厚生労働省は2月9日、「2008年社会福祉施設等調査結果の概況」を発表した。それによると、有料老人ホームの数は前年比で27.3%増加し、3400施設となった。

【有料老人ホームの施設数・定員・在所者数の年次推移詳細】


 調査は全国の社会福祉施設などの施設数や在所者、従事者の状況を把握するもので、08年10月1日に実施された。老人関連施設では、養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホームなどが対象で、特別養護老人ホームや老人保健施設などは含まれない。
 調査結果によると、有料老人ホームの施設数は3400施設で、前年に比べ729施設、27.3%の増加となったほか、在所者数も14万798人で同2万6225人(22.9%)増加するなど、著しい増加を示している=グラフ=。
 有料老人ホームの従事者数(常勤換算)も、08年は7万4321人で、03年に2万683人だったのが毎年1万人前後の伸びを示している。


【関連記事】
高齢者の住まいの在り方はどう変わるか―高齢者居住安定確保法改正
ケア付き賃貸住宅、5年で6000戸を-都PTが報告書
特養待機者が約42万人-施設整備の遅れが原因か
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省
介護予防通所事業所が2万超に-07年施設・事業所調査

石川被告離党に閣僚から評価の声相次ぐ(産経新聞)
<原口総務相>公務員法の改正案 現行案では受け入れられず(毎日新聞)
三大桜「滝桜」、観桜料300円頂きます(読売新聞)
<普天間移設>グアム・テニアン案…社民・国民新が提示へ(毎日新聞)
「学校に行かせられない」=対応に不満、登校させず-小1死亡事件で逮捕の両親(時事通信)
AD