鳩山由紀夫首相は8日、与野党が検討している政治資金規正法の改正について「政治に対する国民の信頼が揺らぐのは大変マイナスだ。政治資金問題に厳しく処していく必要がある。できれば通常国会中に仕上げた方がいい」と述べ、今国会中の実現に意欲を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 与野党は規正法改正を巡り、秘書など会計責任者が政治資金収支報告書に虚偽記載した場合、議員本人の公民権を停止する罰則強化案などを検討している。鳩山首相は「各党で議論していく中で、前向きに結論を出す必要がある」と強調した。【山田夢留】

【関連ニュース】
派遣法改正:通訳など専門26業務も 首相
小沢幹事長:鳩山首相と官邸で会談
鳩山首相:支持率下落「謙虚に真摯に受け止める」
鳩山首相:「小沢氏の責任、当然あると思う」 衆院予算委
鳩山首相:北方領土返還に意欲 「最も解決したい問題」

日航機が羽田に緊急着陸=「エンジンから出火」と連絡(時事通信)
統合交渉が決裂=比率で溝埋まらず、白紙撤回-キリン・サントリー(時事通信)
掲示板で男児の裸画像を公開 容疑で男子高校生ら3人逮捕(産経新聞)
書の甲子園 埼玉・松山女子高に優勝杯(毎日新聞)
雷神をパンで創作 未来のパティシエ 東京(産経新聞)
AD