ADALTIORA SEMPER

常により高きを求めて


テーマ:

Yann Frisch


Yann Frisch - Baltass



ヤン・フリッシュは前回FISMのクロースアップ部門のチャンピオンです。

彼の独特の演技はFISM前から話題となり、結果、FISMで優勝、その名は世界中に広がりました。

EMC2012にも参加し、そのルーティンのエッセンスを惜しげもなく語りました。

フランス出身で現在はパリに在住。

1990年生まれ、僕の2歳年上ですね(汗)
(同年FISMステージチャンピオンのユ・ホジンは僕と同い年)

彼は10歳の頃にジャグリングとマジックに興味を持ち、その後サーカススクールを幾つか転々とし、17歳の頃にこのFISMアクト“Baltass” の着想を得たようです。



フランスにはマジックにジャグリングを組み合わせる風潮がとくに目立ちます。

ステージで有名なノベール・フェレ / Norbert Ferreもステージアクトに上手くジャグリングを組み合わせています。

リンゴのアクトで有名なピロウ / Pilouもまたフランスです。

クロースアップではベベル/Bebel ジャン・ピエール・バラリノ / Jean-Pierre Varallino が有名ですね

フランスクロースアップはやはりモンキームーブ、トリッキーな印象が強いです。

最近の人ですが、マネーピュレーションというコインのDVDを出したローレンス・ゴードン / Lawrens Godonもフランスでジャグラー兼マジシャンです。

その激しいハンドリングはなるほどジャグリング的です。


ヤン・フリッシュも“Baltass” の各所でジャグリングを織り交ぜています。


彼の演技を見て、僕はかなりの衝撃を受けました。

演技スタイルはもちろん衝撃的で初めは受け入れるのに時間が掛かりましたが

慣れてしっかり見てみると、なんと合理的な演出だろうか、と膝を打ちました。


まず、彼の演技の特徴としては音楽を使わない事。

無音です。冒頭でお見せした映像でも分かるように観客のリアクションがよく聞こえます。

通常、演技を作る際、喋らない演技、いわゆるサイレントではそれにあったようなBGMを付けるものです。

ですが、彼は全くの無音。まさにサイレント
彼の演技の特異性のひとつです。

次に、全体を通してピュアなスライハンドのみで構成されている、ということ。

現代コンテストにおいて、ギミックの存在は無視できません

同年FISMのカード部門チャンプのヤン・ロッジマンの演技を見ればよくわかるでしょう。
(映像はありませんが、手元にある1枚のカードが何度も公明正大に変化、フリーなカードにも変えられる様です)

ですが、ヤンフリッシュは完全なピュアなスライハンド。

以前ブログにも書いたように彼は体術を持ってして核兵器に勝ったのです。
マジック界の範馬勇次郎です。





彼について話す時に無視出来ないのが演出

決して「良い」とは思いませんが、「凄い」、そして「興味深い」

狂ったような、手のおぼつかない、落ち着きの無い、冴えない格好、という演出。


とても異端です。こんなのみたことありません。

一般的にマジシャンはクールキザに決めるモノです。

同年FISMステージチャンプのユ・ホジンとは対局のような演出です。


マジシャンがアクトを作る時、現象演出をどうするかを考えるはずです。

僕の勝手なイメージですが、多くのマジシャンが
演じたい現象と見せたい技を決め、そこからそれに当てはめるように演出をつけていくコトが多いと思います。

もちろん、演出を考え、そこに現象と見せ技を当てはめていく方もいると思います。


どちらでも良いと思うのですが、それぞれがそれぞれを補助している形が理想だと思います。

どういうことかというと、

演じるマジックが持つ不合理や矛盾演出によって合理的にして矛盾をなくす事が出来ていればそれは、素晴らしいアクトだと思うのです。

ヤンフリッシュのアクトではあるシークレットムーブを何度も何度も使うのですが、
あの演出のおかげで、普通なら不自然な体勢や動きも自然になり、違和感がなくなってます。





次に現象について。

一言で表せば「カップとボール」なのですが、いわゆる「被害者アクト」でボールに翻弄される演出です。

ボールも一般的に使われるような小さなものではなく、大きく弾力性のありそうなモノです。

現象面で感銘を受けた点は多いのですが特に、

「保留」の概念を上手く利用しているところに、感銘を受けました。


僕はマジックにおいて「保留」をいかに理解し利用するかを前々から考えていました。

カードマジックにおける保留とは「裏面」です。表面には52種類ありそれぞれに個性があるわけですが、裏面は52枚全て同じ。カードの裏にはいくつかの概念があります。

一つ目が「同一性」、すべて同じだから、区別が付かない。これはカードの大前提です。
そして2つ目が「保留」、一度表面を提示され、それを裏にすれば、そのカードの表面は見えていなくとも、そのカードが何なのか分かるわけです。

これはカードの裏表の特性で、カードマジックはこれらの特性を利用しているわけです。


コインマジックにおける基本的な保留とは「握るコト」つまり「見えないコト」です。

基本的な消失から、ワイルドコインのような複合現象まで、この見えない状態をいかに上手く利用するか、つまり見えない状態を観客にどう捉えさせるかが、重要です。

保留の概念についてはこの辺にして、


ヤンフリッシュはこの保留を上手く利用していると思います。

このアクトではカップが保留スポット

被害者アクトととても相性の良い保留の使い方です。


そして保留スポットと現象スポットが同じなんです。

だから見ている方も置いてきぼりにされない。カップを見ていれば良いのです。

使ってる道具の少なさも魅力のひとつです。


また現象の構成について
後半に進むにつれて、より不思議に、現象は大きくなっているあたり
かなりの時間をかけてこの演技を作ったのだと分かります。



彼のコトを

Slydini + Chaplin x LSD = World Champion of Magic

とRudy Cobyが表しています。

お分かりでしょうが
World Champion of Magicはヤンフリッシュのコトで
LSDは薬物ですね、狂った演技を表しています。
この表現を見たときに、まさに!と思いました。

ヤンフリッシュはコインマジックももの凄く上手いんです。
Instantané #16 | Yann Frisch



愛好家の方ならこれを見てすぐにSlydiniが頭に浮かぶと思います。



このヤンフリッシュのアクトは現代において随分イレギュラータイプだと思います。

ですが、このタイプがどんどん増えて来ると思います。

一時期、韓国のクロースアッパーが全員バラリノかぶれだったように、

ヤンフリッシュに影響を受けたマジシャンが今後、たくさん出て来ると僕は予想します。



もしかしたら僕もその一人だったりしてね;)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
寒かったり暖かかったり地球って気まぐれね。

こんにちはジョニーです。

最近、早起きがマイブームです。


ブームとかじゃないんですけどね。

最近早起きを意識してます。

大学の授業が始めれば早くても9時には大学に行けばよく

学校まで徒歩6分な僕は8時に起きれば超余裕な訳です。

で、その学校がない時期、とくに用事のない日は昼前に起きてしまうんです。

時間もったいないな~。ってことで早起き!

社会人になればイヤでも早起きするはずなので、今から慣れとこうか、みたいな。





さて、今日はマジックのお話。


僕はコインマジックが大好きで、特に

コイン+○○

といったコインに他のマテリアルを組み合わせるのが好きなのです。


思いつく限り書いてみました。
足りないモノは数人の方に「これもあるよ」って教えてもらいました。
協力してくださった方々ありがとうございました。


+カード
+透明のカード
+ペン
+ウォンド
+グラス
+カップ
+ハンカチ
+シルク
+タバコ
+ライター
+穴
+箱
+風船(コンドーム)
+漏斗
+ペール(バケツ)
+クリーム
+小瓶(塩瓶など)
+瓶(ボトル)
+パース
+がま口
+紐
+紙
+筒
+指輪
+携帯電話(スマホ)
+コースター
+金属塊
+音叉
+ミニチュアテーブル
+服飾全般
+札
+プチプチ
+鏡
+机
+虹の模型
+定規
+消しゴム
+偏光板



これを見て、マジシャンなら

あぁ、あのトリックの事ね。

と分かると思います。

同時に

それとそれ一緒じゃない?

え、もっとあるよね?


と思うのもいくつかあると思いますが、今回は以下のような基準で書き出してます。


まず

スペルバウンドで変化する対象は手のサイズにおさまるのモノなら何でもありになるので保留。

※スペルバウンド:コインの色や形がどんどん変化する現象。

コイン in ○○は、その○○が結果の場合、それこそ、無限にありますから保留。

※コイン in ○○:コインが不可能な物体に入る現象。


今回書き出したのは、コインと絡めたハンドリングで構成されるトリックに限ってみました。

物体としての役割が同じモノは省略してます。

また

・その物体の特性が反映される場合は物体の形が似ていても分けています。



例えば

演出で、ウォンドの代わりにナイフを使ったとしても、
その演技の中でナイフがナイフとしての役割(モノを切る)を果たして無い場合などは省略してます。

また

ペンとウォンドはマジック上での用途は酷似してますが、
ペンにはキャップがあり、それには役割と演技の中で用途があるので、別にしました。


グラスとカップは役割は同じですが、
グラスは透けて見え、カップは透けて見えない
という特性が違うので別にしました。

ハンカチとシルクも同じ理由で分けてます。



いかがでしょうか?


大体こういった基準で分けているのですが、

書いていて気になったのが、マジシャンの間では

ペンとコインは非常に慣れ親しんだプロットなのですが、

演技の中でペンがペンである必要性があまりないのです。

ペンの役割とは「何か書く事」です。


何か棒状のモノ


ということならウォンドで良いわけですが、キャップを絡めるにしても
それはペンでなくてもいいわけで。

身の回りにあるものを使う事で、観客に無駄な疑念を持たせない

と言ったところに落ち着きそうです。

演出上での問題もあるのですが変にマジシャンの中で当たり前になっている事、多い気がします。


じゃあ、そもそもなんでコイン使うの?


という根本的な質問をたまに見かけるのですが、


そこにコインがあったから。


ではダメですかね。


そんな質問をするのはマジック愛好家くらいのものですが、



では、


じゃあ、なんでマジックするの?


という質問の答えを提示してもらってからその質問をもう一度して欲しいです。





さてさて、


カードと比べて見ても、コインは

他のマテリアルと組み合わせが多いです。

それはコインの持つシンプルさゆえでしょう。

良くも悪くもシンプルなのがコインの特性だと思います。


シンプルゆえに様々な可能性を秘めているのです。

だから、僕はコインが大好き

コイン1枚、もしくは複数枚で手順を作るのも楽しいですがね。



カードはそれ自体に情報が沢山詰まってますから、様々な現象を作れますが

コインはそうもいきません。

現象が非常に限られています

消失、出現、移動、貫通、変化、交換

細かく言えばもっとありますが、このくらいでしょう。

移動や交換は、消失と出現の組み合わせですしね。


この数少ない現象とシンプルさを補う為に

様々なマテリアルを組み合わせるのです。

実際に組み合わせる事で現象のパターンが増える訳ではありませんが

見た目が全然違います。

マジックはエンターテイメントですから、見た目が大事。


マジックの見た目はもちろん、マジシャンの見た目も、ね


いつか、マジシャンの見た目についても書けたら書こうと思います。


今日は凄く真面目に書いちゃいました。

部屋が寒くて震える指でタイピングしている僕を誰か哀れんでください





嘘です。



暖房でぬくぬくです。


早く暖かくなって欲しいですね。


いち早い春の訪れを心に抱きながら、今日はこの辺で。


ではっ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。