北沢俊美防衛相は27日、長野市内で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で「普天間の基地機能をどう極力県外に移すかだ。60機あるヘリコプターを全部引き受けてくれる所はない。2カ所くらいに配置を変える」と述べ、沖縄県名護市のキャンプ・シュワブ陸上部に移転させるのに加え、徳之島(鹿児島県)など県外にも分散させることを検討していることを明らかにした。

 北沢氏は「25日の夜に私が(沖縄県の仲井真弘多)知事に説明し、26日早朝に岡田克也外相がルース米大使に説明した」と語り、既にこうした方針を沖縄と米国に伝えたと表明した。この後、記者団に「2カ所か3カ所なのかは言えないが、複数で考えていることは間違いない」と説明した。

【関連ニュース】
鳩山首相:海沿いのホテルで静養 夫人と千葉・鴨川へ
小沢幹事長:「民主党は政権党の認識がまだ甘い」
鳩山首相:普天間問題 県外移設に向け全力挙げる考え示す
普天間:ヘリ部隊の訓練移転に難色 米太平洋軍司令官
普天間移設:「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相

<黒澤明財団>伊万里市が支援確約書 設立時、佐賀県に提出(毎日新聞)
<強風>21日夕にかけて20メートル超す風も(毎日新聞)
【科学】注目される粘菌の高度な「知性」(産経新聞)
ペコちゃん盗、「社会的影響大きい」と実刑(読売新聞)
遼取材のカート暴走事故、カメラマン書類送検へ(読売新聞)
AD