弁護士の資格がないのに交通事故の示談交渉などの法律事務を行ったとして、埼玉県警は10日、弁護士法違反の疑いで、熊谷市の行政書士の男(46)を逮捕した。

 捜査関係者によると、男は平成19~20年ごろ、交通事故の被害者である埼玉と群馬の両県の各男性に対し、弁護士の資格がないにもかかわらず、交通事故の示談金の交渉などの法律事務を行い、示談金の約2割にあたる約300万円を受け取った疑いが持たれている。

【関連記事】
無資格で過払い金訴訟を提起し報酬 容疑の行政書士を逮捕 警視庁 
探偵会社役員を逮捕 無資格で弁護士活動
「弁護士バー」計画に弁護士会が注意文書
「弁護士バー」身内が待った 「民間との仲介業は法に抵触」
NPO法人が非弁活動疑い 青森県弁護士会が警告書

鳩山首相 母に金無心? 本人は「作り話」と強く否定(毎日新聞)
米自治領知事、受け入れに前向き=11日にグアム視察-沖縄委(時事通信)
<雑記帳>バンクーバー五輪「聖火丼」食べて応援(毎日新聞)
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か-山口・美祢(時事通信)
山口大、大学院教授を告訴へ=「預け」で1億3000万詐欺容疑(時事通信)
AD