政府は12日午前の閣議で、日韓が領有権を主張し、韓国が実効支配している竹島(韓国名・独島)について、日米安全保障条約に基づく米国の防衛義務は、現状では生じないとする答弁書を決定した。
 亀井亜紀子参院議員(国民新)が質問主意書で「武力によって不法占拠された竹島は(安保条約が規定した)『日本が武力攻撃を受けた場合』に当たらないのか」とただしたのに対し、答弁書は「現在の竹島は、わが国が施政を行い得ない状態にある」と指摘。米国が防衛義務を負うのは「日本の施政の下にある領域における武力攻撃」と説明した。 

【関連ニュース】
普天間決着、高いハードル=「日米」立て直し課題
文科相発言を批判的に報道=韓国メディア
関係良好、韓国に配慮=自民は追及の構え
日本大使に遺憾表明=竹島めぐる学習指導要領解説書で
指導要領解説書に遺憾表明=韓国

<出題ミス>関西学院大学の入試「日本史」で 正解が二つ(毎日新聞)
火災 住宅全焼4人死傷 兵庫・姫路(毎日新聞)
小沢氏不起訴 「幹事長職は?」不信感渦巻く街の声(産経新聞)
<訃報>長亨さん95歳=元東洋エンジニアリング副会長(毎日新聞)
<ハイチ大地震>陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊(毎日新聞)
AD