真骨彫製法!



戦いの神・ガタッ…えっ!?



腰細っ!!



受注時のサンプルでも気になってましたがウエスト細っ!


まさに
戦いの神・ガリガリくん!?


ゴメン言い過ぎた(^^;
いい部分はあるんですけどね。アーツのバージョン2とかならいいんですが骨格から見直した『真骨彫製法』なんですからそこはこだわってカブトの流用を考えずガタックを1からしっかり作って欲しかったですね。カブトで指摘されたfigma式ハンドパーツも継続されたりカブト系真骨彫はもう少し頑張れたと思うのが辛いところです。

興味の有無もあって真骨彫はあんまり所有してないんですが、色んなオーナーさんの写真でクウガ、アギト、ディケイドは本物みたいな雰囲気を出してるので製品はバランス改善されてると思ってたんですけどね(^^;

写真だと分かりにくいですが



カブトと並べてもガタックの腰が細いのを感じます。これはスーツアクターの違いを出すためにガタックは細くアレンジしたそうで…
真骨彫のプロトタイプで細身を指摘されてたカブトより細いアレンジとは(^^;



真骨彫アギトとガタックを比べるとガタックにもう少し肉付けして欲しかったですね。こうして並べるとガタックは可動フィギュアらしくアギトはソフビっぽいリアルさがあります。



理想を言えばカブトをアギトぐらいの体型にしてガタックはカブトぐらいの細さだと文句なしでした。
なんというかヘッドやアーマーのクオリティが高く上半身だけ見ると本当に良くできてる、いや完璧なので惜しさが大きいんですよね。
ちなみに素立ちは腰が目立つもののアクションしたり俯瞰で見れば腰はそこまで気にならないレベルです。ただせっかくの真骨彫ブランド、コンセプトは貫いて欲しいのであえて言いたいです。アーツの初期コンセプトの小さな宝物感もいつの間のか聞かなくなったので(^^;




手のひらの左右が金銀に塗り分けされてたり、ガタックの特徴的なブルーも綺麗に塗装されてます。カブト(再販しか持ってませんが)は実際のカブトレッドより暗く感じましたがガタックはいい色です



ただレインボー造型企画が監修したCSMガタックゼクターのブルーと比較するとアーツの方がやや落ち着いて感じますね。むしろガタックゼクターは限りなく実物のカラーですがこんなに明るかったんだと思ってしまいます。



♪うんめいの~







ライダーカッティング!



ライダーキック!




やっぱりガタックはカッコいいです。以前のアーツのカブトライダーは正直言いたいことしかなかったので、こうしてリアルなリニューアル可動フィギュアが出るのは嬉しい限りです。
この調子でずっと待ってるマスクドフォームも太いコーカサスも目の色がエメラルドグリーンのハイパーカブトも真骨彫で出たらいいなと。真骨彫カブトはバイク含め集めますよ!……と思った矢先にダークカブトはイベント限定とかバンダイはそういうことする。

AD

赤い 赤い 赤い

テーマ:
じゃがりこの





ハロウィン限定赤いコンソメ味が出てました。




中身はこんな感じに…赤いというより紫っぽい赤さでキモいです(^^;


ということで!


タイトルの『赤い 赤い 赤い』と赤いが3つ並んでたら何が浮かびますでしょうか?

私は普通だと『戦え!仮面ライダーV3』のリズムで言ってしまいますが…最近あの赤いアイツ通り魔を頻繁に見かけるのでそっちのリズムで鼻歌混じりにレジに持っていってしまいました(^^;
主人公よりネタ枠優先するのにアーツ出ませんね。ただれたジラースのフィギュアはちょっと欲しい





AD

子供たちに感動を

テーマ:
台風の影響で暴風雨が激しくジャンプギガはさすがに明日にしようとコンビニで買ってもびしょ濡れになりそうで(^^;

立ち寄ったローソンで



パッケージから新発売シールが消えてるという衝撃!!
まあ約2週間経ったんで新発売ではないんですかね。日配食品といえコラボで2週間も継続されてるのも地味にすごい気がします。発売日から何回かローソン利用したものの見かけなかったんですが(^^;


今も昔もこどもたちの大人気ヒーロー!






ゴジラ

©イヤミ


『怪獣大戦争』を見ましたがこの辺から正義の怪獣らしさが強くなってますね。キングギドラの光線で飛び起きる姿は寝起きドッキリみたいでシュールだったなぁ…


そういう仕草も子供の支持を集めて今も続く人気や憧れとなって日本を代表する大怪獣でヒーローでアイドルでもあるんですね。


2016年の新しいゴジラも



こんな楽しそうな表紙の絵本になって子供たちのもとへ!


かんじは つかってないし かたかなにも ふりがながあるから たくさんのおともたちが よみやすい




歴代ゴジラも紹介され怪獣が盛りだくさん。



ちなみに『シン・ゴジラ』はこのように紹介されてます




さいしん!さいだい!さいきょう!






にっぽんをふみつぶす!?



これは見に行きたくなりますね!

『シン・ゴジラ』はきっと映画館で一生忘れない感動を与えてくれる映画になることでしょう!

感性豊かな幼少時期は怪獣映画は義務教育!!
最新!最大!最強のぼくらのシン・ゴジラ!!










AD