日本病院会など11団体でつくる「日本病院団体協議会」(日病協、議長=小山信彌・日本私立医科大学協会病院部会担当理事)は3月26日、代表者会議を開き、月末で任期満了となる小山議長の後任に邉見公雄副議長(全国自治体病院協議会会長)を選任した。副議長には全日本病院協会の西澤寛俊会長が就任する。

 邉見氏は代表者会議後の記者会見で、「病院の言い分も、医療界では出していかないと国民にとっても不幸になるし、医療界にとっても不幸だ。病院あるいは地域医療のために、少し頑張ってみたいと思う」と述べた。
 また邉見氏は、1年間の任期中に、2012年度の診療報酬改定に向け、複数科受診に関するデータ集めなどを行いたいとした。


【関連記事】
2年後の改定、複数科の再診料が争点に
再診料引き下げ「初めから頭にあったのでは」-日病協・邉見副議長
答申後に意見書提出へ-診療報酬改定で日病協
診療報酬改定の最終要望「第三報」を提出-日病協
日病協議長に小山副議長

水爆実験の写真絵本、13年ぶり復刊=「被ばく体験の風化防げ」(時事通信)
<仙谷担当相>首相官邸内に執務室 首相との面会頻繁で(毎日新聞)
<強姦>時効寸前、男を起訴 水戸地検(毎日新聞)
234万回分、使用期限切れ=余剰ワクチン廃棄へ-新型インフル・厚労省(時事通信)
普天間移設、「地元了解抜きの合意せず」首相(産経新聞)
AD