医師免許がないのに、顔のしみを取るなどの医療行為をしたとして、長崎、大阪両府県警の合同捜査本部は5日、医師法違反の疑いで、長崎県佐世保市鹿子前町、美容機器販売会社社長森山素幸容疑者(47)を再逮捕した。捜査本部は、森山容疑者が経営する同市のエステサロン店の女性店長(41)と女性従業員(28)も同容疑で逮捕した。
 捜査本部によると、店長と従業員は容疑を否認し、「違法とは思ってなかった」と述べているという。
 逮捕容疑は2007年4月~09年12月、同県や福岡県内の20~50代の女性4人に対し、医師免許がないのに顔のしみや背中のほくろを取るなどした疑い。 

【関連ニュース】
無免許でしみ取り=エステ店経営者ら逮捕
無免許でレーザー脱毛=エステ店など捜索
無免許で医療行為繰り返す=30歳男を逮捕
無資格処方、医師に有罪=「メディカルサロン」で向精神薬
無免許医療で准看護師逮捕=患者ら「腕良かった」

山口大、大学院教授を告訴へ=「預け」で1億3000万詐欺容疑(時事通信)
【視点】山本病院事件 聴取拒否 「故意」立証難しく(産経新聞)
<山岡国対委員長>石川議員の辞職勧告「採決せず」(毎日新聞)
婚礼戦線異状あり ホテルウエディングの巻き返しなるか(産経新聞)
<荒瀬ダム>熊本県が撤去方針伝える 水利権再取得は困難(毎日新聞)
AD