自民党の大島理森幹事長は9日夜、政治資金規正法違反(不記載)罪で起訴された民主党衆院議員、石川知裕被告が議員辞職や離党しない方針を明らかにしたことについて「倫理観ゼロで、政治家活動の信頼の基盤に対する挑戦だ」と厳しく批判した。

 また「鳩山由紀夫首相がこの状態を放置すれば日本の国会、政治家の信頼が崩壊する」と述べ、民主党などの与党に対し、衆院本会議で石川議員辞職勧告決議案を採決するよう重ねて求めた。

【関連記事】
「民主離党や議員辞職はせず」石川被告、議員活動継続を表明 
石川被告の進退で「党の判断も」 鳩山首相が予算委で言及
与党が「個所付け」資料提出拒否 自民は審議拒否も
首相と小沢氏の会談で説明に食い違い 首相「頑張ってとはいっていない」
民主・玄葉氏が“小沢支配”批判 党内の沈黙「健全ではない」

<マイケルさん急死>麻酔薬投与の医師、8日訴追へ(毎日新聞)
<核密約調査>岡田外相「3月に結果」(毎日新聞)
時効撤廃で最終調整=法制審、月内にも答申へ(時事通信)
<殺人未遂容疑>サンタ姿で暴行、放火 43歳の男を逮捕(毎日新聞)
胸に刃物刺さった死亡男性、自殺か(産経新聞)
AD