民主党の玄葉光一郎衆院議員が10日発売の月刊誌『文芸春秋』のインタビュー記事で、政治資金規正法違反事件で小沢一郎幹事長の責任を問う声が党内からほとんど上がっていない現状について「小沢氏の政治経験があまりに突出しているので、ものを言いにくくなっているのではないか。締め上げられるといった心配から自由な言論が損なわれているとしたら、健全な状態ではない」と、“小沢支配”に異論を唱えていることが8日、分かった。

 玄葉氏は事件について「大きな危機感を抱いている」とし、夏の参院選の情勢も「この逆風が続けば正直、楽観できない」とした。

「日米関係に支障出ないように」=トヨタ問題で米大使に要請-前原国交相(時事通信)
トキの雌、再び佐渡へ 雄のねぐら近くに飛来 繁殖期待(産経新聞)
地位協定見直しを要請=沖縄中部市町村会(時事通信)
普天間の継続使用、首相が否定…参院代表質問(読売新聞)
宇宙桜を学校・公園に植樹、多摩でプロジェクト(読売新聞)
AD