書道にかける高校生が熱い。高校書道部を舞台にした漫画「とめはねっ!」がドラマ化されるなど勢いは衰え知らず。“一筆入魂”の青春は終わらない。

 岡山市の明誠学院高では書道部員が、第82回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の校名プラカードの揮毫(きごう)に取り組んでいる。同校は「書の甲子園」(第18回国際高校生選抜書展=毎日新聞社、毎日書道会主催)で準優勝した強豪。真剣なまなざしの先で、次々と力強い墨痕が生まれる。

 部員の新延このみさん(2年)は「書道も野球も仲間が大切な点は同じ。代表校のチームワークを生かしたプレーを期待します」と声援を送っている。

 「書の甲子園」は大阪市天王寺区茶臼山町の同市立美術館で、7日まで開かれている。午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。無料。【石井尚】

【関連ニュース】
書の甲子園:大阪市立美術館で開幕
特集:第18回国際高校生選抜書展 美を求め、みなぎる気迫 あすから大阪市立美術館
小野竹喬展:入場者5万人突破--大阪
特集:小野竹喬展 四季、清清に 色、優優と--会場点描
国際高校生選抜書展:「書の甲子園」会場で陳列作業 きょう開幕 /兵庫

鳥取不審死 運転手殺害容疑でも立件へ 「不明当日、もみ合い」(産経新聞)
<大阪パチンコ店放火>「絞首刑は残虐で違憲」弁護側主張へ(毎日新聞)
<雑記帳>バレンタインにカカオ焼酎(毎日新聞)
【中医協】がん診療の地域連携で「計画策定料」など新設へ(医療介護CBニュース)
南硫黄島北海域で白煙=海底火山活動か-3管(時事通信)
AD