職務質問をした警察官に体当たりしたとして、沖縄県警那覇署は14日、在沖縄米海兵隊上等兵、クリストファー・マイケル・ブルックス容疑者(24)を公務執行妨害容疑で、一緒にいたジャマル・マキース・ゲイリー容疑者(23)も道交法違反(酒気帯び運転)容疑でそれぞれ現行犯逮捕した。
 逮捕容疑によると、ブルックス容疑者は、赤信号を車で無視したゲイリー容疑者に職務質問しようとした男性警察官に体当たりした疑い。ゲイリー容疑者は14日午前0時55分ごろ、酒を飲んだ状態で、那覇市の「国際通り」を車で運転した疑い。呼気検査の結果、基準値の約5倍のアルコールが検出されたという。警察官は顔に打撲を負った。 

【関連ニュース】
飲酒人身事故の警部補停職=処分受け依願退職
虚偽の調書作成の疑い=警部補を書類送検
7人制ラグビー元日本代表を逮捕=酒気帯び運転で事故
牛丼店に強盗、18万奪う=容疑で香川大生逮捕
元ホスト、殺意否認=3キロ引きずり死初公判

近くの人がAED、効果明確=社会復帰率は2倍-不整脈患者で調査・京都大チーム(時事通信)
「転売すると高く売れた」 英マクラーレンのベビーカー窃盗 29歳無職男逮捕(産経新聞)
<火災>民家から出火 男性?1人死亡4人搬送 大阪・茨木(毎日新聞)
能古島切断遺体 尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)
核持ち込みの可能性に言及=有事で日米合意が前提-亀井氏(時事通信)
AD