9日の衆院予算委員会で、民主党の小泉俊明議員による質問が1問だけで終わる珍現象があった。15分の持ち時間のうち、冒頭から12分を小泉内閣の構造改革路線への批判に費やしたため。自民党の予算委筆頭理事、町村信孝元官房長官らから、「これは街頭演説か? いい加減にしろよ」と、突っ込みのヤジが入っていた。

 小泉氏は「政権交代を果たした今こそ、小泉構造改革とはいったい何だったのか検証しなければならない」と主張、小泉内閣が強引な不良債権処理やドル買い介入を行ったと“演説”の後、鳩山由紀夫首相ら3人を指名して見解を求めた。しかし、首相が答弁に立った時点ですでに時間オーバー。首相は「時間も過ぎているようなので簡単にします」と、48秒で答弁を終えた。

【関連記事】
自民「保守王国」の茨城で民主完勝
茨城では23人立候補予定 知事選とあわせ激しい攻防も
「変化」と「改革」 キャッチフレーズにみる二大政党の現状 茨城
「常識を覆す」 民主・小沢氏、“政権交代”に自信
小沢代表辞任 「決断に敬意」安堵も 茨城

藤川市議、進次郎氏が自民新プロジェクトの「応援隊」(スポーツ報知)
倉庫からビア樽窃盗 容疑の男「3年間で1万5千個」(産経新聞)
千葉県警の不正経理5億7000万円(産経新聞)
介護保険の事務手続き見直しで意見募集―厚労省(医療介護CBニュース)
収賄容疑で前福岡県副知事の逮捕状請求(読売新聞)
AD