坂内勇気の活動日記

舞台を中心に活動している役者・坂内勇気です。
日々のあれやこれやを書いていきます☆

☆★☆出演情報☆★☆


LIVEDOGプロデュース公演
『ファントム・チューニング~調霊探偵・四十万八十二の事件簿~』
【原案】細川博司
【脚本】高島紀彦/松多壱岱
【演出】高島紀彦
【音楽】MK-KING
【歌】いせひなた(和ロックバンド輝夜-kaguya-)

【日程】2017年8月2日(水)~6日(日)
【劇場】新宿村LIVE

〈公式HP〉
http://livedog.net/phantom/


<出演>
田中彪  仁藤萌乃  瀬戸啓太

Kimeru

倉本夏希 咲良 木村えり
真部小夜 篠宮穰祐 打田マサシ
柴田茉莉 琉河天 甲斐千遥
崎嶋勇人 渋谷将 久保雄司
瀧澤優子 宇賀祐太朗 中嶋尊望
坂内勇気 前中りょう 真僖祐梨
小夜 神代よしき 村田諒人
工藤美輝

いせひなた(友情出演)

<スケジュール>
8月
2日(水) 19時◆
3日(木) 14時◆/19時★
4日(金) 14時◆/19時★
5日(土) 13時 /18時
6日(日) 12時 /16時
※開場は開演の30分前、当日券販売は開演1時間前より。
※◆印は前売・当日共にS席6000円、A席5000円です。
※★印は終演後にトークイベントを開催します。
※上演時間は約120分を予定しております。

<チケット>
▼料金: (全席指定・税込)
【S席(※1)】前売:6500円 / 当日:6800円
【A席】前売:5500円 / 当日:5800円
【初日割、平日昼割(※2)】S席:6000円 /A席:5000円
【ガク割(※3)】A席:4500円
※1 数量限定。カルテットオンラインのみのお取り扱い。最前列含む前方列のいずれかのお席にご案内します。ご希望の出演者のブロマイド付き
※2 平日昼公演のみに適用。前売当日共、同じ料金となります。
※3 数量限定、無くなり次第終了。カルテットオンラインのみのお取り扱い。小学生以上の学生が対象。事前予約・事前入金し、当日受付にて学生証を提示しチケット受渡し。事前にチケットの発送はしません。(お座席はA席になります)

☆★坂内勇気扱い 予約フォーム★☆
https://www.quartet-online.net/ticket/phantom?m=0fhbgaj


【一般発売】
2017年6月24日(土)午後21時より発売
<お問合せ>
制作部(LIVEDOG)
[MAIL]info.stage.my@gmail.com

テーマ:
時間制作さんの舞台
『手を握る事すらできない』

観劇して来ました。





高校でのいじめが話の本筋。

素直な感想、凄いんです。

時間制作さんらしく、超絶ヘビーでした。

毎度の事、観客のみぞおちにズドンっと重めのボディーブローをお見舞いして来ます。

前観た作品よりも重くキタなぁ。

観終わった後、腹筋が痛かった。

当然笑いのそれとは全く違う、締め付けられる感じ。



ただ、涙は出なかった。

泣けるけど泣けなかったのは
泣くべきじゃないと思ったんかな…

劇場に広がるすすり泣きの音に違和感を感じ…
「この感動してる感じって何なんだろう…」
なんて思ったり…

これは自分の経験からそう反応したんでしょう。

自分自信への戒めとして
「お前は呑気に泣いてんじゃねぇ」と。




僕は小さい頃から、よくいじめられました。

まぁイジられたが正しいかな、今から思えば。
名前が「勇気」のくせして泣き虫でね、格好の獲物だったんです。

まぁこの舞台の内容に比べたら「小競り合い」レベルでした。

でも、嫌なものは嫌だった。



そんな僕も、自分より弱い子をイジったりもした。
傍観者にもなった。
相手が弱ければ、自分に被害が来なければ、の感覚。



そしてこの「いじめ」「イジリ」「小競り合い」

成長していくうちに無くなっていく、無責任な事に。
「なんであんな事してたんだろう…」って思っちゃう。
過去のものとして忘れていく。

でもたまに思い出したりして自分の引き出しから取り出して懐しみ…自己嫌悪。

「過去のいじめ引っ張り出してノスタルジックに浸ってんじゃねぇよ、バカめ」





事実、僕はいじめられたし、そのくせいじめもした、傍観者にもなったんです。

その贖罪の感覚が、涙を止めました。





本当に簡単な問題じゃない、学校のいじめ問題。

僕のコメントもおこがましいんですけど、でも触れずにはいられなくなってしまう…





この作品の提示したものが「いじめ」の全てでは当然ないんだけど、観る側の感覚を嫌というほど引き出されました。

片方のチームしか観れませんでしたが、全キャストに「辛かったでしょう、お疲れ様」と言いたいです。

時間制作さんは何度か拝見してますが、毎回生きる上での宿題をくれる、素敵な劇団です。

いつか役者として向き合いたい劇団のひとつです。





…なんて色々考えてたら出演してた仲間と写真撮るの忘れたーーー!!!

藤原冴瑛子と高取千鶴。

サエコ、ちづ、お疲れ様!!!



替わりにサエコがくれたハガキ載せとこ…

{8D5B2A6D-2299-49DF-86CC-817393506925}

ありがとう☆





長々とすみません。
観てくださり、ありがとうございました!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。