動物が生命活動に必要なエネルギーを効率良く作るため、水素イオンの逆流を防ぐシステムが細胞内の酵素にあることを、兵庫県立大の吉川信也教授(生物化学)らの研究グループが13日までに突き止めた。将来は新薬開発に応用も期待できるという。論文は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。
 細胞のミトコンドリア内にあるシトクロム酸化酵素は、血中の酸素を取り込み、細胞内の水素と反応してエネルギーを作り出す。酸素呼吸をする生物はすべて持っているが、そのメカニズムは完全には解明されていなかった。
 グループはウシの心筋を使い、大型放射光施設スプリング8(兵庫県佐用町)でシトクロム酸化酵素の構造や機能を解析した。
 その結果、この酵素の一部分に酸素が結合すると、酵素の構造が変化してエネルギーの運搬役である水素イオンの通路の片側を一時的に遮断。イオンの逆流を防いで一方に集めて濃度を高め、エネルギーを効率良く作る作業に役立っていることが分かった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
のり食べる生活に適応=日本人の腸内細菌群
火葬せず、ペット以外の骨渡す?=犬死骸投棄、詐欺でも捜査
動物葬祭業者を逮捕=元町議、犬死骸を不法投棄
「脳トレ」で高齢者事故防止=出張講座、「ゲーム感覚」好評

男児専門ポルノサイトを摘発=全国初、「少年愛広めたかった」-埼玉県警(時事通信)
首相側近と国務副長官が会談へ、普天間協議か(読売新聞)
新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か-家具厚生年金基金汚職(時事通信)
情報公開制度見直しへ=検討チーム新設、6月に結論-枝野行政刷新相(時事通信)
北九州市を警察庁長官が視察=工藤会対策で捜査員激励(時事通信)
AD