限られた人にしか販売しないため「幻のチョコレート」といわれる米国の「イヴァン・ヴァレンティン」が日本に初上陸し、5日、新宿区新宿の新宿マルイ本館で販売が始まった。

 販売会社によると、このチョコレートはロサンゼルスにアトリエを構えるパティシエのイヴァン・ヴァレンティン氏が材料や製法にこだわり手作りしているもの。顧客は故マイケル・ジャクソンやジョディ・フォスターら有名人や、5つ星ホテルなどで、一般人は紹介がないと購入できないという。

 ヴァレンティン氏が世界有数のグルメ都市である東京での販売を希望したことから初上陸となった。

 この日は開店前から十数人の女性客が列を作った。女性会社員(31)は「ネットで話題で、自分へのごほうびに楽しみにしていました。じっくり味わいます」と話していた。

 味は「ダーク」「プラリーヌ」など4種類で、口溶けがよく、ほどよい甘みが特徴。販売は7000個限定。価格は2個1480円、6個3600円、12個6500円、24個1万2400円。

【関連記事】
女子アナのバレンタインデーは?
どっちのチョコが欲しい?Wで食べたい北川景子&益若つばさ
女同士の友チョコが人気 「告白」より気軽さ求め
バレンタインに…チョコ原料の焼酎「ロックがお薦め」
的場浩司プロデュースの新作スイーツ発表

森繁さん偲ぶ会 枚方市民ら1200人「知床旅情」合唱(毎日新聞)
「崖の上のポニョ」、関東で29.8%(時事通信)
首相「小沢氏は説明責任果たした」(読売新聞)
<掘り出しニュース>小林一茶の俳句、新たに見つかる(毎日新聞)
ゴーギャン展HPが不正改竄(産経新聞)
AD