レーティングシステムへのアクセスはこちらから http://lazyabcd.es.land.to/index.htm

2005-01-22 15:16:40

ラウンド2 ore vs Sou

テーマ:ABCD(大会結果)
Terminal Cup 1st
ラウンド2 マッチ再現
Ore vs Sou 

Free TCG Terminalからの刺客Ore氏と
今回の優勝者Sou氏の対戦。
デッキはSou→闇ウィニー+除去
Ore→3色白単=もともと闇に強い光をベースに
対水に天使装甲、対闇に点火を搭載した正にメタの申し子
のようなデッキだ。

マナカーブに沿ったきれいな展開が命のSou氏か?
テンポを犠牲にし、対応力で戦うOre氏か?
注目の第一ゲームだ。

ゲーム1

さてそれでは実際の試合を見てみようか。
開始ターンにoreが風の防御円陣をリサイクル後にマリガンする
というちょっとしたテクニックを披露。
対人戦ではこういった類の“ちょっとした情報”を知っている、
知らないが大きく影響するものだ。

ore:ではよろしくですー
Sou:よろしくです~

ore:手札5枚、MP2、属性なし
場:
場:
Sou:手札6枚、MP2、属性なし

【Turn1】
ore:マリガン、セット光のクリスタル(MP>3、光1)
Sou:セット闇のクリスタル(MP>3、闇1)、召喚>不死骨格

ore:手札4枚、MP3、属性 光1
場:
場:不死骨格
Sou:手札4枚、MP3、属性 闇1

光のクリスタル。闇使いにとってこれほど見たくないもの
もないだろう。カジュアルプレイなら即悶絶モノ&チャットに
ゴーだがなにしろ今回は大会。

ちなみに、対光においては即死の枚数がそのまま有利不利の係数と
思っていい。その点今回のSou氏のチューンはばっちりの4枚
搭載。これをきちんと引いてこれるか??

【Turn2】
Sou:配置>闇のクリスタル(闇>2、MP>4)
Sou:不死骨格アタック(Ore HP20>19)
Ore:配置>虹色のクリスタル(Ore MP>4)
Sou:召喚>子鬼

ore:手札4枚、MP4、属性 光1
場:
場:不死骨格、子鬼
Sou:手札3枚、MP4、属性 闇2

【Turn3】
Sou:配置>闇のクリスタル(闇>3、MP>5)
Ore:属性抽出(ログからでは効果分からず・・・)
Sou:子鬼アタック
→Ore:ブロッカーなし、点火
→→Sou:子鬼破壊
Sou:不死骨格アタック(Ore HP19>18)
Sou:召喚>黒騎士

ore:手札4枚、MP4、属性 光1
場:
場:不死骨格、黒騎士
Sou:手札2枚、MP5、属性 闇3

【Turn4】
Sou:黒騎士アタック(Ore HP18>15)
Sou:配置>闇のクリスタル(MP>6、属性 闇>4)
Sou:不死骨格アタック(Ore HP15>14)
Ore:属性抽出
Ore:召喚>格闘僧
Sou:詠唱開始>即死
Ore:配置>虹のクリスタル(MP>5)

ore:手札3枚、MP5、HP14、属性 光1
場:格闘僧
場:不死骨格、黒騎士
Sou:手札1枚、MP5、HP20、属性 闇3

虹色を使う際に悩みの種なのがそのft。300かかるので、
大抵のクリーチャーは同じターンに召喚できないため、
テンポが阻害されてしまう。序盤不利を覚悟の上で使うカードだ。

一方、クロック命のデッキには入らないものの、今回の
ore型3色白単などのコントロール寄りのデッキでは対応力の
増強という素晴らしいアドバンテージをもたらしてくれる。

【Turn5】
Ore:属性抽出
Ore:属性抽出
Ore:格闘僧アタック(Sou HP20>18)
Sou:黒騎士アタック(Ore HP14>11)
Sou:不死骨格アタック(Ore HP11>10)
Sou:即死発動>Ore格闘僧破壊
Ore:召喚>聖騎士
Sou:召喚>黒騎士

ore:手札3枚、MP5、HP10、属性 光1
場:聖騎士
場:不死骨格、黒騎士、黒騎士
Sou:手札1枚、MP5、HP18、属性 闇3

【Turn6】
Ore:属性抽出(ログからでは効果分からず・・・)
Ore:属性抽出(ログからでは効果分からず・・・)

もはやそこかしこで見られる光景。虹色プレイヤーは毎
ターン属性抽出をターンはじめにが基本。忘れるプレイヤー
も多々いるが、何か引いてきたときに困るのはあなただ。

Ore:聖騎士アタック
    △0点 ▽3点
Sou:不死骨格ブロック
→不死骨格復活、戦闘終了
Sou:黒騎士アタック
→Ore:ブロッカーなし、因果応報
→→Sou:黒騎士破壊
Sou:黒騎士アタック(Ore HP10>7)

ore:手札3枚、MP5、HP7、属性 光1
場:聖騎士
場:不死骨格、黒騎士
Sou:手札1枚、MP5、HP18、属性 闇3

【Turn7】
Ore:属性抽出
Ore:属性抽出
Sou:不死骨格アタック
    △1点、3点 ▽0点
Ore:点火、聖騎士ブロック
→不死骨格破壊
Sou:黒騎士アタック(Ore HP7>4)
Ore:召喚>格闘僧
Ore:配置>虹色のクリスタル(MP>6)
Sou:配置>闇のクリスタル(MP>6、闇>4)

ore:手札2枚、MP6、HP4、属性 光1
場:聖騎士、格闘僧
場:黒騎士
Sou:手札1枚、MP6、HP18、属性 闇4

Oreの点火がSouの不死骨格を薙ぎ払い、
MP1というテンポの良さを生かして格闘僧を
キャスト。HP16、ターンにして8ターンを
かけ、遂に場をコントロールし始めた。

【Turn8】
しかし、運命は無情だ。このターンのSouのドロー
がなんと幽霊兵召集!
たっぷり18もあるHPで4点は造作もないことだ。
次のターンのアタックでゲーム1は幕を閉じた

Ore 0-1 Sou

------------------------------------------------------------------

ゲーム2

ore:手札5枚、MP2、HP20、属性 なし
場:
場:
Sou:手札5枚、MP2、HP20、属性 なし

苦手なはずの光を殴り倒したSou。対してクリスタルが
虹色4枚、光1枚と嫌がらせのようなドローでテンポを失い、
メタったハズの闇相手に一本目を落としてしまったOre。

レシピ上の有利不利がイコール試合結果でないところが
カードゲームの面白いところだ。

【Turn1】
Sou:配置>闇のクリスタル(MP>3 闇>1)
Sou:召喚>不死骨格
Ore:配置>光のクリスタル(MP>3 光>1)
Ore:リサイクル>風の防御円陣
Ore:リサイクル>瞬風

ore:手札5枚、MP3、HP20、属性 光1
場:
場:不死骨格
Sou:手札4枚、MP3、HP20、属性 闇1

【Turn2】
Sou:配置>闇のクリスタル(MP>4 闇>2)
Ore:配置>光のクリスタル(MP>4 光>2)
Sou:不死骨格アタック(Ore HP20>19)
Sou:召喚>不死骨格

ore:手札5枚、MP4、HP19、属性 光2
場:
場:不死骨格、不死骨格
Sou:手札3枚、MP4、HP20、属性 闇2

【Turn3】
Sou:配置>闇のクリスタル(MP>5 闇>3)
Ore:配置>光のクリスタル(MP>5 光>3)
Sou:不死骨格アタック(Ore HP19>18)
Sou:不死骨格アタック(Ore HP18>17)
Sou:召喚>黒騎士

ore:手札5枚、MP5、HP17、属性 光3
場:
場:不死骨格、不死骨格、黒騎士
Sou:手札3枚、MP5、HP20、属性 闇3

双方、きれいにクリスタルを引いてくるものの、ボード
アドバンテージがどちらにあるかは明らか。
ちなみにこの時のOreの手札は
猫足払い*2、緊急進化、天使装甲、多脚天使。
デッキの性格上、メタカード猫足は仕方ないとして、
クリーチャーが天使だけなのが苦しいところ。

次のターン聖騎士を引けてもHPは12。そこから
均衡に持ち込むには点火か因果応報もマストだ。

【Turn4】
Ore:詠唱>聖騎士
Sou:黒騎士アタック(Ore HP17>14)
Sou:不死骨格アタック(Ore HP14>13)
Sou:不死骨格アタック(Ore HP13>12)
Ore:召喚>聖騎士
Sou:復活>不死骨格
Sou:復活>不死骨格

ここで発見。不死骨格にはここまで復活がついていなかった!
言われてみれば当然だが、呼び出した次のターンについ付けがち
な人にとっては新たな発見ではないだろうか?

ore:手札5枚、MP5、HP12、属性 光3
場:聖騎士
場:不死骨格、不死骨格、黒騎士
Sou:手札4枚、MP5、HP20、属性 闇3

【Turn5】
Sou:配置>闇のクリスタル(MP>6 闇>4)
Sou:詠唱>幽霊兵招集
Sou:不死骨格アタック(Ore HP12>11)
Sou:不死骨格アタック(Ore HP11>10)
Ore:詠唱>天使装甲
Sou:召喚>幽霊兵*2(Sou HP20>18)
Ore:配置>虹のクリスタル(MP>6)

ore:手札5枚、MP6、HP10、属性 光3
場:聖騎士
場:不死骨格、不死骨格、黒騎士
Sou:手札4枚、MP6、HP18、属性 闇4

ore:やばい・・・
Oreから思わず漏れる「やばい」の一言。
それもそのはず、デッキレシピから分かるようにOreのデッキに
幽霊兵に対処するカードは存在しないのだ。

その為、対闇では点火でアドバンテージをとりつつダメージで先行
するのがマスト。なのに今回は10:18である。

【Turn6、7】
ここからは正に鬼の攻撃。幽霊兵、幽霊兵、不死骨格、不死骨格
と殴ってOreのHPは2。

因果応報を幽霊兵に撃ってはみるものの、幽霊兵には聞かないという
ちょっとした知識を知っていたSouは全く動じず。
7ターン目にゲームを決めた。

Ore 0-2 Sou
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

mr-lazyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■無題

毎度。
クリーチャー12枚なのに、やたら引いてきてますよねw
でも除去12枚シフトは今回のメタど真ん中ばっちりでしたから、その辺の勝利でしょう。

3 ■無題

遅レスすみません;;

マッチをあらためて見てみると
自分の引きの良さにガクブル
プレイング云々の前に引きで勝ってますね・・・w
何やらore氏に申し訳ない感じ・・・

訪問者172人って・・・w
みんなCPU戦だけなのかしら(汗
まぁこれからも大会が継続されることを祈りつつこの辺で~・w・ノシ

ps:気が向いたら記事書いたりするかもですw その時は生暖かい目で見守ってやって下さい。

2 ■無題

毎度。
マッチ解析って結構面白いですよ。

このレポートアップされた日って
なぜか訪問者数172人もいるんですよ。誰かのイタズラかな^^;

1 ■無題

ここまで詳細に解説していただけるとは・・・
うれしい半面恥ずかしいものですね^^;

1つ目の対戦でなんですが、実は自分プレイングミスしているんですよ。
第1ターンセット光クリ→第2ターンセット虹色クリ
と、配置しとしていますが、クリスタル詠唱の順番が逆でした。
これじゃ最速2ターン目に格闘僧召喚が不可能ですよね。
2ターン目の抽出の結果光が出なかったので、
結果的には試合に影響はありませんでしたが。

>リサイクル後にマリガンするというちょっとしたテクニックを披露。
これはjxta氏によるとバグだったみたいですw
反則技使ってしまってすいません^^;

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。