衆院予算委員会は10日午後の理事会で、地方公聴会を19日に大阪府と新潟県でそれぞれ実施することで合意した。与党側は、2010年度予算案の採決の前提となる中央公聴会についても23日に行うよう提案したが、引き続き与野党で協議することになった。
 また政府・民主党は、野党側が求めていた、10年度の国土交通省の公共工事実施場所(個所付け)の資料を理事会に提出した。これまで民主党は「党の内部資料だ」として、資料提出を拒否してきたが、提出をめぐり委員会審議がたびたび紛糾していることから、方針転換した。 

外国人参政権の反対署名消える 兵庫・加西市議会 盗難の可能性も(産経新聞)
国会議員アンケート 論拠弱い賛成派 結びつかぬ「納税」と「参政権」(産経新聞)
刷新相に仕分け人、反転攻勢の“カンフル剤”(読売新聞)
「民主離党や議員辞職はせず」石川被告、議員活動継続を表明 (産経新聞)
自衛隊PKO、ハイチ入り=地震被害の復興支援へ(時事通信)
AD