内閣府が15日まとめた試算によると、2009年の日本の国内総生産(GDP)は肉薄する中国を抑え、世界第2位の座を維持した。国際比較するため09年の平均為替レートでドル換算した日本の名目GDPは5兆849億ドルとなり、中国の4兆9090億ドルを上回った。
 一方、10年は高成長を続ける中国が日本を追い抜く公算が大きい。 

【関連ニュース】
景気回復の継続確認へ=17日から決定会合
実質年3.46%の高い伸び=昨年10~12月期GDPの民間予測
円もみ合い、90円台前半=手掛かり材料を欠く
円続伸、90円台前半=東京市場
年率3.9%のプラス成長=09年10~12月期GDP-民間予測

次官から部長に降格も=官邸主導で幹部人事-公務員法改正案(時事通信)
民主・小林議員の選対幹部、懲役2年判決(読売新聞)
名古屋ひき逃げ 「港目指し逃亡」 同乗の男供述(産経新聞)
<定住自立圏構想>全国23地域で形成される 総務省発表(毎日新聞)
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴(産経新聞)
AD