インフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、1月25-31日の週は6.46で、前週より2.57ポイント減少したことが2月5日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。45都道府県で前週よりも減少し、注意報レベルの10を超えたのはわずか4県だった。注意報レベル以上の都道府県が1けたになったのは昨年9月28日-10月4日の週以来。

【都道府県別の表詳細の入った記事】


 10を超えたのは、沖縄(18.88)、山梨(14.05)、福井(13.41)、静岡(12.15)の4県で、前週より15県減った=表=。一方、最も少ないのは青森(1.51)で、次いで北海道(1.58)、秋田(2.15)、山口(3.41)、山形(3.54)の順だった。
 警報レベルを超えたのは40保健所(17県)、注意報レベルのみを超えたのは43保健所(18都道府県)で、いずれも前週の半数以下にまで減少した。

 定点以外を含む全国の医療機関を受診した推計患者数は、前週より13万人減の約35万人。検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型になった昨年7月6-12日の週以降の累積では約2006万人となり、2000万人を超えた。


【関連記事】
休校など減少傾向も「今も流行中」―新型インフルで厚労省
小中学生の患者比率が3割超に―新型インフル
インフル定点9.03、8週ぶり増加
経口投与困難ならラピアクタを―日本感染症学会が提言
小中学生の患者の割合が再び増加―新型インフル

九州南部大雨、関東甲信は大雪=低気圧通過で警戒を-気象庁(時事通信)
<雑記帳>下関だって龍馬ゆかりの地…長府博物館が資料公開(毎日新聞)
高速無料化のCO2影響試算=小沢環境相(時事通信)
過去最高の死刑容認、重く受け止めると法相(読売新聞)
ゴーギャン展ホームページ、ウイルス感染(読売新聞)
AD