止まり木新刊 ドラマCD付き

テーマ:
出荷の遅れでAGPビス子が受け取れませんでした。早朝から出掛けてたんでヨドバシあたりで買ってくれば良かったなと思いつつ、それだとリアルにdreiになるのでzweiでいいかなと(今後バリエが出ないとも言えませんし)



予約し忘れてた『止まり木の鎮守府』3巻 ドラマCD付き限定版を買ってきました。

ドラマCD『鈴谷と熊野のサンドイッチ』は止まり木の内容とはまた違った鎮守府での鈴谷と熊野の1日って感じです。
ジャケットのイラストがバケットサンドですが熊野だとコンビニのサンドイッチのイメージが強いですね(^^;


登場艦娘は鈴谷、熊野、夕張、由良、時雨、夕立、朝潮、大潮、満潮、荒潮。
他に提督、白ワインを持つヨーロッパから来た謎の重巡ポーラ、明石、伊良湖がいる鎮守府であることがわかります。
鈴熊成分多めなのが素晴らしく、夕張がかわいく、朝潮型も好きなのでもう悶え苦しむレベルでした。荒潮はわりと普通なこと言ってるんですが脳細胞に不純なことばかり浮かんできて(←最低だと思う)

百合っぽさありでも最後は提督とラブラブなのも良かったです。ドラマCDって全部提督ラブ的な気もするんですけどね。そういえば1~3と回を増すごとにキャストが一人増えてるので次回あれば4人の収録になるんでしょうか?音のみで聞いてるからか脳内映像が都合よく毎回エンジェル度高いので色んな艦でどんどん増やしてほしいです。

『止まり木の鎮守府』は



いよいよ文化祭当日とほんわかしてるようで摩耶や霞周辺はけっこうシリアスだったり



検閲済印に



血痕らしき後が目立って過酷な戦闘と記憶による艦娘の精神ケア施設的なものだと予想はついてきたものの怖すぎる装丁です。
今回も可愛いシーンとギャグは多めでしたが今後さらにシリアスになるんでしょうか。
AD
鎧武ライダーは色んなバリエがあるので正直全部言える自信無いんですけど



夏みかんアームズもあるんですね。


面倒だった用事が終わりやっと本屋に行くことができたので予告聞いてから楽しみにしてたホビージャパン買ってきました。
先程のレーザーブレードほど光の早さで絶対欲しい!って言えるほどのタイトルは珍しいですけど、普通にホビー誌読んでると物欲刺激されますね(^^;



この和服の隙間が俺を狂わせる!?ホビージャパン限定でなぜかこのタイミングでゆきめ。
普通に世代なのとかなりかわいい造形なので気になるんですが…



はだけれる!?!

いいんですか!少年誌のヒロインですよ?!
見えるようなふりして原作再現でジャンプロゴだったりするんですよね(^^;
連載中の『ワ○ピース』のフィギュアも上はセーフですし、当時の読者は大人になってるであろうからセーフってことでしょうか!?
もしかしたら妖怪ですし和装なので小さい雪だるまどけたら穿いてない可能性もあるのではないでしょうか…

これは自分の目で確かめるべきなんでしょうか、学術的な興味のためにポチるべきではと思ってしまいます(妖怪学・民俗学的見地)




摩耶の躍動感見てるといいなって思うのと、高雄のスリットはかなりけしからん気がします。メーカーは違いますがどうせなら四姉妹揃えたかったので愛宕スルーしたのがネックですね。正直艦これは種類多いんで可動のみにしぼって固定は手を出さないとかどの口が言ってたのかって予約をしてます(^^;
切実なスペースという問題!予算もスペースも未来の俺に託して今を生きるんだ!(こんな大人になっちゃいけませんよ)


色々誘惑があるんですが個人的に楽しみにしていた



ゴジラ特集

インタビューや圧倒的なジオラマ、作例と読みごたえあります



モンスターアーツの第二、第三形態ちゃんも竹谷さんの原型で進んでるようで楽しみですね。



タバ作戦中心の活躍した自衛隊の模型作例が濃密で、ミリタリー知識が薄い私なんかにはありがたい兵器写真と解説まで載ってるありがたさ。



こちらはモンスターアーツを使用したヤシオリ作戦のジオラマ、映画公開からの短期間でここまでリアルなジオラマというのもすごいです。
このジオラマ見てると実際のシーンを確認しにまた映画館へ行きたくなります。



エヴァコラボに難色示していましたが本格的なジオラマと書き下ろし小説も付いてて『ゴジラ対エヴァンゲリオン』も楽しめました。
初号機がメーサー兵器を持ってたり見所満載です。

今月のホビージャパンは『シン・ゴジラ』ファンはというより造形的なゴジラ好きや怪獣ジオラマ・ホビーファンには保存版の一冊だと思います。

AD

光る!鳴る!叫ぶ!

テーマ:
宇宙刑事ギャバンのレーザーブレードが発売!



フィギュアも嬉しかったですが、30周年の時からこういうアイテムも欲しかったですね!
現代のなりきり玩具の技術で発光はもちろんサンプル画像では発光してない状態に見えるクオリティの高さにも注目ですね。

何がすごいかって

ギャバンこと大葉健二さんの新録セリフをしゃべる!!


つまり今のギャバンと一緒に戦えるってことですね!

主題歌が流れる、そしてレーザーブレードのテーマが流れる!!


宇宙刑事と言えばレーザーブレード!というほどレーザーブレードしか語らなくてもオフ会が終わってしまうほどレーザーブレードですが、玩具なのに見事なレーザーブレード理解・再現されてますね!
ちなみに他の挿入歌は自分で歌えばさらに再現度があがるはず!!




発光ギミックが手を赤外線感知し触れた部分から発光するというバンダイの技術が銀河連邦警察もビックリなレベルになってるのもポイントですね!

――商品概要
商品名:TAMASHII Lab 宇宙刑事ギャバン レーザーブレード
発売予定日:2017年1月28日(土)
メーカー希望小売価格:16,200円(税 8%込)/15,000円(税抜)
対象年齢:15歳以上
サイズ:全長約810mm
主な素材:ABS、ダイキャスト
セット内容:本体、専用台座(右手・左手)、ブックレット、スペシャルメッセージカード
電池:単4電池×3本(別売)
販売ルート:全国の家電・量販店の玩具・模型売場、玩具店、模型店、インターネット通販など
※2016年9月1日(木)より予約受付開始――


1月か…いやしかし、これは何が何でも入手しなければ!!
このままシャリバンのレーザーブレードやクライムバスター等宇宙刑事の武器シリーズが出てほしいですね。


AD