千葉県弁護士会は5日、千葉市内で会見を開き、八ツ場ダム(群馬県)の建設中止を求める会長声明を発表した。同日付で、鳩山由紀夫首相や前原誠司国土交通相らに送付したという。
 声明は、環境への負荷の高さや建設コストの拡大を挙げ「ダム建設はあらゆる代替案を徹底的に検討した最後の手段と考えるべきだ」と指摘。国に八ツ場ダム建設の中止と、建設予定地となっている地元住民の生活再建を求めている。
 弁護士会が八ツ場ダム建設中止の声明を出すのは初。佐野善房会長は「政権交代でダム建設中止が表明され、当会としても環境保護の立場から中止すべきとの声明を出すに至った」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

【集う】2010年度ミス日本グランプリ(産経新聞)
石川衆院議員、池田元秘書の2被告が保釈請求(産経新聞)
<さっぽろ雪まつり>週末を迎え観光客や市民でにぎわう(毎日新聞)
小沢氏続投、参院選への影響懸念…政府・民主(読売新聞)
糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明-福岡大、理研(時事通信)
AD