タブーなこと?

テーマ:
{81AD2DD3-52CA-494C-916B-D03CB6224917}

先日、英会話レッスンを終えたYさんが
クラスの様子を話してくれました。
 
なんでもその日は
ピアノの先生をしているメンバーさんが、
教えてる小学生の子の手が小さいから
鍵盤に届かないという話をし、
そこから話が始まりかけていたところ、
トーマスが
「アメリカじゃ、
身体の否定的なこと,どんな些細な事でも、
本人やましてその親に絶対言っちゃいけない」
 
他の人     「え?子どもの手が小さいもダメ?」
トーマス 「ぜーーったいダメ!」
他の人  「え?でもただ。。。。」
トーマス 「ダメダメダメ」
 
その押し問答の様子がおかしくてしょうがなかった、、、
との事。
 
東京オリンピックもあるから
いろんな文化を吸収して気をつけよう
という事でまとまったようですが(笑)
 
これで、思い出したのは数日前、
トランプ大統領の件で、
ニュースでは日米どうのこうの、移民がなんのと
政策について杞憂している中、
うちでは
「彼は、手が小さいと言われるとぶちギレる」
というようなつまらない事で盛り上がっていたのです。
その話を聞くまで、手なんて気にして見たこともなかったので、
ちょうどテレビに映ってた大統領をみて、
「ほんとや、手、ちっさ!!」
と呟いたら、
トーマスが
「絶対本人には言ったらダメだ!
絶対すぐクビになるぞ!」
 
( いや、そんな要職に就くことないし、
会うことだってないだろうし、
私が入国できるかすら怪しい、笑)
 
で、それらの言葉を検索してみると、
大統領のやんちゃぶり(?)に腹を立てた人たちの書き込みに
身体を揶揄する言葉の多いこと・・・。
いくら嫌いでもそれはあかんでしょう。
 
アメリカではそういうのはダメじゃなかったんですか。
トーマスは、古き善きアメリカの事を言ってたのでしょうね。
 
さて、今日は どんな手でしょう
 
はい、バレンタイン手ー です~~
 
AD

コメント(4)