住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)から離脱する意向を示している河村たかし名古屋市長は1日の定例記者会見で、「住基ネットの有用性、安全性を検証する専門家による外部委員会を発足させ、1年ほどかけ議論したい。来年度は接続を継続し、徹底検証する」と離脱を見送る考えを明らかにした。

 外部委員会では、住基ネットから離脱した場合の代替手段や市民の合意形成、情報漏えいに関する実証実験などを検討するという。住基ネットの接続費用1億3000万円について、河村市長は「若干、減額して、来年度予算案に計上する」と述べた。

進次郎氏、貴理事当選に“感動”(スポーツ報知)
東京地裁、石川衆院議員ら3人の保釈決定(読売新聞)
高齢ドライバーの9割以上「自分の運転大丈夫」(読売新聞)
<普天間移設>検討委、10、11両日グアム米軍基地視察(毎日新聞)
池田被告らも保釈 陸山会の土地購入めぐる事件(産経新聞)
AD