環境省は8日、国の特別天然記念物アホウドリのヒナ15羽を、繁殖地の伊豆諸島・鳥島から小笠原諸島の無人島・聟島(むこじま)に移送したと発表した。鳥島の火山噴火による絶滅回避が狙いで、今回が3度目。12年までに計70羽程度を移す。

 同省によると、山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)の研究員らが同日朝、鳥島でふ化後約35日のヒナを捕獲。ヘリコプターで南に約350キロ離れた聟島に運び、同日午後放鳥した。巣立つ5月下旬ごろまで研究員が聟島に滞在、人工飼育する。

【関連ニュース】
上野動物園:ニホンザル1匹が逃走 園外での目撃情報も
不正取引:絶滅危惧の魚 3容疑者を逮捕 愛知県警
タンチョウ:川霧の中で目覚め 北海道鶴居村
上野動物園:逃げたサル捕獲 6時間後飲食店の地下階段で
クマゲラ:砂防事業の作業開始以降姿消す 北海道上川町

鳩山首相「小沢幹事長は説明責任を果たした」 陸山会の政治資金規正法違反事件で(産経新聞)
<陸山会事件>石川被告ら3人の保釈認める 東京地裁(毎日新聞)
小沢氏「首相から『ぜひ一生懸命頑張ってほしい』」(産経新聞)
<自殺?>広島ガス子会社の元社長、架空循環取引発覚で辞任(毎日新聞)
“拳銃”構えた年賀状で弁護士を懲戒処分(産経新聞)
AD