社民党の重野幹事長は4日午前の記者会見で、民主党の小沢幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件で起訴される見通しとなっている民主党の石川知裕衆院議員の進退について、「政治的、道義的責任を重く受け止め、自ら議員を辞職するに値する事案だ。ただ、出処進退は自らが決めるべきものだ」と述べ、自発的に議員辞職すべきだとの考えを示した。

 不起訴となる見通しの小沢氏の政治的・道義的責任については「残ると思う。それも含めて(小沢氏が)判断されるだろうからそれを見守るしかない。その判断をよいとか悪いとか言う立場にはない」と述べ、小沢氏の判断を尊重する考えを示した。

 公明党の山口代表は4日午前の中央幹事会で、「石川氏の処分結果を踏まえ、国会で全容解明に尽くすとともに、内容によっては本人の説明責任をしっかり求めていきたい」と述べた。

<不正経理>農水省で427件 契約1億円 04~08年度(毎日新聞)
<普天間移設>双方の主張を確認…日米外務・防衛局長会議(毎日新聞)
長時間作用型のインフル治療薬を承認申請―第一三共(医療介護CBニュース)
支援員4000人増=小中の障害児教育-文科省通知(時事通信)
<トヨタ>新型プリウス19万台リコール…午後に届け出へ(毎日新聞)
AD