インフルエンザ脳症の患者の届け出数が、昨年7月から今年1月24日までの間に285人に上っったことが、国立感染症研究所(感染研)のまとめで分かった。これまでは1シーズンの届け出が約30~50人だったのに対し、5~8倍となった。
 インフルエンザ脳症は、体内で増えたウイルスに体の免疫が過剰反応し、脳が腫れて意識障害を起こすとみられている。届け出が増加した背景について、専門家は、新型インフルエンザは肺炎を引き起こすことにより、体内のウイルス量が増えやすい可能性があることや、脳症への関心の高まりなどを指摘している。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
HIV感染・発症者、7年ぶり減少=検査低調、新型インフル影響か
インフル患者、さらに減少=週推計22万人
休校や学級閉鎖、2週連続で減少=一部で季節性も、新型インフル

わいせつ殺人で無期懲役=裁判員「市民として納得」-静岡地裁支部(時事通信)
<石巻2人刺殺>逃走した18歳の少年の身柄を確保(毎日新聞)
<新聞店員強殺>容疑の元同僚逮捕 山梨県警(毎日新聞)
<橋下大阪知事>運営不振の府立高に「撤退ルール」(毎日新聞)
民家で3人刺され、1人死亡か…犯人は逃走(読売新聞)
AD