京都大学付属病院(京都市左京区)の外来診療棟1階の男子トイレで「ダイナマイト5本」などと張り紙がされたリュックサックが見つかった事件で、京都府警が確認したところ、リュックの中には女性用の下着や衣類などが入っていたことが12日、府警への取材でわかった。府警は悪質ないたずらとみて、威力業務妨害容疑で捜査している。

 府警などによると、万一の場合に備え、周囲の建物はシャッターが下ろされ、患者ら約500人が避難。付近の道路も約3時間にわたり通行止めになるなど、一時騒然となった。

 診察に来ていた京都市伏見区の無職、田中一紀さん(50)は「血液検査も診察もすべてストップといわれた。人騒がせな人がいるもので、早く解決してほしい」と話していた。

【関連記事】
愉快犯か報復か 被害拡大…食料品への縫い針混入
9少年「パト追われるスリル満喫」 いたづら110番50回
旭川冬まつり、雪だるま49個壊される
日航の安値攻勢にクギ 文書で国交省指導
道路にロープ張る… 高校生ら2人を殺人未遂で逮捕 茨城

<前原国交相>「中2の時、父が自殺した」33年後に明かす(毎日新聞)
父の代から? 不眠症薬「エリミン」不正販売か 開業医を書類送検(産経新聞)
さっぽろ雪まつり 週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)
【健康】治らない「胃痛」 薬は症状に合わせて服用を(産経新聞)
大雪と強風 新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響 (毎日新聞)
AD