家畜伝染病の口蹄疫感染拡大で、消毒薬を製造する製薬会社が対応に追われている。感染予防や備えのため九州だけにとどまらず、全国的に需要が高まり、一部で供給が追いつかなくなっている。

 動物薬を取り扱っている明治製菓(東京都)は、宮崎県内で感染疑い例が発見された4月20日から1カ月間に、消毒薬を5年分出荷し、「現在も生産が追いつかない」(同社)状態。あすか製薬(東京都)も4月末に九州からの注文増で在庫切れになったが、今月中には年間数量(約4~5トン)の2倍の増産体制を整えて、要請に応える。また、イギリスから消毒薬を輸入しているバイエル薬品(大阪市)は、通常は船便だが、計50トンを緊急空輸し、九州を中心に優先的に出荷し、すでに在庫がない状態という。

【関連ニュース】
【現地の深刻な状況を写真で】口蹄疫、感染拡大が深刻化
宮崎・口蹄疫:宮崎牛 希望の6頭 元気に過ごす
宮崎・口蹄疫:全頭処分 4町苦渋 生産農家に重い方針
口蹄疫:民泊の受け入れ中止 北海道の酪農家、ウイルスを懸念
J1広島:選手会などが口蹄疫義援金

幹部から連立離脱論=社民(時事通信)
<事業仕分け>第2弾後半2日目 浄化槽設備士、試験講習丸投げ(毎日新聞)
韓国哨戒艦沈没 官房長官「極めて遺憾」 北朝鮮関与で(毎日新聞)
【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(上)「総理 なぜ決断できぬ」(産経新聞)
口蹄疫、責任追及より対策強化が先決…首相(読売新聞)
AD