堺市堺区の堺泉北港に5日、海上自衛隊の護衛艦「やまゆき」(艦長・塩崎浩之2等海佐)が入港した。乗組員140人の休養が目的で、7日には艦内の一般公開が行われる。

 同艦は全長約130メートルで基準排水量3050トン。76ミリ速射砲や対空対艦ミサイル発射装置などが備えられ、ヘリコプター1機を搭載することができる。

 7日の一般公開は、午前9~11時(受け付け10時40分終了)と、午後1時半~4時(受け付け3時40分終了)まで。

 堺泉北港の大浜埠頭(ふとう)第5岸壁で行われる。

【関連記事】
ソマリア沖海賊対策の警護100回 防衛相が海自指揮官をねぎらう
東京湾・第2海堡の黒煙の正体は? “海上のもしも”に備える訓練の場
緊迫のアデン湾! 空と海で「海賊」対処 海自派遣部隊
シーレーンは他国任せ 海自がインド洋から撤収
護衛艦接触の作業船船長に罰金 横浜区検 護衛艦前艦長は起訴猶予に

兵庫・佐用町の学校に残る犠牲者の机 「一緒に進級、卒業を…」(産経新聞)
教育の政治的中立 首相「当然」と答弁 衆参代表質問(産経新聞)
さっぽろ雪まつり 週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)
<山形大>「文章のいろは」必修科目に(毎日新聞)
<外交機密費>「精査すべきだ」上納問題で福島担当相(毎日新聞)
AD