真衣乃(ジョーカーハウス)
増田悠那(ジョーカーハウス)

後藤ひろひと(Piper) : 8日ゲスト
坂口修一 : 10日ゲスト



【日時】
2016年10月8日~10日
10月08日(土)19:30
10月09日(日)12:00
10月09日(日)17:00
10月10日(月・祝)11:00
10月10日(月・祝)16:00

【会場】
近鉄アート館

【チケット料金】
4300円(前売り/当日)
全席指定席


オフィス・ファントマ
http://wwwfantoma.info
【公演情報・内容等のお問い合わせ】
予約管理mail@fantoma.info


AD

vol.023

さて師匠からの連絡待ちの間に

vol.022の捕捉を…(今全く内容についてこれてない人は 少し記事をさかのぼるか この際ガッツリ初めから読んでみてくれたら嬉しいし お得です というか頑張ってほしい…)

ギア比を上げれば つまりは ペダル一周で後輪タイヤの回転数上げれば自転車は速くなる コレはvol.021を読んで理解していると思います

コレには 方法が2つ

チェーンリング(分母)の歯数を増やす



スプロケット(分子)の歯数を減らす

しか無いのです

チェーンリングの52Tというのは もうすでに大径のギアでして 上には60Tなんてのもありますが そもそもギア比を上げるとなると 分母より分子の歯数を減らした方が遥かに効率が良い というのは計算すれば明らか

とはいえ どちらにも限界があり

チェーンリングの60Tというのは かなり大きな歯車となり 不格好かつ情報によると よくチェーンが落ちるそうなのです

スプロケットの小径は 9Tというのがあるらしいのですが 歯数が9つしかない歯車では 消耗が激しく効率的ではないらしいのです

カセット式でトップギアに据えられているのは11t

この時僕が求めていたのもまさに 11tなのでありました

52t÷14t=3.71 を 52t÷11t=4.72 にしたかったわけです

たった歯数3つ違うだけで 後輪一回転違います!

コレは試すのが楽しみであります!

と 言ってるうちに四~五日経ちまして

TELが鳴ります!
AD

vol.022

てなわけで

師匠に「ではスプロケットの歯数を変えれば 速くなってパワーアップできるわけですね?」

と聞くと「そうです」「そうなんですが」「無理なんです」

「え!?」

ココで596-TIを購入した日を思い出してみましょう

師匠は「物足りなくなった時には頭打ちします」

と言っています

かなりややこしいので ごく簡単にします(興味がある人は検索してお勉強して下さい)

今販売されている自転車のスプロケットには二種類規格がありまして

一つを 安価で手軽で拡張性のない「ボスフリー式」

もう一つを 高価で便利で拡張性のある「カセット式」

という二種に別れており 僕の596-TIはボスフリーであるというのです

ではお手上げなのか?

方法は二つ

一つは カセット式の新しいMimiVeloを購入する(ちなみにカセット式の自転車は高価)

もう一つは後輪を全部 全パーツカセット式対応に買い換える(リム ハブ タイヤ タイヤチューブ ディレーラー ブレーキ チェーン シフター)

これには最低2万円~3万円 最大は果てしない(高級パーツは上限がない為)

なるほど…結果購入時に迷っていたメーカー車を買い直す か 後輪全部をカスタムして結果メーカー車を買った位の金額 はたまたそれ以上にお金がかかるか の2択となった訳か…(後輪を新しくするだけで もう一台596-TIが買えてお釣りがくるという馬鹿馬鹿しさ)

悩んだあげく…

「後輪カスタムで!」

師匠は驚いていた…買い換えると思っていたからだ

何故に僕がカスタムを選んだか?というと…「買い換えたのでは 結果買って乗るだけになるから」である

せっかく 596-TIと共に知識と経験を積んできたのだから このままカスタムにしよう!

結果お金がかさんでも 初期は10万以上のメーカー車を買おうとしてたのだから!パーツを一つ一つ師匠と選びこの店で組もう!

そう思ったのでした

師匠曰く「パーツの相性もあるので パーツを絞っておきます 候補とプラン 見積りが終わったら連絡します! しばらく時間を下さい!」

そして ドキドキで帰宅して 帰ってから新宿Y'sロードのMimiVeloコーナーで カセット式の車体を眺め

「こんなもの!パッと見た目でボスフリーかカセットかなんてわかんねぇでねぇか!」と心の中で大声で叫んだのでした…

本当に「ボスフリー」か「カセット」かは見た目じゃわからん!(タイヤがクイック式ならたぶんカセット式みたいな感じ…)


AD