講談社は24日、隔週刊の若者向けエンターテインメント情報誌「TOKYO1週間」と「KANSAI1週間」を6月8日発売号で休刊することを明らかにした。
 首都圏対象の「TOKYO-」は1997年11月、関西圏対象の「KANSAI-」は99年3月に創刊され、発行部数はそれぞれ33万部、35万部でスタートした。しかし、インターネットの普及で若者が無料で情報を入手できるようになったことなどで売り上げが低下。最近は共に約8万部に落ち込んでいた。 

【関連ニュース】
「週刊ゴング」の出版社が破産
「ハイファッション」「銀花」休刊へ
自動車誌「NAVI」休刊
「フォーサイト」休刊へ=新潮社
「学習」「科学」来春休刊=最盛期670万部

<社民>同意人事の対応に苦慮 政府は事前調整に否定的(毎日新聞)
雄にたてがみ生えず、雌に角? =性別取り違え-札幌市円山動物園(時事通信)
長男の首絞めた母逮捕=意識不明、殺人未遂容疑で-岩手県警(時事通信)
ネット違法情報 削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁(毎日新聞)
元市職員ら、争う姿勢=3児死亡飲酒事故の民事訴訟-福岡地裁(時事通信)
AD