【ジャカルタ佐藤賢二郎】東京地検が反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」メンバーで抗議船「アディ・ギル」号の元船長、ピーター・ベスーン容疑者(44)を起訴する方針を固めたことを受け、ポール・ワトソンSS代表は1日、毎日新聞の電話取材に応じた。

 同船長は「(日本の調査捕鯨船団監視船)第2昭南丸はアディ・ギル号に故意に衝突し、破壊した」とこれまでの主張を繰り返し、「裁かれるべきはベスーン船長ではなく、第2昭南丸の船長だ」と日本側の対応を厳しく批判した。

 また、SSの抗議活動が今後、法廷で裁かれる見通しとなったことについて、「日本の法廷が正当な判断を下すことを期待する」と語った。

【関連ニュース】
シー・シェパード:抗議船長を追送検…傷害容疑は否認
シー・シェパード:抗議船長を傷害容疑などで追送検へ
シー・シェパード:船長を艦船侵入罪で起訴へ 東京地検
シー・シェパード:監視船が下関入港 水産庁が調査
シー・シェパード:抗議船船長の拘置延長

総務省、「SIMロック」解除へ=携帯4社と合意(時事通信)
救急の妊婦死亡「適切な処置せず」医師書類送検(読売新聞)
<知的障害者>和太鼓集団が全国公演に意欲 でも資金不足(毎日新聞)
点検担当者2人を不起訴に=13人負傷コースター事故-福岡地検支部(時事通信)
食の安全で閣僚級定期協議、日中が覚書締結へ(読売新聞)
AD