現行計画に代わる米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先の選定を進める政府・与党の沖縄基地問題検討委員会は10日から2日間の日程で、米領グアムを訪れ、アンダーセン空軍基地などを視察する。社民党はグアムを有力な移設先候補と位置付けており、検討委として現地の状況を確認する。
 視察団に参加するのは、松野頼久官房副長官、社民党の阿部知子政審会長、国民新党の下地幹郎政調会長ら。阿部、下地両氏はグアム入りに先立ち、社民党が海兵隊の訓練移転先に想定するテニアン島を視察する方向で調整している。
 ただ、グアム移設案について、鳩山由紀夫首相は昨年末に「抑止力を考えたら難しい」と表明している。 

【関連ニュース】
小沢氏訪米、普天間議題に=高嶋氏
普天間移設「首相信じたい」=稲嶺名護市長が初登庁
都内、沖縄で不動産取得=小沢氏、預貯金はゼロ
先送りならグアム移転に影響=普天間移設で米国防総省高官
衆院予算委の詳報

<塩分取りすぎ>がんなど万病のもと 厚労省が8万人調査(毎日新聞)
小沢氏、幹事長続投を表明 「公平公正な捜査の結果」(産経新聞)
自公み3党、石川議員の議員辞職勧告決議案を提出(産経新聞)
“拳銃”構えた年賀状で弁護士を懲戒処分(産経新聞)
詐欺容疑で5年逃走の男逮捕=捜査員、人相でピタリ-警視庁(時事通信)
AD