宇宙航空研究開発機構(JAXA)の立川敬二理事長は10日会見し、米国が有人宇宙探査計画を中止したことについて「日本への影響はさほど大きくない」との見解を示した。オバマ大統領は今月1日、厳しい財政事情や世論の動向を背景に、「コンステレーション計画」と呼ばれる有人宇宙探査計画の中止を表明していた。

 中止決定後の理事長会見は初めてで、立川氏は「米航空宇宙局(NASA)が有人探査を引っ張る形でなくなるかもしれない。日本が有人探査にどのような形で手を挙げるかが課題だ」と語った。

 また、立川氏は1日にNASAのボールデン長官と電話協議したことを明らかにした。それによると、米国の今後の計画について、従来計画の目標(月や火星)に小惑星などを追加▽スペースシャトルに代わる有人宇宙船の調達先として、民間5社と契約▽国際宇宙ステーション計画より参加国の多い「国際宇宙探査協働グループ」を核に協力国の拡大--などの方針を示したという。【奥野敦史】

【関連ニュース】
準天頂衛星:1号機の愛称「みちびき」に JAXAが発表
野口聡一さん:JAXAショールームでは歓声
準天頂衛星:1号機の愛称、「みちびき」に--JAXA
守ろう JAXAとユネスコ協力
特別授業:JAXA谷垣さん、朝来・糸井小で 目輝かせ楽しく学ぶ /兵庫

幹事長続投小沢氏 「公平・公正な捜査の結果」(J-CASTニュース)
国内最高齢のゾウ「はな子」が63歳 井の頭自然文化園でお祝い会(産経新聞)
馬淵氏はどんな悪いことをしたのか(産経新聞)
高橋伴明監督、立松氏死去に「いつもニコニコと笑顔で菩薩のような人」(産経新聞)
将棋 74歳・有吉道夫九段が敗れ、引退 現役最高齢(毎日新聞)
AD