平野博文官房長官は15日午後の記者会見で、米紙ワシントン・ポストが先の核安全保障サミットで「最大の敗者は迷走続きの鳩山由紀夫首相」と論評する記事を掲載したことについて、「一国の首脳に対して、いささか非礼な面があるのではないか」と不快感を示した。
 記事では、オバマ米大統領と約90分間会談した中国の胡錦濤国家主席が「勝者のリストのトップに位置付けられる」とする一方、首相については「慰めとして(大統領に)非公式会談をしてもらった」などと酷評。これに対し、平野長官は「時間の問題ではなくて、いかに機会に接するかという観点から大事な意見交換の場だった。たとえ(非公式会談が)10分であろうが有意義な機会であった」と強調した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

防衛相「(米軍施設は)迷惑施設」 参院外防委で(産経新聞)
国会議員と患者関係者でがん対策勉強会(医療介護CBニュース)
<文科省職員>女性のバッグから財布 窃盗未遂容疑で逮捕(毎日新聞)
<核安保サミット>幸夫人同行せず 首相「公務専念」演出?(毎日新聞)
石原知事は出馬せず 夏の参院選で平沼氏(産経新聞)
AD